スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書 「戦死とアメリカ」

私がアメリカの短い歴史の中で最も興味があるのは、南北戦争です。
南北戦争は日本でも学校でさらっと習うのでその出来事は誰でも知ってますよね。
1861年~1865年に起きた、アメリカ合衆国(北部23州)と、アメリカ合衆国から脱退したアメリカ連合国(南部11州)との間で行われた戦争です。
日本では「南北戦争」という呼び方になっていますが、英語では「American Civil War」直訳すると「内戦」です。

アメリカ合衆国は1775年~1783年の独立戦争によってイギリスの支配から独立し誕生したわけですが、個人的には、本当の意味でアメリカという国家ができたのは、南北戦争を乗り越えてからじゃないかな、と思っています。
とにかく、南北戦争では死傷者数が他の戦争に比べて飛びぬけて多い。
南北戦争での戦死者は62万人と言われており、この数はアメリカが経験してきた数々の戦争、
独立戦争+1812年戦争+メキシコ戦争+米西戦争+第一次世界大戦+第二次世界大戦+朝鮮戦争、これらすべての戦争の戦死者の合計と同じくらいという。
どれだけ凄まじい戦争だったか想像に難くない。

これだけの戦死者が出て、北部、南部ともに戦争が終わってもお互いいい感情は持てないわけですよね。
身内か知り合いの誰かは敵に殺されている、という経験を誰もが持つような状況の中で・・・・
外国との戦いよりも、戦いが終わってもかつての敵が同じ国内にいる、憎い相手と嫌でも交流していかなくちゃならない、というほうが戦後を乗り越えるのが困難なのでは、という気がします。
それをアメリカがどうやって乗り越えたのかな、何が戦後の北部と南部を結びつけたのかな、ということに興味があります。

日本に帰国したときに、この本を買いました。

978-4-7791-1566-0.jpg

「戦死とアメリカ ~南北戦争62万人の死の意味~」 
ドルー・ギルピン・ファウスト著 

ショッキングな表紙の写真のように、南北戦争の遺体写真も含めた、数々の当時の写真、イラストの紹介とともにアメリカが経験した南北戦争の意味について深く考察された本。

第一章 死ぬこと
第二章 殺すこと
第三章 埋葬すること
第四章 名前をつけること
第五章 実感すること
第六章 信じることと疑うこと
第七章 説明すること
第八章 数を数えること
エピローグ 生き残ること

上記のようなタイトルで、いろんな側面から南北戦争の真実や意味について問うていきます。
第一章~第八章までの、一つ一つの事柄が、戦争当事者にとってものすごく辛く、困難なことだったと想像できます。

日本の歴史の教科書で教えられたのは、戦争の結果として「奴隷が解放され、アメリカは工業国の道へ」というさらりとした説明だけだったように思うのですが、この本を読んでそんな単純なものではないと、よくわかりました。
「死」に対してのアプローチが多角的な視点で書かれており学ぶことが多く、ぜひ皆様にもおすすめしたい本です。
この南北戦争がアメリカの学校ではどのように教えられているのかな?というのが今ちょっと知りたいところですね。
スポンサーサイト
[ 2015/01/12 ] ◆シャーロット生活◆ 読書 | TB(-) | CM(0)

アトランタの日本料理店その2 I ♥ Sushi Japanese Restaurant

日本食材店「とまと」のすぐ左隣にある日本料理店!

I ♥ Sushi Japanese Restaurant

IMG_8225.jpg


おすすめ度 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

要するに、超おすすめ!


17時~19時の間に来店すると、お得なディナーセットがあるんですよ~!!

IMG_8239.jpg

なんと、8,95ドルでごはん、味噌汁、サラダ、おかずが2品選べる!!

おかずは以下の一覧から2つ、お好みのものを選ぶ。

IMG_8236.jpg

21種類もあるのよ!
え~っ、どれにしようかリンダ困っちゃう(*´Д`)

私はさんま塩焼きと、揚げだし豆腐にしました!

IMG_8244.jpg

ご飯とみそ汁茶碗は小さ目だけど、女子的には量はちょうどいい。
揚げだし豆腐は日本で食べる味とおなじ!めっちゃおいしい(*^▽^*)

IMG_8245.jpg

さんま! アトランタは内陸だから場所的に絶対冷凍サンマなんだけど、解凍の仕方が上手なのか、全然パサパサ感がなくて、脂がのってておいしいの!某ムサシで食べたのはパサパサだったもん。
しかも、ちゃんとライムと大根おろしがセットに!

IMG_8246.jpg

しかも、デザートのアイスもサービスでついてきた!
緑茶はもちろん無料(*^▽^*) しかも、お代わり用のお茶ポットも置いてってくれた\(^o^)/

しかもしかも、19時までは多分ハッピーアワーなのか、お酒が一杯無料!(^^)!
旦那は日本酒がタダで飲めて超満足!


温かいおしぼりも出てきたし、店員の接客態度も日本に近くしっかり教育されている。
こんなに日本に近いレストランは初めて!! ニセ日本料理店が多い中、際立ってました。雰囲気も静かでいいかんじ。
価格もめっちゃ安くてびっくり。味も価格もサービスも完璧。アトランタに来たらとまとに寄って、ついでに絶対ここに行こうっと! あ~、シャーロットにもあったらいいのにな~っ!!

ちなみに、すし職人およびヘルパー大募集してます(笑)

IMG_8235.jpg



アトランタの日本料理店 その1 Kuroshio Sushi Bar and Grille

アトランタの日本料理店にも行ったので簡単に紹介します!

Kuroshio Sushi Bar and Grille

おすすめ度 ★★★★

IMG_8131.jpg

グリーンティーを頼んだらどでかいマグカップになみなみと入っていた。
無料だと思っていたら、お茶代一人2ドルとられた。
味噌汁にレンゲ。違う、味噌汁にレンゲはいらないんだよ・・・・(;´Д`) こっちではよくあるパターン。

IMG_8133.jpg

鉄火巻きは8ピースで6ドルとけっこう安い。普通においしかった。
取り皿には「おいしい」

IMG_8134.jpg

サバ塩焼きを頼んだら、塩味のけっこうきいたサバ2匹(なぜか上にスライスたまねぎ、下には野菜炒めがひいてある)、よくわからないソース2種類、そしてお皿の上にご飯茶碗が乗った状態で出てきた。


違うんだ、ご飯茶わんはお皿の上に乗せるものじゃないんだ・・・・(;´Д`)

サバの塩味もかなり効いていたので、ソースもいらないし・・・・
このサバ塩焼きセットは14ドル。

勘違いジャパン度は高いが、まあ、店内は綺麗で料理もまあ美味しく、値段もまあまあ手ごろだったのでお勧め度は★4つ。



アトランタの日本食材店「とまと」に行ってみた

ちょいとアトランタ方面に行ってきたので、色々そっちのネタも書きたいと思います!

アトランタにも、シャーロットの「はとや」と同じような日本食材店があります。偶然発見したので行ってみました!

IMG_8224.jpg

その名も「とまと」
日本食材店のネーミングセンスがよくわかりません・・・・

場所がかなりわかりづらいです。
ダウンタウンから離れたどっちかというと郊外にあり、道路沿いに走っててもさっぱりどこにあるかわかりません。
比較的大きな道路の途中にあるのですが、看板がない。入り口がすごくわかりづらい。
地図見ながら「ココ!」って狙っていっても、見逃しそう。
まあ、はとやもわかりにくいけど。

IMG_8221.jpg

中ははとやの3倍くらいの広さ。品ぞろえはかなりいいです。
はとやではお目にかかれなかった食材がいろいろあってよかった。意外と売っていない刻み海苔、とかフリーズドライゆず、とかアガー(ゼラチンのようなお菓子作りの材料)とか、化粧水とかいろいろ買えました!
日本酒等お酒類もいろいろ。ただ、焼酎はなかった。旦那は焼酎を欲しがってたのでガッカリ。

IMG_8219.jpg

なぜかCDやDVDの貸し出しにすっごい力を入れていた・・・・ 

日本になかなか帰れない&ハトヤで満足できない方は、アトランタ観光しつつ、一回「とまと」でまとめ買いしてもいいかも!


場所はこちら


フロリダ観光⑦ ケネディ宇宙センター スペースシャトル・アトランティス

ケネディ宇宙センターの続き。
ディズニーは超あっさり記事なのに、こっちは気合入れて何回にも分けて書きますよ(笑)
女子にはあまり需要はないかもしれないけどね・・・

冴えないランチのあとは、スペースシャトル・アトランティス号の展示スペースへ。

入り口は、巨大な燃料タンク(中央)とブースターのレプリカ!めっちゃでかい。明るいオレンジが青空に映える。

IMG_6986.jpg



内部に入ると、ある程度の人数をひとまとめにして、まず15分程度のショートムービーを見ることになります。
コカ・コーラ博物館でもそうでしたが、アメリカのこういった施設ではよくある、入場者数制限の目的も含む、演出です。
このムービーがまた、なんか感動しちゃうんだなあ~。
宇宙開発が劇的に進んだのは明らかに冷戦のせいでした。しかし、戦争目的が大きかったとしても、宇宙はどんなところだろう、宇宙を知りたい、宇宙に行きたいっていう人類の願いはあったと思うので。
さすがハリウッド映画を作る国だけあって、ムービーの出来は秀逸。
最後のオチで、ムービーを見ていた壁面のロールスクリーンが上がり、本物のスペースシャトル・アトランティスが姿を現したときは、感動のあまりマジ泣きしました(笑)

だって、ライト兄弟が初めて飛行機でやっとこさ260mだけを飛んだのは1903年、たかだか110年前ですよ!
そんなちょっと前まで鳥人間コンテスト程度の飛行距離だったのが、ほんのわずかの年数で、宇宙に行って帰ってくる技術ができちゃうなんて。すごすぎる。


ロールスクリーンの向こう側に現れた、本物の、本当に宇宙に行って帰還したスペースシャトル、アトランティス。
アトランティス号は1985年の初飛行から多くのミッションをこなし、2011年の最終飛行にてその役割を終えました。

IMG_6988.jpg

本物だし、33回もミッションを行ってるので外面が焦げてたりボロボロになってたりリアル感ハンパない。

IMG_6994.jpg

IMG_6995.jpg

親切なことに、パッカーンと内部が見れるように展示してくれてあるので、へ~、中はこんな感じなのね~とわかりやすい。
この展示スペースは何億もかけて2013年の夏に作ったばかりのようで、とても新しく綺麗。
そのせいで原価100円以下にしか見えないハンバーガーの価格設定を1500円にしているのか!



スペースシャトルを飛ばす際には必ず、

① 外部燃料タンク(External Tank)  オレンジ色のタンク
② ブースター(Solid Rocket Boosters)  タンクの両脇にある白いロケット
③ シャトル本体(Orbiter Vehicle)

の3点セットで飛ばします。
実際にはこんな状態で打ち上げられています。 ↓

f0205367_10183746.jpg


こう見ると、中央のオレンジ色外部燃料タンクがめっちゃめちゃ大きいのがわかりますよね。
燃料タンクは打ち上げの際に膨大なエネルギーを要するので、打ち上げ時のためだけにあります。
発射から10分程度したら切り離され、大気圏に突入したころ空気抵抗や熱でほぼ分解、消滅してしまいます。
大気圏突入時の温度が何度か知っていますか?

1600度以上です!! そら燃えるわ。

この温度に耐えられる断熱材の開発が、ものすごく重要だったんですね~。

燃料タンクの両脇についているブースターは、打ち上げ時の推力を担う役割で、発射から2分程度で切り離され、勝手にパラシュートを開いて海に落ち、あとで回収され再利用されます。


スペースシャトルは、これまでに5機打ち上げされました。

400px-Shuttle_profiles.jpg

左から、コロンビア号、チャレンジャー号、ディスカバリー号、アトランティス号、エンデバー号。

このうち、チャレンジャー号は1986年(発射時)、コロンビア号は2003年(帰還時)に空中分解事故を起こしています。
2回の事故ともに、事前に技術者が「こういう問題がある」、と警笛を鳴らしていたにもかかわらず「なんくるないさ~」と対策をとらなかった、NASA幹部の甘い危機意識が問題になりました。
スペースシャトル事故が起こった原因は福島の原発事故と同じといっても過言ではない。
「危険が予測されていたにもかかわらず、警告を軽視し、慢心から対策をとらなかった結果」事故が起きた、ということではね。


展示物は他にもいろいろあり、楽しめます。

IMG_7027.jpg

エンジン。

IMG_7010.jpg

内部の様子もリアルに再現。
それにしてもボタンとかスイッチ多すぎ・・・・・! 私はバカだから、どのボタンが何なのか絶対に覚えられない。
「うーん、このボタンかな?それとも、こっちのボタンかな?これを押したらどうなっちゃうかな!?」 → 爆発
ってことになりそうだ。


次は、アメリカのアポロ計画の要、使い捨てロケット・サターンVの展示へつづきます。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。