2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャーロット発・国内旅行に役立つ情報 ~レンタカー節約編~

続いてレンタカー編。

明日がアパート退去日なのに、余裕ぶっこいてこんなまめったくブログ書いてる自分が怖いわーー(笑) 
でも書いちゃうYO!


アメリカでの旅は、ニューヨークとかワシントンとか大都市に行く以外、レンタカーなしでは不可能!!っていうくらい車が必須です。
初見の車で、初見の道を運転するのは怖くもありますが、やはり自分のペースで楽しい旅をするにはレンタカーがないとね。
レンタカー会社はすごくたくさんあり、最初はどこが安いのやら、どこがいいのやらさっぱりわかりませんよね。
よくわからんし、まあ適当にこの会社でいいや!!一回使ったし次回もここでいいや!!って比較もせずに決めちゃったりしてませんか??
レンタカーの値段は、州、選ぶ車の大きさや種類、保険、キャンペーン、借りる場所、同じ場所に返すor乗り捨てる、など様々な要素で変わりますが、だいたいどの会社が安いか見当をつけておくのが良いかと思います。


■アメリカにある大手のレンタカー会社はどこ?

だいたいどこでも見かける、比較的名が知れているレンタカー会社は以下の通り。
各会社へのリンクを貼ってあります。(英語サイト)

① ADVANTAGE(アドバンテージ)
② Alamo(アラモ)
③ AVIS(エイビス)
④ Budget(バジェット)
⑤ Dollar(ダラー)
⑥ Enterprise(エンタープライズ)
⑦ National(ナショナル)
⑧ Herz(ハーツ)


上記のレンタカー会社なら、主要な都市ではだいたい見かけますね。
最大手はHerz、Budgetですかね。

値段の分類をすると、

高い ⇒ Herz、Budget
やや高い ⇒ AVIS、Allamo、National
手頃 ⇒ Enterprise
安い ⇒ Advantage、dollar


一番高いとこと、安いとこでは1日あたり30ドルも50ドルも値段が変わってきます。
ただ、安ければいいってもんでもなくて、自分の旅プランとレンタカー会社のプランがマッチするか、ちゃんと検討したほうがいいでしょう。(早朝に車を返したいのに営業所が空いていない、乗り捨て先に支店がない、とか)


ちなみに、上記の中で日本語で予約ができるレンタカー会社は以下の通り。
(日本語予約サイトをリンクしています)

① Alamo(アラモ)
② AVIS(エイビス)
③ Budget(バジェット)
④ Dollar(ダラー)


■ 役立つレンタカー値段比較サイト

 ■ vroomvroomvroom.com

ぱっと値段を比較するなら上記のサイトがわかりやすいと思います。
車の大きさ、種類別にソートでき、日本円での価格表示も対応しています。
そのまま各社のHPに飛んで、ネット予約をすることができます。


■ Expedia

ホテル、飛行機などの予約でも大変有名なExpediaのサイト。
最初の予約画面で車のサイズ、チャイルドシートあり・なし、カーナビあり・なしなどを選べるのもわかりやすくていいです。
比較後、そのまま予約できます。

■ Car Rental Savers

パッと見、ホームページが見にくいなあ~。という印象はあるのですが、英語がそこそこ読める方ならいい比較サイトだと思います。クーポン情報満載です。



■ レンタカー料金を安くするコツ

① 保険料を安くする!

安く上げるには、保険をどうするかが一番大事!
大手会社のレンタカー料金の中には、強制保険:自動車損害賠償保険((対人・対物保険))はたいがい含まれているはずです。
問題は任意保険をどうするか?ですが、スタッフのいわれるがまま、ハイハイハイと任意保険をつけてたらすんごい金額になってしまいます。
自分の車の保険や海外旅行保険、クレジットカード等でカバーできる場合、任意保険に入る必要がありません。
もちろん、心配な方は重複してもちゃんと保険に入っておくほうがいいですね。


ちなみに、任意で入る保険は以下のような種類があります。

★ 車両損害補償制度(LDW/CDW)  
→ 紛失、破損などによってレンタカーに損害がおよんだ場合に、契約者の損害額負担を免除する
★ 契約者と同乗者のための搭乗者障害保険(PAI)  
→ 運転者を含め、搭乗者全員が死亡、怪我、治療などの補償対象となる傷害保険
★ 追加自動車損害賠償保険(SLI)
★ レンタカー内の所持品盗難、破損を補償する保険(PEC)

★ レンタカー自体が盗まれた場合に免責される盗難保険(TP)
★ 無保険者傷害保険(UMP)
→ 相手方が加入している保険の補償額が低い、または保険に加入していなかった時のための保険



② 割引キャンペーンを狙う

各社、金 〜 日曜日が半額になるウィークエンドキャンペーンがあったり、HPにクーポンがあったりするので、目ざとく見つけて利用しましょう!
AAA(日本でいうJAF)加入者はHerzだと20%オフの特別割引があります。

③ ガソリン代を安くする

当然ですが、燃費のいい車を指定する!
何も言わなければレンタカー会社のスタッフがこの車、と指定してきますが、車の知識があるのなら「コッチがいい!」と少しでも燃費のよさそうな車種を選んで主張していきましょう。

レンタカーを借りる場合、
① 返却間際に自分でガソリン満タンにして返す 
② レンタカー会社の”返却時ガソリン補給不要 (FPO)オプション”を申込みしておき、最後にガソリンを入れる手間を省く

のどちらかを選ぶ必要があります。

これも、英語がよくわからずハイハイと言ってると、”返却時ガソリン補給不要 (FPO)オプション”を勝手に申し込んだことになってしまったりします。このオプションはだいたい50ドルくらいかかりますが、返却時にガソリン満タンの状態になったまま返却するとメッチャ損。
ケチりたいなら自分で安いガソリンスタンド見つけて給油したほうがいい。
自分たちの旅行プランによって、どっちが得か、どっちが楽か、考えておきましょう。

④ カーナビオプションはつけない

カーナビをつけると、1日あたり10ドルプラス、とかけっこうな出費になります。
アメリカのナビはいまいちわかりづらいし、個人的にはスマホのグーグルマップのナビで十分だと思います。

ちなみに、アメリカのほとんどの高速道路は無料ですが、一部有料道路もあります。
目的地へ行くのに有料道路を通らざるをえないルートしかない場合は、レンタカー契約の時にETCカードみたいなものをオプションでつけておいたほうが便利です。(料金所を通るたびにコインを取り出したり、お金の持ち合わせがない!!ってことになるのを避けるため)

有料道路を使わなくてもいい場合は、知らず知らずのうちに有料道路を通らないよう、グーグルマップの地図検索時にオプションで「有料道路を使わない」に設定しておけばそこを避けたルートだけ検索してくれます。


⑤ 借りる場所、返す場所を空港にすると空港利用税と施設利用料がとられる

空港税(Airport Access Fee)はだいたい10%程度、施設利用料(Facility Charge)は3,5ドル程度のようです。
利便性がいいのは空港で借りて返すパターンですけどね。

⑥ 最初に車のキズの確認をちゃんとする!

レンタカーを借りる際に、スタッフと一緒に車を一周回りながらキズ等の確認をしますが、ろくすっぽ見ていないスタッフもいます。
「ここ、キズついてるね!!」「ここ、こすれてるね!!」とちゃんとスタッフに伝えておく、日付入りで証拠写真をとっておく、などの予防策を。
いい加減なレンタカー会社だと、あとから料金請求されかねないので。


■ マイレージがたまるレンタカー会社

レンタカー会社によって、JALやANAのマイルがたまります!

<JALのマイルがたまる>

・ Alamo(アラモ)  1回300マイル
・ AVIS(エイビス)  1日100マイル
・ Budget(バジェット) 1日50マイル
・ Dollar(ダラー)  1回300マイル
・ Herz(ハーツ) 1日50マイル

詳しくは JALのHP を見てくださいね。

<ANAのマイルがたまる>

・ Alamo(アラモ)  1回300マイル
・ AVIS(エイビス) 1日50マイル
・ Dollar(ダラー)  1回300マイル
・ National(ナショナル) 1日50マイル
・ Herz(ハーツ) 1日50マイル

詳しくは ANAのHP をご覧ください。

50マイルか300マイル、ってかなり差があるな。





ま、こんなところかしら。 書いてて疲れたーー(笑)
ぜひ、参考にしてくださいね~!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。