2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラスベガス観光⑦ ベガスの夜

そんなにドバドバ更新しないでよ~!メンダ子と違って私は忙しくてブログなんてユックリ見てる時間あんまないんだからあ~!!という読者の皆さんの声を無視して、更新に励む。1~2週間ぶりにブログを開いたら記事超増えててエーッ、コイツこんなにヒマなのってなるんでしょ、そうでしょ、ふふふ。
ああ、ヒマさ!!(哀)


そうそう、これでベガス記事最後になりますが、グランドキャニオンとこでもっと書きたかったことがあって、やっぱり悔いが残るんでかいつまんで書いておきます。

その1:キャニオン近くのマクドナルドに気を付けろ!!

キャニオンを出ると意外と飲食店がなくて、よーやくなんか食える店が見つかったと思ったら絶対入りたくなかったマクドで、でも空腹で野垂れ死にそうになったのでしかたなく入ったら激混みで、値段書いてなくて、案の定マズくて、あとからレシートを見たら2人で1800円もとられてたっていうハナシですよ!
ちなみに薄っぺらいフィレオフィッシュ×2。間違いじゃなく、正規の値段。すげーボッタクリもいいとこ!

その2:グランドキャニオンサウスリムからバス乗りつないで公園の最西端のポイント(ハーミッツ・レスト・ポイント)に大量のカラスグッズが売っていた!

私のことを知らない人に説明しておきますが、私はカラスが趣味です。

IMG_4706.jpg

カラスコースター6枚組です。他にもキーホルダー、レターセット、はがき、いろいろゲットーしました!


さて、気が済んだのでベガスの夜へ。

シルク・ドゥ・ソレイユのあと、ホテル内を見回り、ちょっとだけベガスの街をうろつきました。

IMGP4470.jpg

やっぱりカジノは夜が似合いますねー。

IMGP4479.jpg

アメリカらしく、タイタニックのスロット台。

IMGP4473.jpg

飾ってあったバイクがむちゃくちゃかっけえー。

IMGP4517.jpg

外に出ると、ものすごい人ごみと蒸し暑さ。これがシルク・ドゥ・ソレイユを観たトレジャーアイランドホテル。でかー

IMGP4514.jpg

噴水ショーとか、火を噴くショーとか少し見れました。

IMGP4568.jpg

長ーいリムジンも初めてみた!けっこうたくさん見かけたのでびっくり。中に座ってるVIPはどんな人なんでしょーねー

IMGP4580.jpg

いい男といい女が熱くるしい夜。
各ホテルでなんかパーティーが行われているようで、ドレスアップした男女がたーっくさん。

私の最も苦手なもの、それはパーティー。特に、立食パーティーなんて最悪だ。極度の人見知りであり、日ごろからできる限り知り合いを増やさないよう精いっぱい努めている私。心から尊敬し信頼できる友人はとても大事だが、中途半端な知り合いがたくさんいても自分が疲れるだけである。こんなパーティーに出て下手に知り合いが増えてしまったら、日ごろの努力が水の泡だよ!!大人数の見知らぬ男女がシャンパン片手にうごめく場所なんて絶対絶対近づきたくない。
無意味なパーティーに出るくらいならゴキブリを追いかけてるほうがまだ楽しい。

IMGP4595.jpg

有名ホテル、ベネチアンの絢爛豪華な天井!

IMGP4605.jpg

と、同じくベネチアンホテルの目玉、ゴンドラ。有料で乗れる。
ホテルの中だけど、天井は青空や夕焼けが広がり、船頭が歌を歌いながらゆったり漕いでくれる。

30分くらい夜の街をふらつくと、旦那も私もげっそり疲れてきた。
なにしろ、旦那も私も似た者同士で、人混みとかこういう都会の喧騒が大の苦手なのである。
なので、はっきりいってラスベガスの街歩きが楽しかったかと言うと、「別に」ってかんじ。
あーいう感じが好きな人もいるだろうけど・・・ 私は虚しさを感じるだけだなあ。

むなしい心が救われたのは、人混みの中の、とある柵の手すりに卒倒しそうなほど大量のアリが、びっしりうごめいていたことだった。人間どもの大量の食べこぼし飲みこぼしは、無数のアリの命につながっていた。

あー、ここはアリベガスなんだ・・・。

そのことがわかって、どこかほっとした夜であった。
関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

こんにちは!ラスベガスのベネチアンホテル、豪華なんですが、やっぱりどこかチープな・・ なんていうか、本物じゃないねっていうのがわかってしまってより一層虚無感を感じさせました。
イタリアは行ったことがないので、いつか行きたいです。母が行って、すっごい人々が明るくてフレンドリーでよかった、と言ってました。本物のゴンドラに揺られてみたいですね!1回30ユーロか、かなりしますね~。さらにチップまでとは・・。観光地なのでしょうがないけど、節約旅行者には苦しい出費ですね。
ベネチアの歴史も、興味深いです。どこかに旅行するときは、やはりある程度歴史を知ってから行くとより楽しめますね!
[ 2014/09/05 23:10 ] [ 編集 ]

こんにちは
やっぱりカラスのグッズは買わないとですね~^^
天井画は素晴らしいですが。。。ド派手な感じですね(笑)

イタリア旅行の目玉は「フィレンチェ」と決めていたのですが、ベネチアは「Molt bene] 最高に良かったですよ。
もう、行かれましたか?絶対にお奨めです♪♪
ベネチアが、なぜ?あのような水路と海に囲まれているのか不思議ですよね?。行く前は何も知りませんでした(笑)
島と島を埋め立ててつなげちゃった。。
昨日、BSNHKでベネチアをやっていました。A。D。6世紀には、まだ人が住んでいない唯の干潟だったそうです。
120からなる島があり、異民族の侵入で、今のベネチアに住むようになったのです。でも、島に住んで異民族から身を守ることはできるのか? 単純な疑問が湧いてきますよね~~^^;。。。
干潟は「浅い所と深い所があり」 平時には、、船が通過可能な場所に長い杭を打って、杭に沿って港と沖とを出入りができました。
しかし、異民族が侵入してきたら、杭を抜いてしまうのです。。すると、異民族の船はあちこちで座礁してしまうという仕掛けでした。異民族は命と財産を略奪しますから、怖い存在だったようです。
このような柔らかい沼のような土地に人が住めたかといいますと、森からたくさんの長い木材を持ってきて、それをそのまま地面に打ち付けてその上に石を積み上げて家を建てました。地中深く打ち付けられた木は腐らないそうです。
ちなみにゴンドラは1回30€、30分でした。チップまで要求されました。^^;  to be continued(笑)
[ 2014/09/03 12:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。