2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルゼンチン観光④ イグアスの滝(上の遊歩道)

さて、ホテルで少し休んで、午後はイグアスの滝へ。
最初にイグアスの滝について軽く紹介しておく。

sa_06.jpg

イグアスの滝は、幅4,5キロの大小たくさんの滝の総称である。もちろん世界一。
滝はちょうど、ブラジルとアルゼンチンの国境にあり、どちらからも観光できるのだが、私たちが行ったのは「アルゼンチン側」のほうだ。滝の8割はアルゼンチン側にあり、遊歩道も充実しているのでブラジルかアルゼンチンどちらかを選べと言われたらアルゼンチン側に行くのが無難だ。余裕があれば両方行ければいいけど、ブラジルに入国するのにビザ取らなきゃいけないからメンドくさいしね。

この滝の中のクライマックスは、テレビや写真などでよく見る「悪魔の喉笛」という大きな滝である。
悪魔の喉笛ポイントまでは、トロッコ列車で近くまで行き、そこから1キロほど遊歩道を歩くと着く。

ところが!

今回、この悪魔の喉笛に行くための遊歩道が崩壊していた!!

なんと、6月の大雨で水量が例年の30倍(過去最大)になってしまったのだ!
そりゃ遊歩道も流されるわ!

というか、そんなこと知らんかった~~
6月とか7月とかに行ってたら、悪魔の喉笛だけじゃなく、ほとんどの遊歩道が閉鎖だったみたい。最初7月にしようと言ってたんだけど、9月にしといてヨカッタ~!
ということで、結論から言うとメインディッシュの悪魔の喉笛は見れなかったのでした・・・。
復旧がいつになるかも不明。年内にできるかどうか?ってとこ。
でも、他の滝も負けず劣らずものすごかったですよ!!

イグアスの滝(アルゼンチン側)には遊歩道がいくつかあり、代表的なのは上の遊歩道(そのまんま、上から滝を見下ろす)と、下の遊歩道(滝の下から水煙を浴びつつ滝を見上げる)2つがあり、どちらも最高に魅力的だ。

まずは、上の遊歩道から。

IMGP5435.jpg

遊歩道、補強してますよ~ 右側にある、細い鉄パイプで・・・・ 

IMGP5324.jpg

あの・・・補強はホントにこれで大丈夫?なんか頼りないんですが・・・・
WiKiに、観光客を乗せたまま崩壊したことあるって書いてあるけど・・・・大丈夫っすかね??

IMGP5325.jpg

IMGP5329.jpg


ホラ、ここに鉄パイプ、鉄パイプどころかコンクリも流されてる痕跡とかあるしさあ・・・・ 遊歩道歩くだけで、もはやスリラー。

IMGP4693.jpg

キター! 見えてきた!虹もでてるー!

IMGP5209.jpg

絶景とはこのこと!いや~イグアス、来たんだな~!

IMGP5385.jpg

IMGP4778.jpg


遊歩道はこんな滝の隅っこまで作ってあり、臨場感ハンパない!

IMGP5388.jpg

ドドドド!とひたすら爆音がとどろく! 写真じゃ1ミリも伝わらないけど、ほんとすごいのよ、これ。

IMGP4700.jpg

上から、下の遊歩道をのぞく。下のほうも楽しそうだ~!

先日グランドキャニオンに行ったばかりだが、きっとグランドキャニオンも昔はこんな感じですごい水量の水が流れてて、大地をガリガリ削っていったんだろうなあ~。
水の力はすごい。滝とか、ダムとかで、水がどわーっと流れているさまを見るのは大好き。
なんかもう、神の領域なんですよね。自分がちっちゃすぎて。
なんか超クサイこと言うと、水も旅をしてると思うんです。
海から水蒸気が上がって、雲になって、雲から雨が落ちて、川になって、川を流れてまた海に戻るっていう。
人間も、悩んでつい旅に出たりするけど、結局いつも自分がいた場所が自分の居場所っていうか、探しても何かがあるわけじゃなくて、自分探しというよりは、その場で自分創造するしかなくて。
壇蜜が言ってたことだけど(笑) 置かれたところこそが今の自分の居場所なのです、そこで花を咲かせなさい、ってことなんだろうな。

なんてことを、巻き上がる水煙を見ながら思っちゃいました~。あークサイ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。