2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンクス・ギビングデイのホームパーティに行った!

おととい帰国したばかりで、二人ともまだ時差ボケ調整中。
そんな今日は、アメリカのサンクスギビングデイ(感謝祭)です!
サンクスギビングデイはアメリカでは、11月の第4木曜日に行われます。
ハロウィンやクリスマスはアホみたく盛り上がる日本、なぜかサンクスギビングデイはいまいち馴染みがありませんね。
私自身、サンクスギビングデイのことについてはほとんど知らなかったのですが、イースターやハロウィン、クリスマスとは違い、現在ではキリスト教とはほとんど関係なく、収穫の恵みに対して感謝する日、ということです。Wikiなど見ると本来は原住民の悲劇を含む色々重い逸話があるようですが・・・・ 一般市民にとっては、単にターキー食い倒れの日、と言う感じです。家族、親戚が集まり、ひたすら飲んで食べてだらだらする、という日本でいう正月みたいなもの。

今回、アメリカ人の家庭で行われるサンクスギビングデイ・パーティに招待されたので、アホ面さげてノコノコ顔出してきました。
一応、手ぶらで行くのもなんなので、昨今パウンドケーキ職人と化している腕を活かし、さつまいものパウンドケーキとマフィンを焼いていった。

IMG_6219.jpg

ほら、一応こんなラッピングまでして。
他に、日本で買ってきた抹茶味のキットカットとか、浜松土産うなぎパイとか(笑)、日本酒などを手土産で持って行った。


招かれたお宅は、旦那がアメリカの職場でお世話になってる、エリックさん。どーやら、けっこうエラいマネージャーさんらしく、家に着くとガレージにポルシェ2台含む車3台持ち、上流階級臭がプンプン・・・推定年収数千万。アメリカは完全に実力社会だから、出世すると日本よりもかなり稼ぐんだよね。 こんな金持ちの家に私のようなアホが足を踏み込んでいいのだろーか!
家の中に入ると、エリックさんの娘さんやその旦那さん、おじいさんおばあさん、お孫さんなど要するにエリックさんファミリーのみ。そりゃそうだ、基本は家族だけで過ごすんだから。部外者(しかもかなりの部外者)は、私と旦那だけ・・・
エリックさんは他の同僚も同様に誘ってくれたようだが、都合が合わず、現れたのが私と旦那だけだった、ということだった。
こりゃ~困ったことになった、はたして会話が持つか!? 筋金入りの人見知りやで、わし。旦那以外、この場にいる全員と初対面やで。パーティだけは勘弁、と思って生きてきた人間やで。いろいろと不安がよぎる。
不安を抱えたまま自己紹介などを終え、食事タイム。
スタートは14時からで、要するにランチ兼ディナーってかんじですかね。


IMG_6223.jpg

テーブルでかいっ。。 なんと12人が座れるテーブル。ぐがが・・・上流階級炸裂。
テーブルセッティングはシックな赤を基調としたシンプルなデコレーション。エリックさんの奥様の趣味がいい。
いや、わたしこういうホームパーティ、マジで初めて。小学校の時の誕生会以来、やってない。いやー緊張する。完全にテーブルセッティングの上流階級っぷりに飲み込まれる、ド田舎育ち約2名(私と旦那)。

IMG_6224.jpg

ペーパーナプキンもターキー(七面鳥)ですよ!

IMG_6221.jpg

食事はバイキング形式で、ターキーをはじめ、いろいろな伝統料理が並ぶ。
伝統的なソースが2種類ある。
クランベリーソース(写真右手前、クランベリーのジャムのようなソース)とグレービーソース(写真中央、ターキーの肉汁と牛乳などを煮詰めたソース)の2種類が用意される。

IMG_6225.jpg

いんげんのサラダ、りんごとナッツとレーズンのサラダ、ターキー、マッシュドポテト、などいろいろ。
ターキーにお好みのソースをかけて食べる。
全体的にあっさりした味付けで、美味しい。アメリカ人が作る料理=くどい、と思っていたので意外だった。ま、ここの奥様がかなり料理上手だっていうのもあるだろうな。

料理を食べながらエリックや奥様たちと雑談。日本の話、アメリカに来てからの話、サンクスギビングデーのこと、エリックさんの趣味について、などなど・・・周囲は全員アメリカ人のためもちろん完全なる英会話であるが、意外にスムーズに会話が続けられたのに自分でも驚き。でも、深く突っ込んでいくことはできない。質問文のバリエーションや語彙がないから。このへんは、もっと勉強しなきゃだな~。
なんとエリックさんは筋金入りのカメラオタクでもあった。フィルムカメラやデジカメはもちろん、なんと大判カメラ、写真を調整するためにパソコン2台、モニター3台設置、自宅に暗室まで持っていた。要するにプロのカメラスタジオと同じようなカメラ部屋があるのだ。

anbako-symmar_ca0.jpg

大判カメラってこれよ ↑
こんなの超オタクじゃないと持ってないよね!?

私も写真を撮るのが好きだというと、カメラ部屋に招待してくれ、あれこれ自慢の品を説明してくれた。私もエリックさんも、カラー写真よりモノクロ写真のほうが好きだという点でも話が合い、とても嬉しかった。
彼が撮った写真もいくつか見せてもらったが、か~なり腕がいい(生意気にも評価させてもらうと)。
カメラの話をしていて、単語がわからなかったのがいろいろあったのだが、「現像する」ということを「develop」と言うらしい。
カメラ関連の単語はマニアックだから全然わからん。また彼に会う時のために、カメラ関連の単語集をまた裏ブログに載せなきゃ。いい勉強になった。

食事が終わってしばらくしたら、デザートタイム。

IMG_6228.jpg

左手前はチョコレートパイ。中央はピーカンという名前のナッツのパイ。右奥はなんだっけ。

IMG_6233.jpg

いやー、デザート色々いただきました!おいしかった!(けどちょっとデザートは日本のに比べるとくどい感否めない・・・)アメリカ人の作ったパイをリアルに食べることができて、感動だ。

IMG_6229.jpg

うちらが持ってった日本酒試飲大会もした。アメリカ人は「サケ」と発音がどうしてもできないみたいで、「サキー」になっちゃうのねえ。日本酒は男性は飲めるけど、女性はやっぱり苦手なかんじだね。
うなぎパイをエリックさんに食べさせましたが、「うーむ」と微妙な顔をしてました。難しいかな~・・・

そんなこんなで楽しい時が過ぎ、夕方帰宅。
「クリスマスの時にはピザを焼くから、またいらっしゃいよ!」とありがたく声をかけていただいた。皆人柄がすばらしく、上品で、また会いたいと思わせるいい人たちだったなあ。

IMG_6236.jpg

ちゃっかりお土産にデザートも持ち帰らせてもらちゃった。
貴重なアメリカのサンクスギビングデイを楽しく過ごすことができて、本当によかった。緊張しっぱなしだし、英語も流暢にとはいかなかったけど、たまにはパーティもいいものだね。
こうやって、ほぼ見知らぬ客を受け入れもてなしてくれるのは、アメリカ人の懐の深さの表れ。
たとえば日本で正月に、旦那の(しかも特別仲がいいわけでもない)外国人の同僚を家に呼んで、接待するなんてありえないですよね!やっぱり他人が来るってのは気を使うことだし、普通は身内だけで気楽にやりたい、って思うよね。そういうのを気にせず招待してくれるところが、アメリカ人の良さなんだろうな。
エリックさん、本当にありがとう!!
関連記事
スポンサーサイト

Re: お疲れさまー

まきぼんさん、ありがとうございます~!私はESLに通っているわけでも習い事をしているわけでもないし、子供もいないのでパーティーに呼ばれる機会はないだろうと思っていましたが、一度でも経験できてよかったです。アメリカ人に何をもってけば喜ばれるか?がよくわからなかったんですよね。焼きそばがウケるとは意外!!うなぎパイが受け入れられなかったのはちょっと残念でした。甘さが足りないのか?? あまりパーティをやる機会はないかもしれませんが、いざってときに寿司ロールも作れるように練習しておこうかなっと思っています!
[ 2014/11/30 14:47 ] [ 編集 ]

お疲れさまー

パーティーお疲れ様でした~。
うなぎパイ 私大好きなのに アメリカ人には イマイチなのかー、、、。
あ、 そうそう、やきそば すっごく喜ばれますよ! 機会があれば ぜひ~! 
[ 2014/11/30 12:25 ] [ 編集 ]

Re: ついにっっ!!

そう、ついにやっちまったわよ。パーティーのことを知らされたのがアメリカ帰ってきてからで、心の準備ができてなかったんだよね!慌ててパーティー会話をネットで勉強したりさぁ。現場に行ってゲストが私と旦那しかいないとわかったときはすごいテンパった。逃げ場がねぇよ‼︎どうするよこれ‼︎て。やっぱり人見知りにとってパーティーは精神的にくるね…
英語がどうこうっていうより、見知らぬ人いっぱい=恐怖、だね。すっげーオーバーに喜んだり褒めたりリアクションしたりして演技入ってる自分に「私は今ここで何をやって…いる…😓」みたいな笑
まあまあ結果的に楽しかったからいいけどね〜




[ 2014/11/30 11:16 ] [ 編集 ]

ついにっっ!!

メンダ子さん!ついにアメリカでのパーティーデビューおめでとうございます!!
まさかの実現に驚いてついつい笑っちゃったわ(笑)
アメリカの良いところ、悪いところ、嫌いなところ、好きなところ。
いろいろ勉強になるね。
私もメンダ子さんを通じてアメリカ文化を知れて楽しいわ〜♪
[ 2014/11/29 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。