2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラスベガス観光③ フーバーダム(inside)

フーバーダムでは、内部を見学できるツアーがあります。せっかく来たんだからこりゃ行かにゃー、ということで申し込みしました。

IMGP3450.jpg

まず、ダム内のVisiter center の受付でチケットを買います。
ちなみに、受付では、空港でやるようなすべての荷物をX線に通す検査があります。ナイフ等の武器類はもちろん、食品、チューインガム、缶やカップの飲料の持ち込みは禁止されています。水のペットボトルのみOK。なかなか厳しいですね。
大きなリュックなどは許可されない可能性があります。カメラは大丈夫です。
受付に入る前に、荷物の整理をしておきましょう。

ダム内見学ツアーには2種類あります。

① Powerplant tour 15ドル。30分程の簡単なツアー。大人数でぱーっと見回りたい人向け。
② Hoover dam tour  30ドル。値段は高いが、20人限定で1時間みっちりあちこち回れる。


もちろん、私たちは30ドルのフーバーダムツアーですよ!
フーバーダムツアーのほうは、人数が20人限定だし出発時間が2時間おきなので、早めに買わないと参加時間が夕方に・・・とかなっちゃう可能性もあります。

初めにフーバーダムの紹介ビデオを見て、ツアースタートです。
超でかいエレベーターに乗って、ぐわーっと下まで降ります。

IMGP3551.jpg

うわーダムの中に入った!中はこんな通路が張り巡らされています!すごいな~~

IMGP3593.jpg

ガイドさんが要所要所でいろいろ説明をしてくれます。ちょっと英語速すぎて聞き取れんかったけど・・・
観光客相手なんだからもうちょっとゆっくりしゃべってくれんかなあ~。

IMGP461413.jpg


これはフーバーダムの構造図です!
基本的には、黒部ダムみたいに上からドバーッと放水はしないんですよ。多分水量とか水圧がすごすぎてコンクリが悪くなるからだと思いますが・・・ 普通は、取水口から長い管を通って、下から放水します。

IMGP3543.jpg

これが、放水時に水が通る、水圧鉄管です。ものすごい水圧に耐えられるよう、かなり丈夫そうな鉄管。

IMGP3552.jpg

ここは発電所内部です。ドでかいタービンが何台も連なっています。

IMGP3562.jpg

タービンの横を歩いている作業員と比較してみてください!いかに大きいかがわかると思います。
放流時の水圧でこのタービンを回し、電力を発生させます。

IMGP3502.jpg

この丸穴から放流します。
かなり昔には、完全に上からあふれたときもあったみたいです。ツアー時に、モノクロ写真を見せてくれました。

IMGP3590.jpg

さー、このトンネルを通ってどこに行くでしょーか?

IMGP3585.jpg

通気口のような場所に着きました。ここから外をのぞけます。ここは一体どこでしょうか?

IMGP3660.jpg

ココです。

IMGP3662.jpg

ココです!!


・・・・・そう、私はダムに抱かれたのよ。

キャシー、落ち着いてよく聞くんだ。君はあの時、ダムになったのかい?
ええ、アンディ、私はダムになったんだわ。

OKキャシー、落ち着くんだ。君は疲れていた。そして夢を見ていたんだ・・・とびっきりの夢をね・・・
ええあなたっていつもそうよ、私のこと信じてくれないのね。顔もみたくないわ。もうわたしたち、終わりよ・・・
キャシー、今日の君はいつもの君じゃない。落ち着いて話し合おう。



あれ、なんか展開がおかしくなってきてしまった。なんでこうなっちゃうんだろう。
とにかく、フーバーダムの内部に入るのはかなり感動的でした!!

ラスベガスに行ったらぜひ訪れてみてくださいね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。