2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テキサス州 サンアントニオ観光④ 強制改宗と殺戮の場、ミッションズ(伝道所)

まだサンアントニオ記事終わってませんよ~!
サンアントニオといえば①アラモ砦 ②リバーウォーク、ですが、それに続く観光スポットが③ミッションズ(伝道所)です!

アラモ砦は伝道所&砦の目的で建てられましたが、他にもスペインが作りまくった伝道所&砦がたくさんあるのです。
南北に流れるサンアントニオ川沿いに点々とミッションズが連なっており、すべて無料で見学できます。
壊れてしまったものもありますが、今日見学できる代表的なミッションは4つ、①Mission San José ②Mission Concepción ③Mission San Juan ④Mission Espada です。

①Mission San José 

ミッションサンノゼは、数あるミッションの中で最も大きく、保存状態が良い、テキサスを代表するミッションです。
時間がなくて一か所だけ行くということであれば、ここに行くのがいいでしょう。

IMGP8038.jpg

IMGP8062.jpg


これはメインの教会部分の建物。バロック建築の美しい建物です。すっかりお化け屋敷みたいになってますな。
これは1720年に建てられました。古い建物ですが、現在でもミサが行われています。
アメリカに来るまで、こういった歴史的建造物がたくさんあるとはまったく想像していませんでした。
道路も何もない森を切り開いて石を運んできて、こういった建物を作るのは大変だったと思います。(といっても、実際作ったのはほとんどインディアンですが)
アメリカ、探して見るといろいろ面白いものがあるもんですね。

別の角度から

IMGP8085.jpg


IMGP8046.jpg

1720年だからそんなに古くはないけど、なんかローマ遺跡でも見てるような気分でしたね。

今でこそお化け屋敷になってしまってますが、もともとこの建物は、下記の写真のように、カラフルな模様が描かれていたのです。

IMGP8087.jpg

模様がやっぱりイスラムっぽいですね。
できた当初は、それはそれは華やかで綺麗だったでしょうね~

教会内部 ↓

IMGP8055.jpg


ミッションサンノゼ全体図 ↓

IMGP8027.jpg

教会の周囲にぐるりと、城壁のようなものが。かなり敷地が広い。
全体図を見れば、教会というより砦だね、ってことがわかると思います。

IMGP8029.jpg

教会を取り囲む外壁の部分はインディアンの住居になっていました。
写真奥は住居、手前は炊事用の窯です。

スペインが南北アメリカ大陸でいかにひどいことをしてきたか皆知っていると思いますが、ミッション(伝道所)は植民地支配のための代表的な「手段」でした。
未開の土地に宣教師が来るということは、そこを植民地にすることとイコールです。

日本にも、1549年にフランシスコ・ザビエルが初めてキリスト教布教に来ましたね。ポルトガルやスペインが宣教師を次々日本に送り込んだのは、もちろん、目的は純粋な布教などではなく、日本を侵略し、「植民地化」する為でした。
幸い日本は戦国時代で、世界を代表する鉄砲大国になっており、戦ばかりしてたので非常に好戦的な民族に映ったのでしょう。
ザビエルは祖国宛の報告書で「日本民族は甚だ戦争好きで貪欲であるから占領するのは無理」と書いているし、イエズス会のヴァリヤーニも「日本は、私がこれまで見てきた中で、最も国土が不毛且つ貧しい故に、求めるべきものは何もなく、また国民は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、征服が可能な国土ではない」と報告しています。
スペイン・ポルトガルの描いた画としては、まともに戦ったんでは勝てそうもないので、じわじわキリスト教信者を増やして操作しやすい状態にし、キリシタン大名を利用して内乱をおこさせ、便乗して日本をのっとる、といったことを考えていたようです。
日本でキリシタンが弾圧されたり、鎖国をした理由は、宣教師を国内に入れない、植民地化を防ぐ、という目的があったんですよね。あの時代の判断は、非常に懸命だったと思います。


話がそれましたが、当時のキリスト教の布教はそういう侵略的な面が大きかったということですね。
実際、こういったミッションズを利用して、インディアンへの強制改宗も行われました。とうぜん、カトリックに入信しなければ殺されました。
ミッションサンノゼの内訳はわかりませんが、カリフォルニアのミッションで起きた状況の一例です。
「サンノゼ・コモンデュでのミッション」・・・・洗礼数94人、殺害数241人
「プリジマ・デ・カデゴモでのミッション」・・・・洗礼数39人、殺害数120人
「聖イグナチオのミッション」・・・・・洗礼数115人、殺害数293人

ミッション(伝道所)ごとに、こういった感じで強制改宗、殺戮が行われていたのでした。もちろん、日常的な暴行、強姦等も起きていました。施設ではもちろんこういった負の歴史を前面には出しませんが、穏やかでない歴史を歩んできたことは絶対に忘れてはいけない事実です。


ミッションサンノゼ以外のミッションも、綺麗に残っていましたよ。


②Mission Concepción 

IMGP8300.jpg

マリア像をかこんだ石灰岩の塚が印象的でした

IMGP8304.jpg


③Mission San Juan

IMGP8196.jpg



④Mission Espada 

IMGP8161.jpg


非常に蒸し暑い日にこれだけ周るのは大変でしたが、ミッション・コンプリート!できてよかった。
アメリカを知るごとに、インディアンがいかに苦しい時代を生き抜いてきたかを改めて痛感します。
いろいろ見てきたアメリカの歴史的建築物の中でも、たいへん印象に残る場所となりました。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。