2015 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウィルミントン観光① THE COTTON EXCHANGE(綿花取引所)

さて、MONSTER JAMでエキサイティングしたあとは一路、ウィルミントンへ。
シャーロットからは直線距離で3時間半程度で着きます。

ウィルミントンはシャーロットの南東方面、大西洋に面した港町です。
ここはイギリスの入植地で、ウィルミントン、という名前はイギリス人のウィルミントン伯爵にちなんだものです。
1739年に正式な町となり、1840年~1900年頃まではアメリカで最も大きな町としてたいそう栄えたそうです。
プランテーション農園で栄えた南部の中心的な港町ですから、ここから多くの綿花が輸出されていきました。

その綿花貿易を象徴する、THE COTTON EXCHANGE(綿花取引所) という史跡があるので、行ってみました。

IMG_0003.jpg

アメリカの古い建物といえばこの赤レンガ。
くすんだ茜色というか、赤緋色というか、これがほんと、いい雰囲気醸し出してますよね。

IMGP7219.jpg

IMGP7223.jpg


少しだけですが、綿花貿易に関わる品々が展示されています。ほとんどは内部も外部もお洒落なレストラン、アンティークショップ、お土産屋などのテナントに取って代わり、観光の目玉となっています。

IMGP7427.jpg

このようなショップをぶらぶら立ち寄っているだけで、何時間も経ってしまいそう。

IMGP7206.jpg

IMGP7419.jpg


この歴史を感じる壁、たまらないわ~。
あの手裏剣みたいなボルトがまたよろしい。

大西洋に流れ込むケープ・フィアー川沿いに歩道があり、歩道沿いにはお洒落なレストランが立ち並び、観光客でにぎわっています。

IMGP7365.jpg

IMGP7360.jpg

今、アメリカはハナミズキが満開で、まるで桜のよう。
ハナミズキのお陰でお花見気分を少し味わえました。

IMGP7399.jpg

ケープ・フィアー川沿いを歩いても気持ちいいし、路地裏をふらふら歩くのもこれまたいい。

IMGP7387.jpg

こういう朽ち果てつつある、退廃的な雰囲気が大好物。新築の綺麗すぎる建物、きちっと整備されすぎた道路には魅力を感じません。退廃的なところに人間味を感じます。


ハエ捕り草のオブジェ!! So cool!これはセンスいい!一目ぼれしました。食虫植物最高!自宅に飾りたい(笑)

IMGP7393.jpg


スポンサーサイト

激熱すぎるぜ! MONSTER JAM

この土日はサウスカロライナ州フローレンス➡ノースカロライナ州ウィルミントン、と1泊の旅をしてきました。

サウスカロライナ州フローレンス(Florence)などという、マニアックな町にいったのは、MONSTER JAMというモンスタートラックのイベントを観に行くためです!
シャーロットでもやったけど、フローレンスのほうがマニアックな小さい都市で、チケットが安かったんですよ。20~25ドルくらいかな。安いし、席も前のほうで観れるしってことで。

日本ではMONSTER JAMってやってないと思うんだけど、ま~日本人はやらないだろうな。
こんなイカれたモーターショー、アメリカ人しかやらないだろっていう、まさにアメリカンなイベントです。

フローレンスまで2時間半ほど田舎道を運転しまして、Florence civic center いわゆる市民会館に着きました。
どーやら、アメリカでMONSTER JAMは男の子に大人気みたいで、ほとんどは5~10歳の男子の子供連れ!
びっくりしました。こんなに子供に大人気とは・・・

IMG_9720.jpg

普通の市民会館に土を敷き詰めて、中央に土を盛って、そこをモンスタートラック(4輪駆動車のモンスター版)が走り回るわけです。
この市民会館は小規模なので、かなり狭く感じます。こんな狭いところを、こんなでかい車が走り回るなんて・・・

IMG_9801.jpg

モンスタートラック、デザインがなにしろ邪悪です(笑)
タイヤだけで私の身長より高さありそう。
改造しまくり、どこまでもリフトアップ。うーん、なんとも邪悪なマシンだ・・・
会場にはヘヴィメタ、ハードロックなミュージックが流れ、ボーカルのシャウトとともにモンスタートラックが爆裂エンジンをとどろかせます。清く正しいほとんどの日本人はきっとドン引きすることでしょう。


一応コンペティションなので、早さ、フリースタイル、などで6台のモンスタートラックが各々の技を繰り出して競います。

さあ、一発目走りだしたのは ゾンビー (笑)


IMG_9744.jpg

垂直になりーの

IMG_9745.jpg

転びーの(笑)

出オチかよ!!

IMG_9750.jpg

ただちにひっくり返しーの

IMG_9846.jpg

片手モゲーの(笑)

顔がゆがんでいたり歯が欠けて見えますが、それは最初からです(笑)

ゾンビーの横転でつかみはオッケーということで、競技が続きます。

IMG_9758.jpg

ジャンプを競ったり。
あの狭さであまり加速できないのに、よく飛ぶわーー

IMGP7146.jpg

これはドーナツターンといって、フィギュアスケートのスピンみたいに高速でクルックル回転するのです!!
このモンスタートラックのタイヤは1本400kg!の重さ、船舶用のエンジンで1500馬力ほど出すそうです。
ミッションはハイとローの2速のみ。まさに暴れん坊将軍。

フリースタイルの審査基準では、 壮大なクラッシュを引き起こすような状況を作れたか」などという基準があるらしい。
アホかー(笑)と言いたくなるがそこがいい。

最終的にゾンビー号はこんなんなりました。

IMGP7164.jpg

かろうじて歯型だけが残りました(笑)



この会場は小さいのでこれでもおとなしめの競技内容でしたが、ラスベガスとかもっと大きな会場ではもっと派手に、脱輪、横転しまくり、しまいにはほとんどの車が壊れているみたいな超クレイジーな内容みたいです。
スポーツというか、もう会場沸かせたもん勝ちっていう、ブレイクダンス対決みたいなもんですかね。

モンスタートラック以外にも、ミニバイクとか自転車なんかも出てきて盛りだくさんで、メチャクチャ面白かったですよ!

ただ、必需品があるのでこれだけはお忘れなく。

IMG_0005.jpg

ヘッドフォン!!

も~、真横でジャンボジェット機が飛び続けているような、凄まじき爆裂エンジン音なので!!
ヘッドフォンなしで観たら鼓膜破れそうでした。。。ここは特に会場が小さかったから音がよく響いて大きかったのかもしれませんが、ほんとすごかったです。
私たちはそんなこと知らずに会場に行って、隣の席のアメリカ人に「すんごいうるさいからヘッドフォン買ってきたほうがいいよ」とアドバイスをもらって、わざわざ購入したのでした。これが1個25ドルもして、二人で50ドルの思わぬ大出費になってしまった(悲)



チケットは、MONSTER JAM ホームページ から買えますよ。

残念ながら今年1月にシャーロット、2月にローリーでやったばっかりなのでシャーロットにはしばらく来ないですね。
近いところでは、4月の17~18日にノースカロライナ州ファイエットビル(Fayetteville)、かな。
そのあとノースカロライナ州にMONSTER JAMがくるのは1年後くらいになりそうです。

むっちゃくちゃイカれてて面白いから、機会があったら是非観に行ってくださいね!!

YOUTUBEでもみれるよ















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。