2015 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テキサス州 サンアントニオ観光③ アラモ砦

リバーウォークに並ぶサンアントニオ観光の目玉といえば、アラモ砦
アラモ砦は別名アラモ伝道所とも言い、スペインがキリスト教伝道と要塞の両方を目的に建てた建造物です。

アラモ砦を紹介する前に、スペインーメキシコーテキサス州の関係性および歴史的背景にすこし触れておかなくてはいけません。
テキサス州の歴史をおおまかに説明すると以下の通りです。

① 1690年~1821年までテキサス州はスペイン領だった
② 1810年~1821年のメキシコ独立戦争の結果、メキシコがスペインに勝利しテキサス州はメキシコ領となった
③ メキシコが勝ったものの、テキサス州は人口がとても少なくアメリカ移民を中心に入植者を募集
④ テキサス州にアメリカ移民が急増。自治を求めて1835年にテキサス軍とメキシコ軍の戦争が起きる
⑤ テキサス軍が勝利し「テキサス共和国」として独立宣言するも、1845年アメリカ合衆国に併合される
⑥ 1846年、テキサス州をめぐってアメリカーメキシコ戦争が起きる
⑦ 1847年、アメリカの勝利。メキシコはテキサス含めカリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、ワイオミング、コロラドなどメキシコ領土の3分の1を失う。


テキサス州にアメリカ移民を呼び込んだことが、アダとなってしまったのですね。
入植者を募集してあっという間にアメリカ移民だらけになり、メキシコは慌てて移民禁止令を出しましたが、時すでに遅し、テキサス独立の動きになってしまったわけです。
当時メキシコ支配下では奴隷売買が禁止されており、奴隷の子供は身分が自由になる事が保証されていました。
その頃南部諸州では奴隷労働による綿花貿易が大変栄えていましたので、テキサス州も奴隷制を復活させたかったのです。テキサス州が独立を求めた理由のひとつは、「奴隷制の復活のため」とも言われています。

さて、上記、④のテキサス軍とメキシコ軍の戦いの中の、初期段階で「アラモの戦い」というものがありました。
アラモ砦にたてこもるテキサス軍190人をメキシコ軍4000人が撃破し、テキサス軍は全滅しました。
アラモの戦いではテキサス軍が負けたのですが、この悔しさをバネにテキサス軍は一致団結し、最終的にメキシコ軍を打ち負かし、「テキサス共和国」を樹立することができたのです。
まあ簡単にいえば、テキサスの人にとって「アラモの戦い」はテキサス魂を呼び起こすような、非常に大きな意味を持つ戦いでした。太平洋戦争における「リメンバー・パールハーバー」みたいなものだということです。



そんなアラモ砦、日本人には全然なじみがありませんがテキサスといえばアラモ砦、というくらい大変有名な観光地です。
リバーウォークから歩いて行ける距離にあり、年中無休で入場料が無料なので、常に多くの観光客でにぎわっています。
建物の保存状態も良い。

IMG_0746.jpg

IMG_0744.jpg

ここで亡くなった多数のテキサス軍の兵士のために、現在でも多くの花が手向けられている。
内部は当時の銃、旗、物品など多数展示されています。内部は写真撮影禁止でした。




アラモ砦の庭では、たくさんのサボテンが花を咲かせていました!

IMG_0766.jpg

IMG_0762.jpg

サボテンの花、初めてみた!こんなふうにトゲからでてくんだねー
サボテンっていいよね。武器にもなりそうだし。
手裏剣みたいにサボテン投げたら、けっこうダメージ与えられると思わない?
ひたすらサボテンをちぎっては投げ、ちぎっては投げ、で戦うサボテン祭りみたいなものがあってもいいよね。地味だし痛いか?

話がそれた。
この日はなんと、The Battle of Flowers Parade という、アラモの戦いを記念した伝統的なパレードが行われていました!
このことをまったく知らずにアラモ砦を訪れたのですが、年に一度の、アラモ砦の兵士をたたえる記念すべきパレードの日に運よく当たったんですねー、引きの強さにびっくりです。

IMG_0612.jpg

IMG_0627.jpg

パレードは毎年35万人が訪れるそうで、かなり盛大に行われていました。
パレードは郊外からアラモ砦に向かって、ディズニーのパレードみたいな感じで進んでいきます。パレードは雰囲気や色遣いなどすごいメキシコなかんじ。
このパレードのせいで通行止め、交通規制、渋滞しまくりで駐車場に停めるのがすんごい大変だった。でも貴重なパレードを見れてよかったです。



スポンサーサイト

テキサス州 サンアントニオ観光② リバーウォーク

サンアントニオ、ややマニアックながらアメリカ人には人気のある観光スポットですね。
日本からの直行便がないところのほうが、実は面白い観光スポットだったりするんだよね~


さて、サンアントニオに来た観光客が必ず訪れる、代表的なものに「リバーウォーク」という場所があります。
イメージはそう、イタリアのヴェニスのようね・・・・ってヴェニス行ったことないから知らんけどな!
街中に張り巡らされた水路に沿って、たくさんのレストランやショップが立ち並ぶとてもお洒落なスポットです。

IMG_0838.jpg

水路はさほど大きくないけれど、観光船が2台すれ違えるほどの幅はあります。
この水路沿いを、絶えず観光用ボートが行き来してます。
お店がほんとにたくさんあって、気に入ったカフェに入り、気に入ったショップに入り、というふうにぶらぶら歩いているとあっという間に数時間が過ぎる。

IMG_0723.jpg

残念なのは、川の水が汚い!!川の流れはゆるくほぼ停滞していて、ごみもけっこう浮いてるし、大阪の淀川みたい。
これがすきとおった綺麗な水だったらもっと雰囲気出るんだけどね・・・

ココに来たら観光ボートにはぜひ乗ってみてください。一人8、25ドル。
船頭さん?が建物の説明、街の歴史やらなんやらをしゃべりながら水路を隅々まで周ってくれます。
トータル40分くらいはかかりますが、内容が濃くてけっこう楽しいです。

IMG_0864.jpg

我々の船を操縦している陽気なオッサンはジョーク好きで、どっかの見知らぬカップルをひやかしたりイジったり、皆でゲラゲラ大笑いでした!

IMG_0881.jpg

観光客も南米顔の人が多かったですね~
サンアントニオに住む人の約6割がヒスパニック系だそうですよ。
けっこう中国人には会ったなあ。アジア人は写真ばっかり撮ってるからすぐわかる(笑)

IMG_0912.jpg

水が豊富だからか、水路沿いには神社の御神木並みの、大きな木がすっごいたくさん生えていてびっくりしました。


ランチは適当に店を選んだ。
海鮮ものが食べたく、カニ、貝、ロブスター&とうもろこしのオーブン焼きみたいなのを食べた。美味しかった!

IMG_0645.jpg











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。