2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おすすめ!猛獣中心の動物園・タイガーワールド!

いやー、なんとも面白い動物園を発見してしまいました。

シャーロットから30~40分程度で行ける距離にある、タイガー・ワールド(Tiger world)ってところ!

IMGP6505.jpg

入場料は大人15ドル、2歳~17歳までは12ドルです。水曜日が定休日。
15ドル、とそこそこお金とりますが、猛獣だらけなのでエサ代がかかるのでしょう(笑)でも行く価値はオオアリです。

この動物園のコンセプトは、①トラ、ライオン中心である ②絶滅危惧種中心である ってところで、普通の動物園とは一線を画しております。サファリパークに近いかな。
キリン、ゾウ、ペンギン、シロクマとか、ふつーの動物園にいる動物はあまりいませんが、トラとライオンの数はハンパないです。ライオンとトラ合わせて20頭以上いたかな?
たいてい、トラとライオンって柵からかなーり遠くにいるし、たいがい寝てるので、あまりはっきり見たことないですよね?
でも、この動物園は1メートルくらいの、触れそうな距離で、トラ、ライオン、オオカミ等が見れてものすごく迫力があります!!とにかく猛獣との距離がめっちゃ近い!


IMGP6516.jpg

入場料を払う時に、エサ(猿や鳥用)を買うこともできるので、見回りながらエサやりもできます。

「タイガー・ワールド」というだけあって、一番の目玉はトラです。
なかでも、絶滅危惧種のベンガルトラとか、世界でも数がかなり少ないホワイトタイガーが多すぎでびっくりしました。

IMG_8965.jpg

茶トラと白トラがノンビリマターリ中。

IMGP6605.jpg

白トラ、マターリ中。ここのトラたちは観光客に協力的で、柵の一番手前に座ってくれることが多いのですよ。なので1メートルくらいの距離でしげしげ観察できます。
ホワイトタイガーは全世界で250頭くらいしかいないようですが、なぜかこの動物園にはたくさんいます。

そして、これまたとっても珍しいホワイトライオン!!

IMGP6548.jpg

ホワイトライオンは初めてみた!
ホワイトタイガーも、ホワイトライオンもアルビノ(メラニン欠乏の遺伝疾患)ではなく、白化型という遺伝の1つなんだそうです。

IMGP6608.jpg

これはホワイトライオンが「俺のメロン=略してマイメロ」を「マイメロうめー!」ってむしゃむしゃ食べているところです。
ライオンてメロン食べるんだね。しかもめっちゃおいしそうに、跡形もなく食べ尽くしてた。
そして、ホワイトライオンの横の柵にいたトラ3匹が「いいなー、俺らも食いてえなー」って顔して見てて笑えた。

次の目玉は、オオカミ!

オオカミ、だいすき(*´▽`*) 私はすべての生物をリスペクトしていますが、特に大好きな3大動物は、カラス、オオカミ、ナマケモノです!!
すべての犬の祖先といわれるオオカミ。
オオカミに遺伝子的にもかなり近いシベリアン・ハスキーを飼っていたことがありますが、ほんと力が強くて、チリガミコーカン車や救急車に反応して遠吠えしちゃうし、シベリアンのくせに暑さにも寒さにも弱くて、毛が多いのでダニがつきやすく、もさもさ抜けて処理が大変だし、油断するとすぐ鳥やらヘビやらネズミやらを狩猟してきてしまうし、まあ~色々と大変でした。でも、ものすごく可愛かった!大変だけどまた飼いたいなあ。

こちらはホワイトウルフ。

IMG_9043.jpg

オオカミは、ガタイが大きく、目つきが鋭くほんとかっこいいです。惚れます。オオカミの友達がほしい。

IMGP6741.jpg

こちらはブラックウルフ。
この子は口周りに白髪が生えているので、もうおじいちゃんかおばあちゃんですね。



他にもたくさん動物が見れます。

IMGP6558.jpg

IMGP6743.jpg

私のイチオシ、エミュー。エミューもかわいくて大好きです。エミューも飼いたい。
恐竜の子孫は鳥だといわれてますが、エミューの姿形と鳴き声は、恐竜にすごく近いものを感じます。

これは Serval cat、アフリカに住む猫です。

IMG_9083.jpg

小屋に入っちゃってて耳が隠れてますが、ほんとはこんなに大きな耳なんですよー

4733022267_50fb428f2cad.jpg


猿もいますよ~

mandrill =マンドリル。なんともいえない顔面。

IMGP6744.jpg

hamadryas = マントヒヒ。

IMGP6746.jpg

鳥もいろいろ、珍しいのがいる。

東アフリカカンムリツル

IMG_8970.jpg

ブラックスワンのつがい

IMGP6672.jpg

ホワイトスワンはよく見るけど、ブラックスワンはかなり珍しい~!
ブラックスワンはオーストラリアの固有種みたいですよ。

イーグル・フクロウ

IMGP6677.jpg


このほかにもたくさん動物がいますよ。ほんとに面白かった~
日本にはこういうところないので、一度行ってみるといいかも!すごいおすすめです!

お土産屋もありますよ

IMG_9128.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

こんにちは!ホワイトライオンは珍しいですね。個体数からいったら、ホワイトタイガーのほうが少なくて希少動物みたいなんですが。日本だと、東北サファリパークにホワイトライオンはじめ、珍しいホワイト動物がたくさんいるようです!エミュー飼えるんですね!それはぜひ飼ってみたい。無駄に走り回ることもないし、ほんとおとなしくてかわいいんです。
イエローストーンのオオカミ、アメリカに来たらぜひ会いに行きたいと思っていましたが、数が減少しているのは残念です。まだ個体数が少ないから病気が広まるとあっという間に数が減りそうですね。野生のオオカミはそう簡単に会えるもんではないですし、動物園のオオカミでよしとしておきます!
[ 2015/02/13 00:43 ] [ 編集 ]

 こんにちは

ホワイトタイガーの存在は知っていましたが、ホワイトライオンがいるのですね!!?
びっくりしました。
日本では見たことがありません。
ちなみに広島の安佐動物園です。http://www.asazoo.jp/
東海地方、名古屋には東山動物園て駅名がありましたね~、行ったことはありませんが、
中国、九州地方にもサファリパークがありまして、大分と山口のに行きました!
一生に1回、アフリカへ行ってみたいですね。
1カ月前だったか、NHKの「鶴瓶に乾杯」でエミューを飼っている方が出ました。
10坪もあれば飼育可能ですよ~~^^(笑)

日本オオカミがいなくなった理由に、狂犬病を持っているから人間が駆除して絶滅させたのでしょうね(汗)
しかし、イエローストーン国立公園(米国)のオオカミは、1995・1996年再導入後、順調に増加してきたものの、最近数年ジステンパーと疥癬が原因で減少しているそうです、オオカミの影響でエルクジカなどのオオカミの獲物が減少し、食物不足による栄養水準の低下が体力低下をもたらし、伝染病に罹りやすいけれど、ユーラシア大陸および新大陸に生息するオオカミが、伝染病で広域的に絶滅していないそうです。
[ 2015/02/12 14:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。