2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニューヨーク観光① ブロードウェイダンスセンターでDanceレッスン受けた~!!

NY、行ってきた!めっちゃ楽しかった!!
ものっすごくいい経験ができました。いつもどおり、長々と(笑)何回かに分けてブログ書きます。


シャーロット発、朝イチの便でNYへ。
離陸して1時間半で着いてしまった。こんなに近かったとは!
空港はJFK国際空港じゃなくて、国内線専用のラガーディア空港なので、こじんまりしていた。
早速NYの中心部、マンハッタンへ向かう。
タクシーだと50ドルくらいとられるので、バスと地下鉄を乗り継いでいった。マンハッタンまでタクシーで行くと50ドルなのに、バス&地下鉄ならたった2,75ドルで済む。18分の1の値段である。
NYのタクシーはすんごい運転荒いし、事故のリスクも高いのでタクシーを使ったら損!!
地下鉄とバスと歩きで十分事足ります!


バスの車内。

dasare.jpg

アメリカのバスは降車ボタンというものはない。
ボタンを押す代わりに、窓にぶらさがってる黄色いヒモのようなものを引っ張って降車することを知らせる。


IMG_1725.jpg

地下鉄駅の風景。日本とあまり変わらないね。

IMG_2049.jpg

NYのバスと地下鉄はこのMETROカードを買わないと始まらない。
自動改札機でまずこれを手に入れる。1ドルのデポジット+チャージをくり返しながら使う。
カードはペラッペラですぐ折れそうな材質。やすっぽい。

IMG_1736.jpg

改札はこんなかんじ。カードはタッチ式じゃなくて、スワイプさせ、バーを回転させて通る。カードの反応がいまいちよろしくない!

地下鉄に乗って日本と違うなあと思ったのは、ホームに全然駅員がいないこと。
笛を吹いて「下がってくださ~い!駆け込み乗車はおやめくださ~い!」などと言う人はどこにもいない。
日本のように電車に飛び込む人がそう多くはないのだろう。
あとびっくりしたのは、路上パフォーマーみたいな人が次々電車に乗って、電車の中でパフォーマンスを繰り広げたことである。これはニューヨークだけなのかもしれないが・・・
突然、黒人の兄ちゃん2人組が飛び乗ってきたかと思うと、ギターをかき鳴らし太鼓をたたき、歌を歌うなどパフォーマンスをし、周囲の客からチップをかき集めたらすぐさま次の電車に飛び乗っていった。
へたくそなハーモニカを吹いている人もいた。
なんだかこの風景がアメリカらしくて、すごくほほえましかった。
ニューヨークだって、貧しい人がものすごくたくさんいる。こうやって生活する人もいるのだ。日本ではこういう生き方はしにくいだろう。駅員につまみ出されるし、乗客も「迷惑だ」としか言わないだろう。
貧しいパフォーマーを温かく受け入れているニューヨークは、いいところだと思った。


予約したホテルに荷物を置いて、すぐさま向かったのは Broadway Dance Center

世界中から一流のダンサーが集まるニューヨークで、最も有名で、最も人気があり、たくさんのダンサーが修業に訪れるダンス教室がココ!

そんなすごいところに、年甲斐もなく、恥もへったくれもなく、ダンスレッスンを受けに行ってしまいました!

IMG_1555.jpg


実は、前にダンスを習っていたとき、ここに行ってレッスン受けたいなあとずーーーっと夢みていたのだ。
なぜか、アメリカ転勤になってアメリカに住むことになり、行く予定のなかったNYに行くことになった。
これは神様がチャンスをくれた、私は何がなんでもこのチャンスをつかまなければならない、と思い、身の程知らずを承知で思い切ってレッスンを申込みました!

ブロードウェイダンスセンターは1週間に150クラスもの、いろーんなジャンルのクラスがある。
ジャズ、ヒップホップ、バレエ、コンテンポラリー、タップ、などなど。
難易度も、基礎から上級まで、7段階くらいのクラスに分かれている。
基礎といっても、まったくの初心者は受け入れてくれない。一番下の基礎クラスでも1~2年以上の経験が求められる。
もちろん、講師も一流。

IMG_1557.jpg

廊下に、ずらりと講師陣の写真が。

IMG_2051.jpg

ブロードウェイダンスセンターの会員証。
事前にネットで個人情報を登録しておくと、申し込みがスムーズ。



レッスンを受けられる時間が限られている一介の旅行者にすぎない私は、滞在中に1レッスンしかとることができない。
迷ったあげく基礎クラスのバレエレッスンを受けることにした。
しばらくダンスから離れてしまっているので、動きの激しいジャズやヒップホップでは身体がついていかないことは明白。
一番なんとかなりそうなのがバレエだったから、バレエにした。

ブロードウェイダンスセンターでレッスンの申し込みをしてお金を払い、すぐさまホテルに帰ってストレッチをし、ジャージに着替え、「じゃ、レッスン行ってくるから適当に時間つぶしといて」と旦那を放置し、15時からのダンスレッスンに向かった。
ニューヨークに着いて数時間後にタイムズスクエアをジャージで歩く私・・・・ 
ほんと、恥もへったくれもないな!

レッスン教室の前にはいろんな国籍の生徒がたくさんたむろしている。
廊下で踊っている人、ストレッチする人、寝てる人・・・・日本よりフリーダムな雰囲気。
前のクラスが終わって、私が取ったバレエクラスの人が教室になだれ込む。

バレエのクラスなのでとうぜん、皆バレエ用ウェアで、バレエシューズを履いている。
ところが、私はアメリカにバレエ用品は一切持ってきていない。
あるのはヨガ用のウェアだけである。
基本的に、バレエはドレスコードが厳しく、日本だとタイツ、レオタード、シューズは必須である。
私のようにヨガウェアでバレエシューズすらない人はレッスンを受けることができない。
ただ、ここはアメリカなのでなんとかなるだろうと思って、ヨガウェアで突撃した。

レッスンの担当は、Joy Karleyという美人な先生だった。
バレエシューズがないので裸足でいたら、先生に「靴下をはきなさい」と言われた。
回転練習などもやるから、靴下をはいたほうがいいらしい。
周りがバレエシューズなのに、私は靴下。
恥ずかしいことこの上ないが、やるしかないのだ・・・!
生徒の数は多く、25人くらいいた。男性も5人ほど。若い日本人の女子もいた。
ここはダンス留学生も大量に受け入れているから、そっち系の人かもしれない。
レッスン内容は基礎的なもので、すべて習ったことがあるものだったので、それほど問題はなかった。
ただ、身体がぜんぜんついていかない・・・
柔軟性も著しく落ちているし、バランスも悪くなってるから、ほんとに思うように体が動かなくてつらかった!!

しかも、レッスン時間が90分で長い。
なんとか必死で喰らいついて、レッスン無事終了。
余韻に浸る間もなく、すぐ次の時間のレッスンを受ける生徒がなだれこんできた。
すごく疲れたけど、なんかものすごい達成感!!
ささやかな夢だけど、ほんとに叶ったんだなあ、、、


ほんとに、勇気を出してレッスン申し込みしてよかった。
やりたいことがあったら、四の五の言わず、今やる!!これが大事!

翌朝、こむら返り(足がつって)で目が覚めるという情けない事態になりましたが(汗)
我儘をきいてくれた旦那さんには心から感謝、感謝です!!!

関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

うん、ほんとに自分がここで踊ってる!!っていうのが信じられなかったよ。妊娠してたり、子供を持っていたら叶えられなかったことだから、今やりたいと思ったことをすぐ実行できる、身軽な状態だったことをすごく有り難く思った。私もふだんすっごい守りのタイプだけど、たまにはチャレンジは大事だね!
娘ちゃんは相変わらずすごいねえ~!!生徒会長から最も遠い存在の私がアドバイスできることは何もないよ~(^▽^;) 反対に私がその度胸に感服だよ!ま、erimamaちゃんがしっかりしてるから子供もしっかり育ってるのは間違いないと思うよ!!
[ 2015/06/02 11:32 ] [ 編集 ]

夢叶ったね♪やりたい事があったらとりあえずやってみる!って、簡単のようだけど、意外と勇気いるよね。私なんて、守りにはいっちゃってるから、何事にも怯むことなくチャレンジするところ、尊敬してるよ!私は守りだけど、我が娘はチャレンジ系。生徒会長に立候補するみたい。アドバイスよろしく(*≧∀≦)
[ 2015/06/02 08:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。