2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Reedy creek parkで変な鳥に会った

あの15名様分ケーキと、大量のローストビーフは2人で3日間で食べきりました。
ケーキの3分の2は私が食べたので、摂取した砂糖の量は・・・・・  いやー、運動しなければ。


時々、気軽な散歩に利用させてもらってる、Reedy creek parkに行ってきた。
シャーロット周辺の中ではこじんまりした公園ですが、十分トレイル歩きが楽しめるところ。
子供用のブランコなど、遊具もありますよ。

公園に入ってすぐ、変な鳥を発見。
ベンチ&テーブルの下でなんやら怪しい動きを繰り返してイチャコラしている2羽。

IMG_7828.jpg

頭はニワトリみたいだけど、しっぽと足はカモなんだよな~
ずーーーっと、「あっち向いてホイ」の同じ方向を向くバージョンをやり続けている。
「あっち向いてホイ!右!」「あっち向いてホイ!左!」「あっち向いてホイ!下!」とか、延々と。
すっごい息がぴったりな時と、ずれてめちゃくちゃになるときがあって、しかもすっごい息がハアハアしてて(笑)真剣そのもの。
あまりに面白くて興味津々で眺め写真など撮っていると、見られているのが気に入らないらしく「ジロジロ見てんじゃねえぞコラァ!こちとら見世物じゃねえんだぞ!」って感じでこっちに突進してきて、足に向かって攻撃を始めた!
あらすいませんねー、と距離を置くも、鼻息荒くフンガー!!とすっかりおかんむりで、追いかけてくる(笑)
カモにしちゃあ随分と荒くれ者である。

IMG_7848.jpg

多分左が♂、右が♀かな~。
攻撃してきたのは1匹だけだったから、多分♂がランボーなんだと思う。

IMG_7845.jpg

どっからどー見ても、ニワトリ顔なんだけどなー
あとからネットでしつこく調べてみたら、ノバリケンという名前の、カモ目カモ科、生粋のカモだということが判明。

wikiにはノバリケンを家禽化したものがバリケンである。」ですと(;´∀`) なんすかそれ。
いや、ノバリケンでもバリケンでもバリカンでもメリケンでもなんでもいいんすけど(笑)
英語名ではMuscovy duckという。

どうやら、カモのくせに、樹の上で暮らす変なカモらしい。あの足でどうやって木登りするんだろ!?
しかも一夫多妻制。めずらしー。

考えられうるあの変なふるまいの理由は、

① 単純にオスがメスに求愛していた
② メスが惚れたオスに逆プロポーズし、「俺の動きについてこれたら考えてやる」と言われた
③ あっち向いてホイをしていたが、本来は違う方向に向くという定義を間違えていた
④ 首の筋力を鍛えるトレーニング中だった

のどれかだと思うんだけど・・・

トレイル歩きをして、もう一回バリケンさんがいた場所に戻ったらあのベンチでインド人が盛大にバーベキューを始めていて(笑)追い払われたのか、もういなくなっていた。
うーん、あまりに気になる鳥だったからまた会えるといいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。