2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

図書館へ行こう!

運転免許を取得すると、IDカードとして使えるようになり便利です!
私にとって絶対欠かせない場所・・・それは図書館!!

免許証があれば、図書館を利用できるようになるんです(*^^*)

★本を借りるまで★

① まず、シャーロット市の図書館のHPに行きます。シャーロット市内には、図書館が20か所あります。

② 「Get a card」の画面から、氏名・住所・電話番号などを入力し申し込み。

③ 1~2週間で図書カードが届きます。

IMG_3527.jpg

シャーロット市の図書カード、かわいい! 上がカード、下側のは穴が開くようになってて、キーホルダーっぽく持ち歩けます。両方裏側にバーコードが書いてあるので、どちらを持っていってもOKです。

④ カードが届いて1か月以内に、最寄りの図書館に行き、「activate」をします。
activateとは、稼働させる、といった意味。要するに図書カードを持っていって、その場でスタッフに免許証を見せて、本人確認をしてカードを使える状態にする、という作業です。
「could you activate my library card?」とか言えば通じます。

⑤ 借りたい本を見つけ、図書カードとバーコードを読み取ればOK。借りる作業はセルフサービスです。3週間借りれます!
各種雑誌や新聞も置いてあって、読み放題。ソファーも日本よりゆったりしたカフェっぽいソファーが多くて、のんびり過ごすことができます。CDやDVDも借りれますが、ちょっとお金がかかるみたい。

アメリカの図書館の進んでいるところは、e-booksというシステムが発達していること。
Kindle Book 、OverDrive READ、Adobe EPUB eBookのいずれかの電子ブック リーダー端末・ソフトがあれば、図書館のHPから簡単に本をダウンロードできます。
このシステムを利用すれば、図書館に行かなくても自宅で、カフェで、空港で、至る所で本を借り、読むことができるというわけ。借りたい本が他人に借りられててなかなか自分に回ってこない・・・というストレスもない。
返却期限が来ると、勝手に端末からデータが消えるようなので、返却期限を気にすることもないという。素晴らしい。
まあ、私は手に取って本を読むのが好きなので、借りに行きますけどね。

これで、アメリカ生活はますます充実です(*´▽`*)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://charlotte783640.blog.fc2.com/tb.php/33-2924c263













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。