2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジョージア州観光② オケフェノキー湿原 シェケナベイベーのボートツアー

Okefenokee Swamp Parkでひとしきり遊んだら、次は東側から入るゲートに向かいました。
こっちはもっと本気でアウトドアしたい人、本気でワニとタイマン張りたい人がが集まるところ(笑)
Okefenokee Swamp Parkのように、家族連れでにぎわっていることはなく、だいぶ閑散としてました。
でも楽しいのはこちらですよ!
東側から入るゲートのほうは、まやかしでなくホンマもんのオケフェノキー湿原が広がっています。子供連れでなければ、こっち側に来るべきです。
こっちはこっちで入場料5ドルとられました。

行ってすぐに、受付でボートツアー申込。
ボートツアーはなんとオンリー90分コースのみで、20ドル。
90分コースしか選択肢がないってすごい。湿原のだいぶ奥まで行くので、なんかあっても途中で引き返すのも大変だし、やはり小さな子供連れだときついでしょう。

船長は歯が数本抜けてしまって何言ってるかよくわからない短髪の内田裕也みたいな爺さん。
見た目を裏切らないキャラ、インド人もビックリのおおざっぱな操縦っぷりで我々をヒヤヒヤさせた。

IMG_1161.jpg

「俺が船出すとワニがビビって逃げていきやがる。あいつらにはロックを感じねえ」


船の出発時間は客の集まり具合によって決まるようだ。3組ほど観光客が集まったので出発。
シェケナベイベーおじさんが船を出すと、気持ちいい風が身体をすり抜ける。
前回の記事の、Okefenokee Swamp Parkは子供用に作られた、こじんまりしたボートツアーだったが、こっちは本物の、広大な湿地を体験できる。東ゲートからのボートツアーを体験したりあとでは、前回行ったOkefenokee Swamp Parkでのボートツアーはほんとお子ちゃま向けだったんだなと感じた。
それくらい、こちらのボートツアーで見た景色は特別だった。

IMGP8499.jpg

相変わらず美しすぎる水面。
ついつい、水面に移ろいでいく景色ばかりに見入ってしまう。

IMGP8515.jpg

IMGP8518.jpg

本気のカヌイストが通り過ぎて行く。
カヌー、やりたいなあ・・・・
シーカヤックは一度やったことがあるけど、川をカヌーで行くのは怖くてね~。
なにしろ泳げないもんだから。沈してカヌーを失っても、自力で泳ぐ力がないと危険だからね。
四万十川とか、ユーコン川とかカヌーで下ってみたいのだけど。

IMGP8536.jpg

水面には蓮がたくさん浮いている。
早朝には、水面は蓮の花で埋め尽くされる。この広大な水面が、花畑になるところを見てみたいわ。


もちろん、ワニもたーっくさんいる。

あっちもこっちもワニ。とにかくワニだらけ。この広大な湿地には1万匹ものワニがいるそうだ。
ここで船が転覆したらマジやばい。

IMG_1188.jpg

IMGP8581.jpg

フロリダとか、このへんのワニが多いところではワニがらみの事件ももちろん起きてる。
自宅のプールでワニが泳いでたとか、ゴルフ場にワニが寝てるとか、散歩中の犬が食われたとか、ランニング中の女性が食われたとかね。
もしワニに襲われたら、
① ワニワニパニックを思いだし、ピコピコハンマーで思いっきりワニの頭をぶったたく
② 「ま・・待て、話せばわかる、な、金ならいくらでもある、話し合おうじゃないか・・・」と平和的解決を試みる
③ 「私と出会ったことを後悔させてやる・・・かかってきなこのクズワニ野郎」と強がってみる
④ 「こんにちワニ。今日もいい天気で気持ちいいワニ。」とワニ語で話しかけてみる
などなど、いろんな試みをしてみよう。



90分は長いかなと思ったが、始まってみるとあっという間だった。
湿地の景色がほんとうに素晴らしくて、見とれているうちに時間が過ぎた。こんなに素晴らしい湿原はもう二度と見られないだろう。これは行った人にしかわからない。機会があればまたリピートしたい場所だ。
帰り途中、川の中に立ててあった案内看板に思いっきり船を衝突させたシェケナベイベーじじい。
ボートをぶつけて斜めに倒れてしまった看板に向かい、さらに船をバックさせて突っ込み、ボートで看板を立て直そうとするワイルドじじい(笑)
看板は立て直るどころか、完全に川の底に沈んでいった・・・・(笑) 
「ロックンロールに免じて、勘弁してください」とシェケナベイベーはつぶやき、ボート乗り場に戻っていった。
いや~、楽しかった‼︎



オケフェノキー湿地全体のマップはこちらを参考にしてね

↑このホームページの左側に、canoe Brochure map2015 いうリンクがあるのでそれに公園全体の地図が載ってます

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。