2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テキサス州 サンアントニオ観光⑥ 偽りの日本庭園と洞窟

これで最後!サンアントニオ紀行。
とりあえず気になったところは行ってみよーってことで、Japanese Tea Gardenというところにも行ってみました。

まあ、いわゆる日本庭園ですね。・・・・・偽りのね。

さあ、ご覧下さい!アメリカの勘違い日本庭園を!!

IMGP8326.jpg


ファァッ!?( ゚Д゚)

なにこれなにこの建物・・・

IMGP8329.jpg

わび・・・さび・・・・(震え声)


IMGP8339.jpg

だーかーらー、これはチャイナだってばー!!<(`^´)>

アメリカのジャパニーズと呼ぶものは実はすべてチャイナという事実。
日本の庭師が泣くわい・・・


あまりにひどいので10分足らずで日本庭園を脱出。


気を取り直して、洞窟へ。
実は、サンアントニオ周辺はけっこうたくさん洞窟がある。

Natural Bridge Cavernsというところは有名な観光地みたいだけど、我々は「Cave Without A Name」というややマニアックな洞窟に行ってみた。
直訳すると「名もなき洞窟」ってなりますが、洞窟の名前を公募したときに、名前をつけられないほど素晴らしい洞窟ってことでこの名前がついたそうです。

この道で合ってるの??と非常に不安になるような田舎道をひたすら走ると、ひっそりとその洞窟はあった。

IMG_1040.jpg

この建物が受付兼お土産ショップ。
客が誰もいなくて少々不安になるが、入場料を払う。一人18ドルと、けっこう値段が張る。

チケットをもらったら適当に周辺を歩いて洞窟を探したが、見当たらない。
戻って、「すいません、洞窟ないんですけど!」って言ったら「ガイドなしに洞窟は入れないよ!俺がツアーやるからもーちょい待ってて」とのこと。アメリカは公認のガイドなしに勝手に洞窟に入るのは禁止されているそう。
結局他に客が来ず、我々夫婦だけで洞窟ツアーに行くことに。

IMGP8346.jpg

ここが洞窟の入り口。厳重にロックされている。

IMGP8347.jpg

ガイドのマイクさん。田舎らしく、親しみやすい素朴な人だった。

あまり有名なところでもなさそうだし、大したことないだろうと思っていたらあまりの広さにびっくり!!
アメリカ最大の洞窟、マンモスケイブに行ったことのある私たちでもその広大さ、美しさには驚いた。

IMGP8352.jpg

いろんな形状の鍾乳洞がひしめいていて、とても面白い。写真ではわからないが、ほんっとに広かった。
マイクさんと我々だけなので、いろいろ質問したりおしゃべりしながら歩いた。
これまで日本人何人か来たことあるとのこと。

IMG_0971.jpg

洞窟内の地層に、化石がみえる。

IMG_1027.jpg

わかり辛いけど、カエルが2匹。
完全に岩に同化してます。コウモリも何匹かいましたよ。

ちょうどネパール地震が起きたばかりだったので、マイクさんに、この辺は地震があるの?と聞いてみたら、ここらはstable(地盤がしっかりしている)だよ、と。マイクさんはサンフランシスコに行った時に地震を体験したそうで、あまりにびっくりして思わず外に飛び出してしまったよ~、あれは怖かったけどエキサイティングだった、と言っていた。フクシマは大変だったね~と、こんな片田舎の人にも日本の地震のことは知られているようです。

この洞窟内では音楽イベントをよくやっているようで、オペラ歌手が歌った時の映像を見せてもらった。
携帯電話の動画で見たんだけど、ものっすごく綺麗に音が響いていて、びっくり。ヘタなオペラハウスで聴くよりいいんじゃないの?って言ったら、ほんとそうなんだよ、音響すごいんだよ、と。一度洞窟オペラ、聴いてみたい!

マンツーマンでみっちりいろいろ説明してくれて、雑談もできてとても楽しかった!
マニアックだけどオススメスポットです!サンアントニオに行ったら洞窟探検もぜひしてみてください!


「Cave Without A Name」洞窟のHP  

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。