2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワシントンDC観光② 国際スパイ博物館、ホロコースト記念博物館

ワシントン観光、つづき~

◆ 国際スパイ博物館 ◆

IMG_25gd35.jpg

FBI本社のビルの、すぐ近くにある。
なんと、元FBIのOBが趣味と実益を兼ねて作ったとゆー噂の、珍しいスパイ博物館。
口紅と見せかけたピストル、毒ガスが発射できる傘、靴底にしかけた盗聴器、ボタンと見せかけたカメラ、自殺用メガネ、などなど数々のスパイグッズがいっぱい!こんなに見せちゃっていいの、っていうくらいたくさんのスパイグッズが展示されています。
独立戦争、南北戦争、第一次・第二次世界大戦、冷戦、アメリカは戦争の歴史ですから、そりゃもうスパイを送り込んだり捕まえたりの繰り返しでしょうね。そりゃグッズも集まるわね。

この博物館、入場料が21,95ドルとけっこう高値ですが、ずいぶん人気みたいで土日などは長蛇の列みたいです。
土日に行く場合は、あらかじめホームページでチケット買ってからいったほうがいいかも!

IMG_25hd38.jpg

はい、まったく忍べていないニンジャ もいましたよー

この人は百地丹波という国際的に有名な忍者らしいです。百地丹波ってヒト知ってました?私はしらんかった。
アメリカではこの百地丹波が代表的な忍者として認知されているみたい。

ほかにも、007関連の展示などもありました。なかなか面白かったですよ。


国際スパイ博物館HP

入場料 大人21.95ドル /子供(7~11歳)14.95ドル / 6歳以下 無料



◆ 米国国立ホロコースト記念博物館 ◆

IMG_26uy94.jpg

入場料無料。

意外に、すごく混んでました。見ていて楽しい場所ではないのにこれだけ人が来ているということは、多くの人がホロコーストに関心を持っているということですね。
ユダヤがらみの施設は、特にセキュリティが厳しかったです。
空港と同じレベルの荷物&ボディチェックでした。警備してる人も多かったし、警察犬までいたし・・・( ゚Д゚)
こないだ、チャールストンの黒人教会で銃乱射事件があったばかりだし、その後も南部では黒人教会への放火が相次いでいます。
ヘイトクライムへの警戒がかなり高まっているなと感じました。

荷物検査が終わったらまず受付に行き、整理券を発行してもらう必要があります。
入場料は無料だから本来チケットはいらないのですが、来館者が多いため人数制限をしており、一部の展示は時間指定になっています。私は平日の10時すぎに行って、11時半からの時間指定でした。
土日など混み合う時は、午前中に行っても午後の時間指定になったりするようです。早めに行きましょう!
さらに、朝10時半からは、人数限定でホロコースト生存者の生講演が行われているようでした。私も並びましたが、ちょうど私の手前で定員アウトになってしまいました。残念・・・・

時間指定されたほうの展示は、かなり充実していました。
遺体写真が特大パネルで展示されていたり、強制収容所の遺品が展示されていたり、ヒトラーの演説の様子や強制収容所の様子がビデオで流れてたり、ガス室で殺される人々の模型があったり。。。終始重苦しい雰囲気でした。一般展示ではグロ写真があるため、子供でも安心して見れるような子供専用の展示スペースもありました。

ユダヤ人への迫害はナチス・ドイツのホロコーストが最も有名ではありますが、ユダヤ人迫害の歴史は3000年以上にも渡ります。要するにユダヤ民族が生まれたときからずーーーっと迫害され続けている、といえます。
ローマ帝国時代も、十字軍の時代も、14世紀のペスト大流行の時もユダヤ人のせいだ、と決めつけられ虐殺されているし、19世紀にはロシアや東ヨーロッパあたりで「ポグロム」というユダヤ人大殺戮があったし、そして直近がナチスによる史上最大の大虐殺、ホロコーストとなるわけです。もう、何かしら社会が不安定になればとりあえずユダヤ人が殺される、というかんじです。
ユダヤ人迫害の歴史が、これ以上繰り返されないことを祈るばかりです。




そうそう、スパイ博物館の近くにShake Shackという、2016年に日本にも進出する予定で話題になっているニューヨーク人気No,1ハンバーガーショップがありました!
残念ながらシャーロットにはないのですが。

IMG_25re46.jpg

IMG_25re54.jpg


シェイク、という名前を付けているだけあってシェイクが有名です!

IMG_2re551.jpg

シェイク、なんというかじゃりじゃりしてなくて、すごくきめ細やかでクリーミーな食感で、めっちゃおいしかった!
価格は1杯5ドルだったかな?サイズもそんなに大きくないし、ちょっと高め。

シェイクだけオーダーしたのですが、なかなか出てこなくて。
でも厨房を見ると2人くらい音楽に合わせて踊ってて(笑)

お前ら、踊ってるヒマあったらシェイク作れや!!

って思いましたが(笑)

ま、アメリカではよくあることです。。。



つづく。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。