2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラスベガス観光② フーバーダム(outside)

IMGP3727.jpg


さてさて、ラスベガスといえばフーバーダムですね。
ラスベガスから東に車で1時間くらいのところにあります。
ダム好きの友人の影響で、私も若干ダムにはうるさいです。日本のダムはいろいろ行きましたし、時々「ダムマニア」というマニアックなサイトを訪れたり、ダムカードも何枚か持っています。ダム好きの友人にダムの放流シーンを集めたDVDをプレゼントして大変喜ばれたこともあります(笑)
黒部ダムの大きさにはかなり圧倒されましたが・・・・さすがアメリカ、フーバーダムのスケールは桁違いでした!!

だって、フーバーダムの貯水容量、日本中にあるすべてのダムに琵琶湖の水全部を合わせたのと同じくらいなんですよ!!掘られた岩は万里の長城ができるほど・・・・使われたコンクリートはニューヨークからサンフランシスコまで道路が作れるほど・・・
なんなんでしょう??このスケール。ありえん。
そしてこのダムが、昭和11年に完成している、という驚愕の事実。

フーバーダムに入るには、検問所的なところを通過しないと入れません。
テロ対策のため、1台1台止められて観光客であれば通過、トラックなど大きな荷物がある車は中をチェックされます。
テロ後すぐの時はすべての車がチェックされていたようですが・・・・まあ、確かにここを破壊されたら水と電気両方が供給できなくなるので、影響が大きい。仕方ないですね。

検問所を通過したら、入場料25ドル(駐車料金5ドル+入場料ひとり10ドル×2人)を払い、駐車場に停めます。ここも人気の観光スポットなので、けっこう混んでいる。
駐車場に停めたら階段を降り、あとは自由に見学。カフェもあるし、お土産屋もある。

IMGP3441.jpg

このナナメった鉄塔の向こう側がフーバーダムです!

IMGP3515.jpg

この展望台からのぞきます。

IMGP3470.jpg

うお~!これがフーバーダム!見事なアーチ!人がアリのような大きさ!
ってか、デカすぎてカメラフレームに全然入らんやんか~!

IMGP3518.jpg

拡大。向こう側には取水塔とダム湖が!

IMGP3471.jpg

下をのぞく。たっかーい!221メートルだそうだ。高所恐怖症にはたまらないスリル。思わずヒャッハー!と身を躍らせてしまわないか心配だ!

IMGP3634.jpg


IMGP3488.jpg


あのアーチ型の橋はコロラドリバー橋という。
なんと、日本の大林組が作ったそうだ。2010年に完成したばかり。
あんな足場が悪そうなところに、どーやって作業車やクレーン車を入れたりするんでしょーか。日本の技術はすごいですね。
上には車も走ってるよ~。帰りに車でこの橋を通りましたが、
コンクリートの柵があって車窓からはダム見れませんでした。

IMGP3504.jpg

しかしすげ~渓谷だな~~ 

IMGP3693.jpg

こちらはアメリカ最大のダム湖である、ミード湖です。グランドキャニオンから流れてきたコロラド川の水が、ここにせき止められています。どうやら水不足らしく、水位がかなり低いです。
ミード湖ではボート遊びや釣りなど、アウトドアもいろいろ楽しめるようです。
ちなみにアメリカでモーターボートに乗るのに、船舶免許は必要ありません。乗りたきゃ自己責任で乗りな、ということです。

いやーそれにしてもデカイ、そして暑い!!
お昼はダムにあるカフェで。

IMG_4622.jpg

メニューにダムバーガーとかダムドッグの文字が!!
こりゃダムバーガー食うしかない!!黒部ダムカレーでは無理やりライスコンクリートを決壊させカレーの放流を行った私であるが・・・

IMG_4626.jpg

これがダムバーガーだ!あ・・あれ?超フツーじゃん!!

え・・・ないの?ビーフコンクリートからポテトが溢れ出すとかそーゆーのないの?
あまりにヒネリのない展開にがっかり感を隠せない。
これはあかんて。ダム好きをがっかりさせたらあかんて。ちょっと、ダムバーガーの改良アイデアを集めてアリゾナ市長にプレゼンしたほうがいいかもしれない。

気を取り直して、場所を移動しミード湖を別の展望ポイントから眺めてみる。

IMGP3741.jpg

IMGP3728.jpg

IMGP3740.jpg

おお~、ダム湖の色が綺麗な水色!それにしても、やはり水量が少ないね。

実は、ダムツアーでダムの内部も見学してきたので、次回はフーバーダムinside編をレポートします!
スポンサーサイト











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。