2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラスベガス観光⑥ シルク・ドゥ・ソレイユ

ラスベガス記事、よーやく最後に近づいた。体調不良とヒマに任せて一気に書き上げる。あと、もう1回書きますよ(笑) いつまで続くんじゃい、まったく。

最後の夜は、シルク・ドゥ・ソレイユを見に行った。
もちろん、シルク・ドゥ・ソレイユを見るのは初めて。名前は有名で何度も耳にしたことがあったが、具体的にどういう演目をやり、何が目玉なのか知らなかった。知らなかったがゆえに、より新鮮な驚きをもって感動した、というのは正直ある。
写真や映像で「見る」のと本物を「観る」のとではまるで違う。グランドキャニオンしかり、シルク・ドゥ・ソレイユしかり。
なにごとも、ホンモノは五感をフルに使って触れるに限る。

シルク・ドゥ・ソレイユ、けっこう間近になってネット申し込みしたものの、なんととれた席は前から3列目!
むちゃくちゃ目の前で観れたのだ。ラッキーだった。

IMGP4462.jpg

演目は、「MYSTERE(ミスティア)」という。あとから知ったことだが、これが最も原始的なシルク・ドゥ・ソレイユらしい、ベーシックな演目で入門編として観るには一番いいということだった。
また、シルク・ドゥ・ソレイユがカナダ拠点の集団(?)だということも後から知った。名称からして、フランス人だとばかり思い込んでいた。

IMGP4500.jpg

開場。場所は、トレジャー・アイランドという有名なホテルの中のシルク・ドゥ・ソレイユ専用ホール。

IMGP4503.jpg

売り場も、お洒落な感じー
日本だとけっこう飲食禁止が多いけど、ここはアメリカ。皆超ポップコーン食いまくりです(笑)

IMGP4508.jpg

始まる前の、舞台。ライトアップが綺麗で、セットもすごい!
本番中は、もちろん撮影禁止ですよ!

開場してある程度お客さんが集まってくると、アインシュタインみたいな顔のイタズラ好きじいさん(いわゆるピエロ役)が会場内のお客さんにイタズラをして回るところから始まる。これ自体は演目とはあまり関連はないのだが、一時たりとも客を飽きさせない、というエンターテイメント性がこのじいさんの登場に集約されている。

しかも、イタズラ度合いがけっこう過激。
一番前の席に座ってるオッサンを追い払って、連れてきた美女を代わりに座らせたり、ドレスアップした美女のブラジャーをはずして持ってちゃったり、客の頭の上からポップコーンをドバーッとかけたり(3~5人くらいやられている)、もうやりたい放題(笑)
日本だったらクレームになったり怒って出て行くようなレベルなのだが、こちらでは会場全体がわっはっはー!とポップコーン片手に大笑い。むしろ、自分が被害者になって光栄に感じているのではないか、という雰囲気だ。
このゆるさ、明るさ、客のエンターテイメントに対する懐の深さがアメリカのいいところではないかと思う。

本番が始まると、そのアクロバティックさと舞台装置のすごさに圧倒され、あっという間の1時間半だった。
シルク・ドゥ・ソレイユ、ってサーカス集団だったんですね~。ものすごいサーカスでした。最新鋭の。
もういいから!そんなに頑張らなくていいから!怖いからもうやめて!って思うようなハラハラするサーカスの連続。
あの鍛え抜かれた肉体と並外れた集中力、繰り出される技は、もうすごすぎるとしか言いようがないです。
また、あの奇抜でミステリアスな、独特の衣装や世界観との融合。登場するキャラクターもバラッバラにいろんな人が出てきて、いろんな演目を次々変えて、でも「間」が不自然にならないようにうまくつなぐ。
最終的にはあれほどのちぐはぐさを1つにまとめあげているっていうのもすごい。

繰り出される超人技を見ながら、このひとたちはこの舞台に立つためにどれほどの犠牲を払ってきただろう、どれほどの苦しみを抱えて生きているだろう、などと思ってしまった。
表面上はなんでもないように、華麗に見せているが、裏では大変な苦労をしているはずである。
あれほど危険な技が多いのだから本番中も多かれ少なかれ怖いと感じているだろうし、今日は失敗せずにやりきれるだろうか、身体は思うように動くだろうか、そういった心配は数えきれないほどあるに違いない。その不安を集中力でもって払拭しやりきる団員ひとりひとりの姿勢が随所に見えて、心から感動したのだった。

ちなみに、すべて音楽にのっての演目なのだが、音楽は録音テープではなくライブ演奏であった。
一回だけ、一人が空中ブランコで落ちて失敗した場面があったのだが、演奏サイドがまったく何事もなかったかのように自然に音楽をつないでいたのがすごいと思った、と旦那がいたく感動していた。

エンターテイメントの本場中の本場、ラスベガスでこのショーが観れて本当に良かった!
時々日本にも遠征しているようだから、機会があれば観にいくことを皆さんにもおすすめしたい。

IMGP4461.jpg

グッズ売り場がホールの向かいにありましたよ!けばけばしい、派手な色あい。

IMGP4490.jpg

怪しい仮面ですね。仮面舞踏会ですね。
スポンサーサイト

ひどすぎる自動翻訳ゲーム

我々夫婦はどちらかとゆーとゲーマーである。
私はアメリカに来てからとゆーもの、パズドラにはまってしまった。最近は無料で楽しめるゲームがたくさんあって恵まれてるね。
あれは単純だけど意外に頭を使うなかなか奥の深いゲームである。ゲームばかりしてるとバカになる、という大人もいるが意外にゲームはバカにならない。頭を使わないと全然先に進まないのである。旦那にも勧めてみたものの、「パズドラは頭使うから疲れる」といってすぐ嫌になってしまったようだ。
旦那は最初桃鉄ばかりやっていて、13回連続目的地ゴールインするなど奇跡のような記録を打ち立てたのち飽きてしまい、そのあとは「ニャンコ大戦争」をゆるーく楽しみ、それにも飽きて今は街づくりゲームに励んでいる。

旦那のやっていた無料版・街づくりゲーム。もともと英語版のものを自動翻訳で日本語に訳して配信しているもののようだ。クソ真面目に建物を建てたり公園を作ったりして市民の満足する街を作る普通のゲームのはずだった。

IMG_4612.jpg

◎タイトル:「ワインと食事」
◎アドバイス:「キューピッドさん、矢をしっかり研ぎましたか?今夜は星を狙いますよ。もしこれで翼を獲得できないなら、他の何でできるのかわかりませんよ!」
◎ミッション:バス乗り場を建てる・バスを購入etc・・・


・・・えっ?私は翼の折れたエンジェル・・・・だったん・・・ですか・・・・?

注: 決して自分が翼の折れた哀しいエンジェルになるなんてことが起こるはずのない、クソ真面目な街づくりゲームです。
[ 2014/08/27 ] ◆シャーロット生活◆ | TB(-) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。