2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストーンマウンテン州立公園(NC・2回目)

日曜日は、ノースカロライナのストーンマウンテン州立公園に行ってきました。こちらは2回目です。
ここはいくつかいい滝があるのですが、前回行った時は雨が降った翌日だったのでかなりの水量。今回はだいぶ干上がってしまってました。前回とは違うコースで6~7キロ歩きました。

IMGP3363.jpg

IMGP3366.jpg

アトランタのストーンマウンテンとまったく一緒の形。こっちのほうがやや小さい。今からあの頂上まで登りますよー

IMGP3369.jpg

IMGP3382.jpg

滝つぼでは子供たちがたくさん遊んでいる。今日は水量が少ないからちょっと物足りないかな?

IMGP3402.jpg

SUMMIT(頂上)に着きました!
頂上まで来るのはけっこうしんどかったー。高さは2305フィート=740メートルくらい。200メートル登るのもけっこうきついよ。今回は歩いたよ。かなり。
今までの山歩きでは筋肉痛などなったことはなかったのですが、今回は筋肉痛きました(;´∀`)

IMGP3406.jpg

IMGP3412.jpg

それにしても、アメリカの山歩きでは3歳~5歳くらいの小さい子供にたくさん会うなー。
日本だと登山仲間、で登ると思うんだけど、こちらは家族ひとかたまりで来ている人が一番多い。この光景はいいね。
自然保護に関しては、海外から日本が学ぶべきことは多い。
アメリカの州立公園、国立公園はとにかくしっかりしている。公園内での飲酒は完全に禁止され、ビジターセンターにはわかりやすい公園のマップが必ず置いてある。トレイルは子供でも歩けるよう整備され、ちゃんと資格を持ったレンジャーが必ずいて、公園内を1日中巡回している。山の中でスピード出して人や動物をはねるような車がないように、制限速度を低くおさえ、警察も巡回している。
日本はほんと、まだまだレベルが低い。富士山はその象徴。
世界遺産になってよりレベルの低さが際立っているように思う。
できるだけ多くのカネをむしり取るため、入山規制せずがんがん入れるだけ観光客を入れてしまう。寿司詰め状態の山小屋。頂上では山手線の車内のような混み具合で、トイレ2時間待ちとかアホか、と思う。
入山料を取って環境保護のために使うというが、本当に環境保護のことを優先するならもっとしっかりした入山規制を最初にやるはず。
入山料は任意で、って言うけど結局金が欲しいだけ。入山料を何に使ったかって、登山者に記念品の缶バッジ配布ですよ。アホすぎる。早速ムダ使い。そんなことに金使うなって、いらんよ、そんなもん。今すぐやめろと言いたい。
そもそも徴収の目的も、徴収金の使い道も不明。昨年と今年の徴収だけでも何千万~何億と入っているはずだが、誰かその使い道を明確に知っているだろうか?誰が責任を持ち、どこで使途を公開しているか知っているだろうか?
この、ゴールを決めずになんとなく、なし崩し的に始めてみる、という日本の体制を早く改めて欲しい。

スポンサーサイト

シャーロットで一番美味しいハンバーガー店

土曜日にシャーロットで一番美味しいと評判のハンバーガーショップ、Bad Daddy’s Burger Bar にいってきました。

IMG_4561.jpg

このバーガー店はシャーロット市内に4店舗あります。
店内はめっちゃアメリカ!!っていうかんじ。人気店なので客も多く賑わい、スタッフも美人な受付嬢~若者中心にたくさん揃えています。

担当のスタッフが超ノリの軽い若いニイチャンで、「ハ~イ!俺リッキー。君たち調子はどうだい?なんかあったら俺になんでも言ってくれよな!さあ、ドリンクはどうする?」とハイテンションですごい速さの英語でまくしたてられ、少々面くらいました。
ここのハンバーガーセットは1000円~1400円くらいと高めです。
ただし、ハンバーガーのボリュームがハンパない。

IMG_4560.jpg

これは 「 Sam I am 」 とゆー、よくわからないネーミングのこの店ではベーシックな部類に入るハンバーガー。
具は、レタス、トマト、オニオン、ピクルス、厚さ1,5センチ!のビーフ、目玉焼き、厚さ5ミリくらいのハム、モッツアレラチーズとすごい具だくさん。
ビーフ1,5センチっすよ!ミディアムかウェルダンか、とか選べます。全部はさむと、ビッグマックより高くなります。
全力で大口あけて食べた。つーか、カロリーむっちゃ高そう・・
でも、味はやはり最高!アメリカで食べたハンバーガーの中で一番美味しかった!この凄まじいボリュームをぺろりといけました。このボリュームを食べきれるとなると、美味しくないと無理だからね。日本のマクドナルドハンバーガーなんて、あんな小さいのに不味くて半分くらいしか食べれなかった記憶あるもん。

普通、ハンバーガーショップはレジに並んで金払ってバーガーを受け取って食べて終わり、なのですが、ここは店員が席に案内し、席担当のスタッフがつき、会計も一番最後にします。
ということは、チップを払わないといけない、ということです・・・。
ファーストフード以外の、アメリカのレストランでめんどくさいのは、必ずチップを払わないといけない、ということですね。
10~15%くらい上乗せして、切りのいい数字を提示します。計算がめんどくさい(*´Д`)

あ、そうそう、レストランで使える英語をひとつ、紹介します。
店員が「Are you still working?」と聞いてくることがあります。
これは、「まだ食べ途中ですか?」という意味なのです!

なので、お皿を下げて欲しくないときは「Yes, I'm working on it」、食べ終わっていたら「I'm done」と答えればいいんですね~。
workをこういう時に使うなんて、こっちにこないとわからんね。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。