2015 01123456789101112131415161718192021222324252627282015 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スポンジが上手く焼けなかったので反省してみる

旦那の誕生日ケーキを作ろうと思って、今日、先にケーキのスポンジだけを焼いたのだけど、やっぱりイマイチな仕上がり。
ほんと、単純な作業なのに難しいっ!!

スポンジを焼く前に、たっくさんのスポンジの焼き方レシピを読みこんで、YOUYUBEにアップされているスポンジの作り方もいろんなパティシエのを何度も何度も見た。人によって違うところもあるけど、共通してだいたいこういうことが大事なんだな、というのはわかってきた。
ただ、実際やってみると思うようにいかない!!
まあ、人生でスポンジを焼いたのが3回目だからしょうがないっちゃしょうがないんだけども~<(`^´)>


この場を借りてで申し訳ないですが、スポンジ作りの注意点をおさらいさせてください。
これからこの注意事項を毎回見ながら、作るようにしたいので。


<準備段階>

・冷えた卵を使わない、必ず室温に戻してから。
   ➡理由 冷えた卵だと泡立ちにくいため
・粉はふるっておく
・オーブンを予熱しておく
・砂糖の量を勝手に減らさない。砂糖を減らすほどふんわり感がなくなる
・型にしく敷き紙は、わら半紙がベスト。(ケーキ用のクッキングシートならOKだが、クッキー用のは焼き縮みしやすいので×)

<泡立て段階>

① 卵を割ってすぐにハンドミキサーにかけない。まず手動で解きほぐすこと
② 解きほぐしたら、湯せんにかける前に砂糖を一度に加えること
   ➡理由 湯せんで卵の温度が上がり過ぎるのを防ぐため
③ 卵は湯せんにかけながら泡立てる(湯せんの温度は65℃、卵の温度は30℃~40℃にする)
   ➡理由 温めると卵の表面張力が弱まり、泡立てやすくなる。
④ 泡立て終了の見極めサインは、「泡のプツプツが表面に見えない状態」「つまようじを立てても倒れない状態」
⑤ 泡立ての一番最後は手動、もしくはハンドミキサー低速にしてキメを整える
   ➡理由 泡の大きさを均等にすることで、スポンジの食感がなめらかになる

<薄力粉、バターを合わせる>

⑥ 薄力粉は全体に散らしながら、一度に入れる
⑦ 泡をつぶさないように、さっくり全体を混ぜ、生地の一部を溶かしバターに別個になじませてからボウルに戻す(バターを直接生地に入れないこと!)。バターは50℃くらいに温めておくこと。
*ここでもたもたしない!バターを混ぜたらささっと混ぜてすぐ焼く!


<焼く~焼いた後>

⑧ 生地が混ざったら手早く型に入れ、トントンと落として気泡を抜く
⑨ 170℃で25分程が目安。焼き始めたら20分は絶対オーブンを開けない
⑩ 焼きあがったらすぐやることは、一回トン!と落として空気を抜くこと
⑪ すぐにひっくり返して型から外し、冷ますが、シートははがさない
⑫ スポンジは当日じゃなく作った翌日のほうがしっとりなじんで美味しい



こうやって、注意点を並べてみて、1つ1つの事項に対して自分がちゃんと守ってできていたか、というとやはり雑になってしまった、はしょってしまった部分があるんですね!!
卵をちゃんと室温に戻してなかった、泡立てが足りなかった、湯せんの温度が低かった、、、、、かなり、雑な部分があったことがよくわかりました。イマイチな仕上がりで当然ですね。
てか、型がなくて陶器で焼いてるのも超イレギュラーなんですけど(汗)
しかも、アメリカは電圧が高くて日本の時間数よりも早く焼けてしまうんですよね・・・ブツブツ。


とにかく、この一連の注意事項すべてが頭に叩き込まれ、完璧に行動に反映されるまで何度も何度も作り続けます!!
毎月ケーキ焼いてやりますわー!
まずは、ちゃんと生地を作れるようになる!が目標です。がんばろう。
(なぜこんなにお菓子作りに燃えているのやら(笑))


スポンサーサイト

雪とはにわクッキー

前回降った雪はいったん溶けたんだけど、昨晩また雪が降ってけっこう積もりました。
アパート内の風景です。

IMG_9485.jpg

IMG_9493.jpg

旦那はいちおー今日誕生日なのですが、残念ながら今日から出張です。
雪のせいで、昨日いったん飛行機キャンセルになったんだけど、時間を変更してなんとか飛行機飛んだので、よかった。
土曜にいったん帰ってくるのでそんときにバースデーケーキかな。土曜に帰って翌日からまた出張で数日不在なので、慌ただしい。さらにその次の週も出張で、いや~大変ですこと!!
旦那、毎月2,3回飛行機伴う出張生活、をもう1年半近く続けてるのよね~、飛行機恐怖症の私には耐えられん!
ま、私も2014年4月に日本を出てから、この10か月で18回(単純に離陸した回数)飛行機乗ったのよ~!( ゚Д゚)
よくそんだけ乗ったわ。下痢バラになりながらも。
飛行機、何度乗ってもあんまり好きになれないなー・・・


さて、旦那もいないし、ヒマつぶしにクッキー作ったったー!

IMG_9503.jpg


見よ、この超低クオリティのはにわクッキーを!!

幼稚園児レベル(笑)

一応、マリリンモンロー的にエロぼくろをつけて、エロカッコイイはにわにしたんだぜ!

あまりにひどい仕上がりに、むしゃくしゃして髪の毛つけてみたり。

IMG_9508.jpg

IMG_9509.jpg

なんでハニワかって?
はにわが好きだからさ!(笑)
クッキー生地にはこないださつまいもチーズケーキ作った時裏ごしして余ったさつまいもペーストを入れてある。
これはこれで旨い。

それにしてもクッキー生地って、すぐネバネバしてきちゃってけっこう成形が難しいね!
もうちょっと粉多めにすべきだったのかな。

さつまいものベイクドチーズケーキ

狂ったようにお菓子作ってます(笑)
記念日にとか週末にやろうとかじゃなくて、もうとにかく作りたいんです!今やりたいんです!(笑)
もともと何かハマると盲目的にのめりこんでしまうところがあり・・・ 
作りたいお菓子の候補が、ずらーっとあるんですよ。これ作ったら次これ作ろう、ってもう決まっていて。
新しいものも作りたいし、同じものを何度も作って練習もしたい。
日本に帰ったらお菓子教室習いに行きたいなー!

ってことで、今日はさつまいものベイクドチーズケーキ。
かかってる費用は350円くらい。
チーズケーキホールで、350円なら安いよね!買ったら1500円くらいいくでしょ。やっぱり自分で作ると節約になるな。

IMG_9456.jpg

・牛乳 200ml
・卵 2個
・クリームチーズ226g
・砂糖70g
・薄力粉 15g
・さつまいも 1個

これもうまーい!
スイートポテトみたい。
さつまいもは何でも合うな。

IMG_9461.jpg

丸い焼き型は直径23センチのアメリカンサイズしかないので、直径15センチの陶器のココットを買ってきて、代用しました。
なんとか形になったけど、やっぱり扱いにくい。
あー、15センチ&18センチのセルクル型の焼き型、ほしー!!

IMG_9453.jpg

ベイクドチーズケーキは3回目なので、慣れてきた。
やっぱり場数を踏むことが大事!


お気に入りベーカリーカフェ Panera Bread

なんでもっと早く行かなかったんだろーー!!って後悔、ベーカリーカフェ「Panera Bread」に行ってみました。

IMG_9433.jpg

今まで知らなかったんですが、Panera Breadは40か国で1800店舗、アメリカでは1000店舗以上展開している。
スタバ並みにめちゃ有名な、急成長中のベーカリーカフェみたいです。地図見たらシャーロットだけでも10店舗くらいあった。
なんで今まで気づかなかったのだー<(`^´)> 
ここは、居心地が良くて、ほんとおいしい!
サブウェイをお洒落にした感じ、もしくはスタバでご飯が食べれるようになったらこういう感じ、っていうかんじ(笑)


IMG_9434.jpg

おいしそうなパンがいっぱい。

ここはスタバ同様、最初に会計する方式なのでチップ不要。
ドリンクはカウンターでもらい、適当に席に座り、オーダーしたパン等は店員が席まで持ってきてくれる。

「You Pick Two」というものをオーダー。
21種類のサンドイッチ等のハーフサイズ、5種類のパスタ・ハーフサイズ、10種類のサラダ・ハーフサイズ、7種類のスープから2種類好きなのを選べるセット。
種類が多すぎてしかも全部おいしそうでなかなか決められない!

IMG_9436.jpg

こんなかんじ。
サンドイッチ4.79ドル、トマトスープ3.59ドル、チャイラテ3.79ドル。
なにげに一人1200円くらいいったわww
あとからわかったことだけど、普通のコーヒーをオーダーすれば、4種類のコーヒーが飲み放題だそうです。
パンもスープもボリュームあってめっちゃうまいし。
サンドイッチ、パニーニはこれ、ハーフサイズですか?っていう大きさ。
十分、日本の1人前のサイズです。
なぜかフランスパン(中央)もついてきました。食べきれないので持って帰りました。

ドリンクも、カフェモカ、キャラメルラテ、チャイティーラテ、スムージー等スタバにありそうなものはひととおりある。
チャイティーラテ、スタバの味に慣れてたのでちょっとシナモンが強く感じました。
全体的に味のレベルが高く、お客さんもひっきりなしにきて並んでたので、やはり人気店なんですね。
無料Wi-Fiもありますし。
携帯から事前に予約もできるみたいです。

スタバもサンドイッチとかあるんだけど、ぶっちゃけあんまりおいしくないじゃん?
でも、ここのパンは作りたてだから、美味しいんですよ!
それだけじゃなく、ちゃんと食品の安全性にこだわっていて、ホルモン剤を打っていないチキンを使うとか、パンは添加物を入れず、当日お店で焼くとか。健康的なファーストフード店ですね。
これはまた行かないと~!!
てか、日本に進出してほしいわ~!




失敗チョコプリンとリベンジプリン

IMG_9412.jpg

ふつーのプリン
・牛乳 200ml
・卵 2個
・生クリーム 50ml
・バニラエッセンス 1摘
・砂糖 60g

プリン液はかならず濾す。
お湯を張ったトレイに入れて、アルミホイルでココットにふたをして150~160℃くらいのすが立たない程度の低温で、オーブンで蒸し焼き。




実は、前日チョコプリンを作りましたが見事に失敗しました。
こんなの簡単だろーとタカをくくっていたのです。

牛乳を温め、砂糖とゼラチンを入れ、そのまま火をとめてチョコと生クリームを入れがーっと混ぜたら見事にチョコが分離。
できあがりは、すんごいざらざらした食感の、しかもあまり固まらずどろどろしたイマイチなプリンになってしまった。

IMG_9429.jpg

いろいろな意味で失敗した、このチョコプリン・・・

一番大きな失敗、「チョコが分離してざらざら食感」。
失敗をふせぐための対策は以下のとおり。

① あらかじめチョコを湯せん溶かし、鍋にチョコではなく、チョコ側に温めた牛乳を投入する 
② チョコを投入したらすぐ混ぜないでしばらく置き、ゆーっくり混ぜる 
③ チョコと生クリームを同時に入れない
④ 生クリームを加熱しすぎない
⑤ 水分が入るとアウト、水を絶対入れない
⑥ むしろ生クリームを入れない 

などなど。ほんと、ちょっとしたことで失敗するんですね!!

牛乳を温めるときは60℃以上にしてはいけない。
プリンのカラメルソースも、水と砂糖をすぐかき混ぜてはダメ、だそうで。
砂糖が自然に溶けるまで待たないと、砂糖が再結晶化してしまうんだそう。
カラメルソースを後から上にかけるか、先に下にしくかでカラメルソースのレシピが変わってくる。
卵黄の油分と卵白、牛乳の水分をしっかり乳化させないとなめらかにならない!
いやー、お菓子作りはほんと科学実験だな!!手順を守って正しいやり方でやらないとダメなんだな、と改めて感じさせられた失敗でした。


チョコレートプリンはやめて、早速リベンジで作ったのが、一番最初の写真のふつうのプリンってわけです~!
こっちはうまくいきました。めっちゃうまかった!やっぱりまずは、基本をおさえてからね!!













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。