2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャールストン観光⑤ 旧奴隷市場博物館

チャールストン、まだまだ続きます。
今度は街中を歩いてみました。

サバンナ同様、チャールストンも古い街なので歩きながらたくさんの歴史的建造物に出会うことができます。
ただ、チャールストンはより観光地化されていて、マーケットやグッチやヴィトンといったブランドショップも並んでおり、サバンナよりも”ああ、いかにも観光地を歩いているな”という実感があります。
ショッピングをするならチャールストン、のんびり古い街並みを楽しむならサバンナのほうが適している、というところでしょうか。

IMGP7933.jpg


IMGP7924.jpg

こちらは聖フィリップス教会。(Saint Philip's Church)
作られたのは1680年と、めっちゃ古い!チャールストンという町ができてすぐ、作られたんですね。

見学しようと入り口にに入ったら、推定85~90歳くらいの杖をついたヨボヨボのおばあちゃん(教会のスタッフかボランティアの人と思われる)が近づいてきて、「where are you from?」と聞いてくる。
日本からだ、というとあらまあ、それは大変と言いながら、教会のパンフレットを渡しながらマシンガントークが始まった・・・
キリスト教に超熱心なおしゃべり好きのおばあちゃんのおしゃべりを止めることほど困難なことはない(笑)
「What is your faith?(あなたの信仰は何?)」と聞かれ、無宗教と言ったら即説教されキリスト教に勧誘されると思い、「I'm a Buddhist(仏教徒です)」と答えておいた。
教会内を見学したいのだが、おばあちゃんに捕まって全然中に入れない・・・
どうやら今はイースター前で大事な週にあたるらしく、キリスト教のこと、教会のことなどひたすらしゃべり続けていた。
おばあちゃんのヨボヨボイングリッシュを聞き取るのは大変難しく、言ってることがよくわからなかったので10秒に1回、微笑みながらうなずく、という作業を忍耐強く繰り返してしばらくすると、別の観光客が来たので今度はそっちがターゲットに・・・・助かった!(笑)
おばあちゃんからぜひ芳名帳に記帳してよと強く勧められ、わけもわからず名前を書いてスタコラ教会を後にした。
結局内部の見学はできなかった・・。


「旧奴隷市場博物館(The Old Slave Mart Museum)」に行ってみました。
入場料は7ドルです。

IMGP7937.jpg

「旧奴隷市場博物館」名前のとおり、ここでアフリカから到着した奴隷たちが取引された場所です。1859年に当時チャールストン長官のThomas Ryan氏によって創建されたので、通称、Ryan's Martと呼ばれていました。
1865年に北軍がチャールストンを占拠するまで、ここは奴隷市場として大いに栄えました。
学校では奴隷制についてそれほど詳しく習った記憶がないのですが、奴隷制を支える仕組みは思っている以上に複雑です。

最終的にアメリカ大陸には1000万~2000万人の奴隷が運ばれてきました。
ところで、そんなに大量の奴隷をどのように確保したのか?ですが、アフリカの土地に慣れない白人が自ら、危険の多いアフリカ中を汗水流して駆け回って捕まえるわけがないですよね。
アフリカの有力部族に鉄砲など武器を与え、弱い部族を襲撃させて奴隷を確保していきました。
残念ながら黒人が黒人を売るという、アフリカ内で既に奴隷を売買する仕組みがばっちり出来上がっていて、チャールストン港では奴隷が輸送されてくるのを待つばかりだったのでした。
もっとも、アフリカでは白人が入る700年も前からずっと、アラブ人による大規模な奴隷売買がすでに行われていたので、奴隷貿易自体は決して目新しいことではありませんでした。もちろん、アメリカ大陸に奴隷を売るアラブ商人がいたことも事実です。

到着した奴隷は、年齢、性別、体格など様々は基準で値段がつけられ、売られていきました。

IMG_0489.jpg

「AGE VALUE」 年齢による値段表です。
1歳が100ドル、10歳が400ドル、とだんだん値が上がり、一番働き盛りの20歳での900ドルが最高値。
20歳を過ぎると、また値がだんだん下がっていき、60歳で50ドルが底値です。
この年齢による売値ベース以外にも、性別、体格、職業能力、付加価値が加味され最終的な価格がつけられました。
奴隷を少しでも高く売るために、食べ物を与えて太らせたり、オイルを塗って丈夫そうに見せたり、白髪を黒く染めさせたりし、売る側も高値で売れるようにあれこれ画策しました。

IMG_0485.jpg

実際に使われていた「二グロ・リスト」。
名前、年齢、職能などのリストに、手書きで「価格」が書き込まれています。1000ドル程度が多かったようですね。
当時の平均年収が200~400ドルと言われていますので、奴隷一人1000ドルともなると、かなり大きな出費だったことでしょう。


チャールストンは華やかで人気の観光地ゆえに、暗い歴史と貧富の差が目立つ町でもあります。
チャールストンのメインストリートから15~20分程北に歩けば、景色が一変、貧しい街並みに変わります。さらにその北側には、アメリカ有数の貧困&治安が悪い地域、ノースチャールストンがあります。
ノースチャールストンに宿泊し、車で南下しながら景色や雰囲気がどんどん変わっていく様子を目の当たりにして、チャールストンが持つ歴史の暗部を感じ取ったのでした。


チャールストンでは南部料理も食べました。

IMG_0443.jpg

ミートローフ、アスパラ、フライドオクラ、マフィン。
オクラのブツ切りから揚げは、アメリカ南部を代表する料理です。すっごいおいしい!酒のつまみに最高(笑)




関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

こんにちは!
奴隷博物館はほんとに貴重で、行けてよかったです。アメリカの奴隷に関する本は日本でもたくさん出ているので、また帰国したら読んでみたいなと思っています。今アメリカにいる、たくさんの黒人たちはほとんど皆、奴隷の子孫だったんだなと思うと不思議な感じがします。
日本ではあまり報道されませんが、ここんとこアメリカでは白人警官に黒人が撃たれて死ぬ事件が多くて、CNNニュースではネパール地震やISISのことなんてぜんぜん報道せず、黒人差別反対デモに関する報道ばかりです。黒人に貧困層が多いのは確かで、そのぶん犯罪に手を染める人が増えて撃たれる機会が多いのはしょうがないのですが、確かに殺さなくてもいい状況で撃たれていることが多いのです。今でも黒人が抱える貧困、差別の問題は大きいことを実感しますね~。

[ 2015/04/30 02:31 ] [ 編集 ]

こんにちは

歴史好きな方のブログは読んでいて心地いいです。(^-^)/
黒人奴隷の資料館が存在するなんてすごいです!
日本だったら負の遺産を包み隠そうとするはずですが。。
アメリカにおける奴隷制について読んだことがないので、今度、じっくりと読んでみたくなりました。
奴隷の値段が年齢によるものであったのですね。やはり、男女で価格が異なっていたのですかね?
高校の教科書には、アフリカから鎖につながれた多くの奴隷が船の甲板で仰向けに寝た状態で運ばれている絵が載っていたのを覚えています。
奴隷同士は結婚できないとか、使用できなくなった奴隷は再び市場へ連れていかれるとか聞いたことがありましたが!?。
黒人が黒人を捕まえていたのですね!!
 時代は違いますが、アラブ人は西ローマ帝国が崩壊したころ、南イタリアへ侵入してはイタリア人を奴隷にしていましたからね~
 地中海貿易でかなり稼いでいたと思います。最近、塩野七海さんにはまってます(笑)
 しかし、イギリス人がアフリカ大陸で黒人を追っかけていると思っておりました。
 アメリカに連れていかれた黒人の数には驚嘆しました。


[ 2015/04/28 11:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。