2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンモスケイブの帰り道② グレートスモーキーマウンテン

シャーロットへのちょうど帰り道に、グレートスモーキーマウンテンという山(山脈)があります。世界遺産です。
グランドキャニオン、ヨセミテとかイエローストーンとか、日本人がよく知っているアメリカの国立公園はほとんど西側にあるのですが、東側にある国立公園で一番有名なのが、このグレートスモーキーマウンテン国立公園です。
このグレートスモーキーマウンテン国立公園には、なにげにグランドキャニオンの2倍近くも観光客が来ているのです!年間1000万人近くが訪れています。公園自体に派手さはなく、広々と原生林が茂っているだけといえばだけなのですが、多くのトレイルがあり、近くの町には観光客向けの色々な施設が充実しています。



ロケーションは、テネシー州とノースカロライナ州のちょうど境あたりに位置し、カナダまで伸びるアパラチア山脈の一部となっています。東側には、こないだ行ったインディアン・チェロキー族の村があります。
アパラチア山脈は、アフリカ大陸がアメリカ大陸にぶつかったときにできた「シワ」みたいなものです。
インドがユーラシア大陸にぶつかってヒマラヤ山脈という大きな「シワ」ができたのと、同じですね!

今回、帰り道の寄り道ってことで少しだけ歩いてみました。

IMGP1377.jpg

IMGP1328.jpg

IMGP1319.jpg

IMGP1335.jpg

道路に沿って川が流れていたので、途中降りて歩いてみました。
水が濁りなく、大変綺麗です。こういう川にいるの、大好きです!

アメリカに来て、日本にいるとき以上に自然と接する機会が増えて本当に嬉しい。
自然の何もかもが好きです。
空も、山も、海も、川も、洞窟も、雨も、雷も、地震ですらも。
その中で生きるあらゆる生物、その営み、なにもかも好きだし尊敬しています。
山に入り、美しい川の流れを見ていると、どうしてこんなに素晴らしいものがあるのか、と途方にくれてしまうくらい。
雷も見ていて美しいので、部屋の電気を消して堪能します!
自然は時に人類に大きな災難、信じがたい苦痛をもたらしますが、地球にいるということはそういうことなので、仕方がありません。やさしくて冷酷なのが自然というもの。自分がコントロールできることなど何一つありません。

山は山として佇み、川は川として流れ、虫は虫としてただその生を全うする、「彼らは彼らの生を只生きるだけ」この自然の捉え方は、自分の人生を生きる上でとても大切な軸になっています。
山の中にいて、天候が悪化しても「自分は今疲れているので雨降らんといてほしいわ」などという要求は、自然には通用しません。自分が打ちのめされるのをひしひしと、感じるだけです。
そこから畏敬の念、感謝、という気持ちが湧き上がり、また山に、川に、洞窟に・・・行きたくなるのですね。

というわけで、またこのグレートスモーキーマウンテンには、ゆっくり訪れたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://charlotte783640.blog.fc2.com/tb.php/39-7a68123a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。