2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サバンナ観光② スキダウェイ・アイランド州立公園

街歩きをして疲れ果てたのち、さらに足を酷使すべく州立公園に向かいました。

スキダウェイ・アイランド州立公園という、サバンナ市街からやや南方向、海に出る手前にある公園。
ここは、アメリカ南部を代表する植物、スパニッシュ・モス(ウスネオイデス)の楽園でした。

IMG_0108.jpg

海に近いので土が白い

IMG_0133.jpg

IMG_0125.jpg

このあたりの木にぶらんぶらんとぶらさがっているのがスパニッシュ・モス。
変わった生物で、根っこを持たず、空気中から水分と養分をとって生きている。寄生植物ではないので、木を殺すことはない。一応種も飛ばし、小さな花も咲く。一部がちぎれて他の木にひっかかれば、そこからまた茎が伸びていく。
分割しては増え、分割しては増え、みたいな・・・・アメーバっぽい植物。

IMG_0121.jpg

手で触ると、すぐにちぎれる。


IMG_0099.jpg

チェロキー・ローズという種類のバラ。

IMG_0142.jpg

”ワニ池”と名付けられた池。このへんはワニいっぱいいるからね。残念ながらワニに会うことはなかった。

IMG_0164.jpg

ビジター・センターには恐竜の骨、化石などがたくさん展示されていました。
この辺りは昔、恐竜はじめ古代生物がたくさん住んでいた模様。
写真は、古代ナマケモノの頭蓋骨。ナマケモノって、古代はめっちゃでかかったんですよね。



なんだかんだ、州立公園内を4キロくらいは歩いたかな。
この日1日で、10~12キロは確実に歩いて、もうクッタクタに疲れました。久々に足が痛くなった。
まあ、最近州立公園とか行けてなかったから、久々に自然の中を歩けて楽しかったです。







オマケ: 旅の途中で出会った、スパニッシュモス並みにぶらさがりすぎている信号機

IMG_0172.jpg

全部で18個ぶらさがってました。
アメリカは車線1つにつき、1つ信号機を付けていることが多いのですが、ここまで増やされるとどこ見たらいいんだかわからへんわ!!






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。