2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャーロット到着

ブログ更新が進む進む。
なにしろ、無職だからね!(笑)

ロスに2日滞在し、時差ボケに慣れてからノースカロライナ州シャーロットに向かった。

sncalo.gif


左端のロサンゼルスから、右端のノースカロライナまで約5時間。偏西風が吹いているので日本から向かう場合はラク。
アメリカから日本に帰る場合はもっと時間がかかる。
シャーロットに行きつくためには、ロスやサンフランシスコ、シアトル、アトランタ、などで必ず乗りかえなくてはならないので、めんどくさいわー。

ここでまた、恐怖の飛行機に乗らなくてはいけないのでブルーだ(;´Д`)
今回は、アメリカの国内線なので、航空会社は US airways(USエアー) を利用。
アメリカの航空業界は経営難による破たんや吸収合併が多い。2005年までに大手7社のうち、4社が経営破たんした。USエアーも2005年にアメリカン航空に合併されている。

アメリカ国内の航空会社は経費削減が著しく、液晶画面はついてないのがあたりまえ、機内食はなく、飲み物のサービスのみというのがほとんど。
アメリカの代表的な航空会社、ユナイテッド航空でも機内食の積み忘れ(どうしたら積み忘れるんだよ!)やロストバゲージも多いようだし、アメリカ人もあまり乗りたがらないという最も評判の悪いデルタ航空は対応の悪さに加え、機材故障がとても多いようだ。

あと、自分的にびっくりしたのは、乗ったUSエアーのキャビンアテンダントの体型(笑)
「えっ?スモウレスラー!?」と見間違うばかりの超お太りになられたCAがいて呆然。
JALとかANAだと、CAは美人でスタイルもよく接客マナーも最高ランク、とにかく女における最高レベル、という人材をそろえているのに対し、アメリカ国内線のCAはただの太ったオバサンじゃん、という感じなのだ。

国内線で機体は小さ目なので、その相撲レスラーCAがドシドシ歩くと冗談じゃなく、機体が揺れるのだ(笑)
オイオイ、飛行機の恐怖がより増すじゃないか~!

液晶画面がないのでやることがなく、でも寝ようにも飛行機恐怖症なので寝付けず、苦痛の5時間を過ごした。
そして、今回は着陸の時に恐怖体験。

シャーロットの天候が非常に悪く、ひどい風と雨でなかなか着陸できんかったのだ。
機体はガタガタ激しく揺れ続け、着陸を試みてできずに再度上昇してグルグル旋回して、というのを40分くらい繰り返している間に私の緊張はMAXとなり、下痢バラは正しく下痢気味になっていった。
せっかく恐怖の離陸を乗り越えたのに、恐怖の着陸まで・・・かんべんしてよお。
このまま失敗して墜落するのでは、燃料切れになるのでは、などいらぬ心配しては神に祈る40分を乗り越え、なんとかパイロットの意地で無事着陸に成功したのだった。

あーやだやだ。これからも何度も飛行機に乗らなきゃいけないことを思うと、ブルーだなあ。。。

ちなみに、国内線に乗る時もテロ対策で審査が厳しいのにも驚き。911がアメリカに与えた影響はものすごいものがあったんだな。アメリカは歴史が浅いし、国として本土を「攻撃された」「征服された」みたいな歴史があまりないから一つ一つの事件のインパクトが大きいんだろう。
まあ、ここまで厳しくやってくれればこちらとしても安心だけどね。

シャーロット国際空港は思ってた以上に大きなハブ空港で、ターミナルが5つもあり、成田空港が小さく感じるほどだ。
空港のパーキングに止めてあった自家用車で、1時間ほど走り自宅へ帰宅。
あ~、無事についてよかったよかった。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://charlotte783640.blog.fc2.com/tb.php/5-a7dd6f51













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。