スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グレートスモーキーマウンテン国立公園② Clingmans Domeとアパラチアントレイル

お昼を食べ、モーテルに荷物を置いたらすぐさま次のClingmans Domeという展望ポイントへ。
我々の旅は慌ただしい。短い期間で行きたい場所全部行きますからね~

Clingmans Domeはアパラチアン山脈の尾根をひたすら通る、アパラチアントレイル上で最も高い地点となっている。
「アパラチアントレイル」とは・・・
アパラチアン山脈に沿って走る、14もの州をまたぐ超ロングトレイルのこと。
その距離は約3500km、日本列島よりも長い距離なんです!!
山をやっている人なら山の中を3500km歩くことがどれだけ苦しく、困難か想像できると思います。
数日分の食料と水、テントや生活用品を持ち歩くだけでもそうとうしんどい。クマもたくさんいるし。
そんなアパラチアントレイルを歩いた日本人で、有名なのが加藤則芳さん。加藤さんはこの困難なトレイルを全部歩ききった、数少ない日本人です。
加藤さんは25キロの荷物を背負って(作家なのでパソコンも背負って)、毎日25キロの距離を歩いた。

maine_woods.jpg

その行程で出会った人のこと、自然とのつきあいかた、アメリカの文化についてなどをまとめた本が「メインの森をめざして」です。厚さが4~5センチくらいあり、値段も3000円する、内容のすご~い濃い本。特にアメリカ文化に対する考察がものすごいです。
この本には2年前くらいに出会い、こんなトレイルもあるのだなあ、素敵だなあ、行ってみたいなあと彼の描き出す世界にたいへん魅了されていたのですが、その時はまさか私がアメリカに引っ越し、しかもアパラチアントレイルに近いノースカロライナで暮らしていくことになるとは想像もしませんでした。

今回Clingmans Domeという展望ポイントに来て、そこからアパラチアントレイルにつながる道を見つけて、すごく感動してしまいました。ほんとに夢のようだ。

IMGP5805.jpg

IMGP5837.jpg

この細いトレイルがアパラチアントレイル。
この本は結婚して引っ越すときに整理してブックオフに売ってしまっていたんですよね。
なにしろ、本を何百冊も抱え込んでいたもんですから、さすがにそっくり新居に持っていくことはできない。さらに新居に引っ越した数か月後にはアメリカ行きが決まっちゃったもんですから、その時にも本をだいぶ整理してしまいました。
でも、ほんとは買った本はすべて、ずーっと持っていたい。墓場まで。
人生っていつどうなるかわからないので、昔読んでなんとも思っていなかった本がある悩みを抱えたときに必要な存在に変わったり、今あの本があったらよかったのに、って思うことが何度もある。
この加藤さんの本は、ぜひアメリカに持ってきて今、読み返したかった。
来月日本に帰ったらもう一度購入しよう。絶対に。

加藤さんはこのアパラチアントレイルを踏破したあと、筋萎縮性側策硬化症という筋肉がだんだん動かなくなる難病にかかり、昨年逝去されました。自然を誰よりも愛し、自然保護について誰よりも深く考えてきた稀有な方だけに、本当に残念です。

「バックパッキングには、あらゆるものから自由でいられ、そして自己責任で自然とつき合うことのできる解放性がある。その経験と能力は、本来人間が持っているべきもので現代人が失ってしまったものだ。人間は社会人である以前に自由人、すなわち自然人なのだ。その前提があっての社会人であるべきだ。」

加藤さんの言葉です。

自然と、自由と、自己責任。山の中を歩いているだけで学ぶことがたくさんあります。アメリカにいる間に、できるだけたくさんの自然に触れて、そこから得たものを今後の人生に活かしていきたいです!


スポンサーサイト

グレートスモーキーマウンテン国立公園① Deep creek

初日は朝シャーロットを出て、記事で挙げたBlack mountain、Blueridge parkway、Ashvilleとあちこち1日で駆けずり回り、夜ご飯はそのへんでハンバーガー買って(笑)モーテルへ。
モーテルは我々夫婦御用達の「Super 8」。このモーテルはそこらじゅうにあって安くて、ほんとに便利。6000~7000円くらいで泊まれますからね。日本の東横インみたいな超狭い部屋じゃなくて、ダブルベッドが2台でゆったりしてたり、冷蔵庫やレンジもついてたり朝食もついてたり色々と充実。
アメリカで旅に出る時の注意・・・・必ず毛布を持って来よう!
アメリカのベッドについてる掛け布団はペラッペラに薄いので、超寒いんです。毎回、必ず毛布を持ち込みます。飛行機に乗る時も夏でもクーラーが寒いので、ひざかけタイプの毛布は必ず持っていきます。
モーテルにはもちろん暖房もついてるけど、日本と違ってこちらは乾燥が激しく、暖房つけっぱにするとすぐに肌やのどがやられます。

さて、2日目。

朝早めに出て、グレートスモーキー国立公園内の、Deep Creekというポイントに向かいます。
公園内にトレイルは数えきれないほどありますが、天候、だいたいの紅葉の状況や体調、山岳地図を見ながら前日に相談して決めます。私たちは川沿いに歩くのが好きなので、Deep creek の Loop trail を歩くことに決めました。
ここは比較的傾斜が緩やかで、歩きやすく人気のポイントです。

IMGP5630.jpg

トレイルは広く、とても歩きやすい!
朝は気温が低く、だいたい7℃くらい。フリースを着ていても寒く、手袋まで出してしまいました。

IMGP5532.jpg

ところが、アメリカ人は半そで+短パンという服装で歩いている・・・・マジか~!さすがに寒いって!
ほんとに、アメリカ人と身体のつくりが違うと思います。夏のクーラーのかけ方も尋常じゃなく、旦那は職場でいつも寒さに震え上がり、夏なのに毎日フリースを着ていました。
私も夏服をいっぱい持ってきましたが、結局この夏、半そでの服を着て出かけることはほとんどありませんでした。外は暑くても、レストランとか店に入るとむちゃくちゃ寒くて辛いからです!もともと寒がりだし。

IMGP5560.jpg

IMGP5703.jpg


このトレイルは小川沿いに歩いていくので、時々滝とか綺麗な水場があって楽しいです。
いつも、できるだけ滝があるトレイルを選んでいます。

IMGP5623.jpg

川の水は澄んでいて、見ているだけで心が洗われます!

IMGP5541.jpg

アメリカには日本の紅葉には欠かせない、イチョウとモミジがありません。
こっちは全体的に黄色っぽい紅葉の景観ですね。「赤色」がちょっと足りないですが、日本とはまた違った紅葉を見るのも楽しいです。

だいたい2時間くらい、トレイルを歩きました。
お昼を食べにいったん公園を出ます。

なんとなく通った、Bryson Cityという町が面白そうなので、ここでお昼を食べることにしました。

IMGP5750.jpg

ここもまた、こじんまりした可愛らしい町で、すっかり気にいってしまいました。今回の旅はいい町をたくさん発見できたなあ~!
町は可愛いハロウィンの飾りにあふれ、グレートスモーキーマウンテンを訪れる観光客でにぎわっていました。

IMGP5773.jpg

IMGP5775.jpg

ハロウィンの飾りつけが超かわいい。あのデカかぼちゃはこうやって使うのね~

このBryson駅からちょうど機関車が発車するところでした!もちろん大人気で超満員。
たしかに、電車乗って紅葉の景色を楽しむのもいいな~

IMGP5752.jpg

Bryson cityの場所はこちら ↓




お昼はピザ!

IMGP5758.jpg

一番小さい14インチのピザをオーダーし、ふたりでシェアして食べましたが、これがまた、むちゃくちゃでかい!
日本のLLサイズと同じくらいか?
出てきたとき、ナヌっっ!!てひるみました。アメリカのピザ、想像以上にでかいです。
横を見たら、老夫婦がこれよりデカイピザを食べていて腰を抜かしました。
2枚食べたら満腹になり、残りは持ち帰りました。
この日の食事、朝モーテルで食べたワッフル、昼ピザ2枚、夜残ったピザ1枚、だけ!! 旅に出ると基本、貧乏旅行者みたいになりますねえ。
アメリカのピザは比較的、はずれがなく美味しいと思います。パスタはイマイチだけどね。ピザはファーストフードじゃなくて、ちゃんとレストランに行けばそれなりのが出てくる。

このあと別のモーテルに移動し、荷物を置いてまた次のポイントにでかけます!いやー忙しい(笑)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。