2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャーロット航空博物館 Carolinas Aviation Museum

日曜日は、Carolinas Aviation Museum に行ってみました!
場所は、シャーロット国際空港の敷地の中にあります。

今日は、私が高速道路使って運転していきました!!高速道路の運転は久しぶりなのでドッキドキです。
道がそんなに混んでないので一応大丈夫だった。
混んでると、右からも左からも車線変更の嵐になるので、超怖い。
アメリカの高速はやたらに分岐が複雑で、合流は右からも左からも来るので、怖さでいったら日本の首都高を走るのと同じ感じかな?でもアメリカ人のほうが運転荒いからもっと怖いかなあ。
一応、目標は旦那を空港まで送迎できるようになること、だけど。できる頃には帰国、になりそー。

まあ、なんとかかんとか運転しまして、空港の敷地内にあるCarolinas Aviation Museumに着きました。


IMG_8879.jpg

場所がかなりわかりにくい。空港周辺って道が複雑だし、建物いろいろあるし、この博物館がまた、案内表示や看板をほとんど出してない。危うく空港警備隊駐屯所に入り込んで不審者になるところだった。
博物館外観も、写真のとおり超地味。博物館ともなんとも書いてありません。

中にはいると、受付がおじいちゃん(笑) お姉さんじゃなくておじいちゃん・・・かよ~
今回、GROUPONっていうアメリカの割引サイトであらかじめチケットを買っていったので、携帯画面を見せた。
GROUPONで割引券買うと、入場料12ドル→7ドルになりますよ! → GROUPONサイト
いまいち、GROUPONというものがよくわかっていないおじいちゃん・・ こちらが事情を説明するはめに。

博物館自体は比較的こじんまりとしているのですが、プロペラ機やら戦闘機やら軍用ヘリやら品揃えはいい。

IMG_8826.jpg

これは海兵隊ヘリ・SEA KNIGHT。これは小さ目の輸送用だけど、それでもすごい迫力。
映画とかでよく、この後ろ扉めがけて主人公が走って乗り込んだり、敵をここから蹴落としたりするよねー
ベタなアクション映画には欠かせない軍用ヘリ。

中はこんなふうになってる。ふつーに椅子が並んでるだけなんだあ。
すっごい揺れそうだけど、つかまるところなし。つり革とかあればいいのにね(笑)

IMG_8830.jpg

こちらはライト兄弟が初飛行した飛行機のレプリカ。
キティホーク(Kitty Hawk)というのは、空母の名前が有名ですが、もともとはノースカロライナ州の町の名前です。
ライト兄弟が初飛行した場所はノースカロライナ州なので!

IMG_8786.jpg

なんかナウシカのメーヴェみたいな乗り方だね!まさか着陸は自分の足で・・・?

IMG_8784.jpg


この博物館の目玉は、2009年、離陸直後エンジンに鳥が飛び込んで両エンジンが停止し、そのままニューヨークのハドソン川に着水して乗員乗客全員が奇跡的に助かった事故の、事故機が展示されていることです!!

IMG_8798.jpg

USエアウェイズ1549便 です。

この事故、死者が出ていないのは機長の判断と腕がめちゃくちゃ良かったからで、普通だったら墜落して全員死亡でもおかしくない事故だったんだよね。

640px-US_Airways_Flight_1549bin.png

空港を離陸したのが15時26分、ハドソン側に緊急着水したのが15時31分。
離陸したばかりで速度も高度も上がってなく、ただでさえ不安定な状態にバードストライクで両エンジンが停止し、元の空港に戻ることすら不可能という超ヤバい状態で、離陸後ほんの3、4分で管制塔とやり取りしながらハドソン川にかかる多くの橋やら大量の船舶やらを避けて、一人も死者を出さずに着水できるってものすごいことだよな!!
着水着陸って、地面に胴体着陸するのと同じようなものっていうから、ものすごく難しい技術らしい。

そんな奇跡の機体が、なぜかこの地味な博物館に展示されています。
機体はいったん川に水没したのを、引き揚げたとのこと。

IMG_8817.jpg

胴体の底部分が、はがれている。

IMG_8815.jpg

後ろの部分はもげている。

もげていたり壊れているところはあるけど、こんな綺麗な状態で着水させたのは反対に驚き!!
事故機を見れる機会なんてそうそうないから、かなり貴重ですよ!
バードストライクはけっこう頻繁にあることで、羽田空港でも年間100~150件くらいは起きているみたいです。
一応、普通の旅客機なら1,8キロの大きさの鳥までは耐えられるみたいですが・・・・

ところで、こんなでかいのどうやってニューヨークからシャーロットまで持ってきたん!?って思って調べたら、普通に道路走って持ってきたみたいです。さすがアメリカ・・・・やることがデカすぎるわ!

flight1549tow13.jpg




外にもいくつか展示があって、展示スペースのすぐ隣が滑走路になっており、シャーロット空港の離陸、着陸が見放題です。

IMG_8865.jpg

IMG_8860.jpg

離着陸がかなり近くで見れて、面白い!

シャーロット空港は離発着数、世界第7位。だからすんごい離発着多い。見てたら、だいたい1分おきに離陸か着陸かどっちかやってますね。

シャーロット上空にあるリアルタイムの飛行機の動きがスクリーンで見れました。

IMG_8876.jpg

飛行機がぎゅーっと集まってる部分がシャーロット空港ですね。しっかし随分たくさん飛んでますよね!!
管制塔は、よくこんな過密状態で指示が出せるな~!


お土産ものはショボイです。

IMG_8867.jpg

空白が目立つお土産棚

IMG_8870.jpg

ハドソン川に緊急着水した記念はがき。。。。使い道も飾り道もないような。

IMG_8782.jpg

う、う~ん・・・ 欲しくない・・・

小規模ながら、なかなか貴重なものが見れて、楽しかったです。

Carolinas Aviation Museum ホームページ

<開館時間>
月~金 10時~16時
土曜 10時~17時
日曜 13時~17時
関連記事
スポンサーサイト

Re: タイトルなし

こんばんは、いつも見ていただいてありがとうございます。そうなんです、あと半年ちょっとくらいで正式帰国なんですよ~。慣れたころに帰国で寂しい限りですが・・・ まだしばらくはいるので、その間できるだけいろんなところに出かけてブログ更新も頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!
[ 2015/02/10 14:21 ] [ 編集 ]

いつもぶろぐ拝見させていただいてます。
帰国されちゃうんですねー、残念です。。。
[ 2015/02/10 12:03 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

いつも見てくれて、ありがと~!
ヒマな割になんだかんだ、ネタには困ってないよ(笑)
こっちは広くてスペースがあり余ってるから、ああいう展示もどーんっとやれちゃうんだよね。
事故のあとすぐ、事故機をオークションにかけてることとか、運ぶ時にビニールをかぶせるでもなく、おもいっきりむき出しで運んでるのもアメリカらしくて笑える。
こういった理系博物館ではお土産がダサい・しょぼいことが多いので、毎回楽しみにしてるんだよ(笑)

[ 2015/02/05 01:19 ] [ 編集 ]

毎日ブログをチェックしてるよ~(^-^)/
共感する事も多くて、ブログ読みながら頷く日々(笑)

展示してある物のスケールの大きさと、お土産のギャップが笑える(*≧艸≦)しかしすごいね!!着水した機体を目の前で見れるって日本では難しいよね。場所的なのもそうだけど、日本だと生々しいのは展示しなそう。いつも保守的だから。その点アメリカはありのままでワイルドだね。
[ 2015/02/04 20:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。