スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヨガ4回目&英語の勉強について

土曜日から始めたヨガ、土、日、火、木とすでに4回目を迎えました。
ヨガのほうは少しずつ慣れてきて、簡単なポーズは大丈夫だけども、あとは柔軟性のなさをなんとかしたい。
こればっかりは家でこつこつやるしかないなあ。
比較的小人数だし、私がビギナーってのも最初に言ってあるので、先生がよく姿勢を直しに来てくれてありがたいです。こじんまりした教室の利点はそこだね。何回も来てると、この人前もいたなあ、とかよく来る人だなあとか顔がわかってくる。
私はこのヨガ教室唯一のアジア人ぽいから、多分誰より目立ってるような気はするけど・・・

私がヨガをスタートした理由は身体を動かしたいってだけじゃなくて、やっぱり習い事を通して英語力を向上させたいっていうのもあるから、そっちも努力していかなきゃいけない。

こっちにきて、英語の勉強法もがらりと変わりましたしね。
日本にいたときは、やたら「まず単語を覚えなきゃー!単語単語!」ってなったりとか、スピーキングのためにフレーズいっぱい覚えよー!とかいろいろしてたんですけど、こっちに来て一番優先すべきはリスニングだってことに気づいた。
ほんでもって、リスニングができるようになるためには、自分の発音を矯正しなければいつまでたっても聴けないということが判明した。
日本での勉強って、単語、文法、リーディング、英会話(自分がしゃべるワードを覚えること)に重点を置いていて、絶対リスニングと発音を軽視してる、ナメてると思うんです。特に発音。

リスニングと発音がいかに大事か、よーーくわかったので、そっちの勉強を重点的にやり始めました。毎日シャドーイングしてます。日本にいたときは、シャドーイングってすげーなめてた。やったことなかった。でもやり始めたら、英語が聞き取りやすくなったし、発音が良くなってきた。
あと、日本で英会話スクール行ってた時は教材が与えられて、それにそってやってりゃいいだけだからとてもラクだった。
でも受け身でいたときは、こうやって、自分が必要な単語って何、本当に自分が話したいフレーズって何、聞き取れないワードって何、じゃあ何から優先づけてやるか、どういう方法で、どういうツール使ってやるか、とかあまり考えなかったし、随分と的外れな勉強もたくさんしてたと思う。
住んでいる場所の問題で、ESL(英会話学校みたいなとこ)にも通えなかったのは残念だけど、その分自分で勉強法を考えるいいきっかけになってよかったと思う。

何をやるにしても、やっぱり試行錯誤しながら、トライして、失敗して、努力していくしかないんですね。
滞在中にペラペラになることはまず不可能だけれども、あ、成長したな、伸びたな、って実感して帰りたいなとは思います!


最近、YOU TUBEで見つけた、コミカル・レイナさんていう方の、英語の勉強アドバイスがすごいしっくりきたので、誰かの役に立つかもしれないから、貼っておきます。
すごいマシンガントークで、見てるとだんだんイモトにしか見えなくなってくるんだけど(笑) 
どこ行ってもどうしても英語できないから・・・って言い訳をしたくなったり、自信なさそうな態度になっちゃうんだけど、改めなきゃなって思いました。


英語習得のコツ!意識改革 -知ってて損なし・忘れてはいけないこと!


スポンサーサイト











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。