2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シアトル観光⑦ ダウンタウン歩き

さて、土日はマウントレーニアで大いに楽しみましたが、旦那が仕事をしている平日は一人でシアトル市街を歩き回ります!
も~、徹底的に歩きました。歩きすぎて登山より疲れた。何往復もしたので道は完全に覚えました。
私がいれば、ガイドブックなんて捨てちまえ~、くらいシアトル観光案内スキルに自信があります。

シアトルのような観光地は一人歩きができるのがイイ!
アメリカに来て、一人で気ままに、気の済むまで一人歩きしてみたかった。もともと、単独行動、一人旅大好き。
あまり計画せずにフラフラ好きなとこに入って、好きなもん食べて、出会った人と話して・・・ 

IMGP2881.jpg


IMGP2899.jpg

IMGP307.jpg

シアトルといえば、やはり海がすぐ近くにある、ていうのが特徴。海から遠ざかるにつれ、どんどん急な坂になっており、熱海もびっくりの激しい坂道を上ることになる。
泊まったホテルはかなーり坂の上だったので、行きはいいが帰りがしんどかった。

IMG_4125.jpg

ダウンタウンの中心にある、マーケット。とにかく観光客が多く、常にごったがえしている。
ここは店内、店外、数えきれないほどたくさんの店が並んでいて、何でも手にはいる。

IMGP3017.jpg

魚介類は、ホント色々な種類あったよ。注文が入ったら店員が魚を投げ、別の店員がキャッチするというパフォーマンスもある。落としてたけどねww

IMG_4127.jpg

IMGP3021.jpg

どれも美味しそうで・・・・家が近かったら、いろいろ買って帰りたかったな。
このマーケットはシアトル滞在のうちに、5往復はしました。

IMGP2938.jpg

IMGP2943.jpg

お土産物もたくさんあります。結局なんにも買わなかったけど・・・

IMGP3052.jpg

お前は現地人か!というような近道、路地裏もガンガン歩きました。

IMGP3014.jpg

ミス・シアトルに偶然会っちゃった~!カメラを向けたらさすが、美しいポージング。
あとから写真を見た旦那、「大したことない」だって。どんだけええ~!!洋モノに厳しいなオイ!!

IMGP3024.jpg

さーさー、皆がお世話になっているスターバックス、の1号店ですよ。Pike Place 店、です。
スタバなしじゃ生きていけな~い!という女子も多いんじゃないかな?
スタバとタリーズはシアトルが発祥で、ダウンタウンに1号店があるんですよ。といっても、店構えはかなり地味です。

IMGP3011.jpg

看板に茶色いマークが3つ並んでいますが、あれが1号店の証拠。初代のロゴです。ここ1号店しかあのロゴを掲げてないので、これが目印です。
ダウンタウンにはめっちゃくちゃスタバが乱立していて、最初どこが1号店か全然わかりませんでした。
1号店は常に行列でけっこう待たされそうなので、入るのはやめました。近くのすいてるスタバに入りましたよ。他のスタバはどこでもだいたい、日本と同じ。メニューとか内装とかね。
1号店のロゴが入った、オリジナルマグとかタンブラーとか限定グッズがいろいろ売っているようなので、スタバ大好きな人はぜひ並んでみてね!

私のスタバ紹介はいまいち詳しくないので、他の人のブログを参考にしてね。

タリーズコーヒーの1号店はめんどくさいので行きませんでした。
一応、適当に歩いてて見かけたタリーズコーヒーで一杯、飲んだけどね。普段コーヒー飲まないから(飲むと下痢になるため)あんまりこだわりないのよ~。他にもオシャレカフェがたくさんあるようなんだけど、私が飲んだのは2日間でスタバで一杯、タリーズで一杯だけ。カフェ好きな人はカフェめぐりもいいよね。

しっかし、楽しかった&疲れた。
海沿いで観光地というと、アメリカに引っ越すとき寄ったロス&サンタモニカもよかったけど、私としては断然シアトルのほうが面白いと思う。友達がアメリカに旅行に来るなら、シアトルを一番にすすめたい。
明日は、美術館&水族館について書きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://charlotte783640.blog.fc2.com/tb.php/58-f11b8145













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。