2014 051234567891011121314151617181920212223242526272829302014 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シアトル観光② マウントレーニアトレッキング

トレッキングのため、マウントレーニア国立公園内に向かいます。
シアトルからだと車で3時間くらいですかね。近くの宿に泊まっておけば、朝早く行けて便利です。
国立公園の敷地に入ると、道路の途中に入場料を払う場所があるので、15ドル払って緑色のレシートみたいな入場券をもらいます。この入場券は1週間有効なので、捨てずにとっておきましょう。
(ちなみに、5時6時とか朝早く行くとスタッフが出勤してなくて無料で入れてしまいます。また、別日にレシートを見せようしたらろくすっぽ見もせずに「GO!」と言われました。けっこうアバウトな感じです)
今の時期、道路はすべて通れるわけではなく、積雪で閉鎖になっているところもけっこうあります。

駐車場に到着。アラスカナンバーの車が停まってたりして、地味に感動。
駐車場は朝はすいてますが、昼すぎになると満車になり停めれなくなります。特にシーズンの7月あたりは、朝イチで来るべきでしょう。

IMGP2047.jpg

こちらはマウントレーニアに登る際、最も多く観光客が訪れるコースの始点である、「パラダイス」という場所にある、Henry M Jacksonビジターセンターです。山のビジターセンターにしちゃあ、10時オープンで遅い。



ビジターセンターはトレイルによって随所ありますので、マウントレーニア国立公園のHPをご確認ください。

IMGP2049.jpg

IMGP2051.jpg

ホワイトボードに、天候や気温、イベントなどインフォメが書いてあります。ほんと、サニーデイでよかった!

IMGP2053.jpg

マウントレーニアの模型。周辺も、かなりアップダウンが激しそうだ。
とてもきれいなビジターセンターで、お土産物屋もあるし、各種展示物も充実。

IMGP2469.jpg

駐車場にいた、Gray jayという名前の小鳥。jayはカケスという意味らしい。

IMGP2471.jpg

メンダ子 「あ、どうも先輩おはざーっす!!超いい天気っすねー!たまんないっスー!」
ジェイ子 「クク・・・アンタのん気にそんなこと言うてるけど、今に地獄を見ることになるで」


IMGP1974.jpg

これが登り口です。ジェイ子の言う通り、地獄を見ることになりそう。。。

最も観光客が訪れる7月あたりだと、だいぶ雪は解けているようなんですけど、今はまるでゲレンデ。
この出発地点ですでに、標高は1600メートルあります。頂上まで行くとすると、1600メートル地点から、4392メートルまででその差は2792メートル。
富士山5合目から(静岡側2400メートル)頂上へは標高差は1376メートル。2倍くらいありますね。
私が3年前に登頂した、マレーシアのキナバル山は登山口1866メートル~頂上4095メートルで、標高差が2229メートルありました。標高差があると、ほんとに急登で帰りも怖いし、それはそれは大変でした。

IMGP2044.jpg

我々の装備と言ったら登山服に登山靴だけ。ストックもアイゼンも何もありません!
すれ違う陽気なアメリカ人と声をかけあったりしゃべったりもします。スキーやスノボを持ってきて、帰りは滑って帰る、と言う人ももちろんいました。
インド人女性がサリーのまんま、登ってたのにはびっくりしました。

IMGP2017.jpg

IMGP2024.jpg

大概の人は軽いトレッキングが目的ですが、たまにヘルメット・アイゼン・ピッケル二本持ち・大量のロープにテント含む重量のザックを背負った本気装備のパーティーが通り過ぎていきます。頂上を目指す人は装備ですぐわかる。
雪解けの季節、雪崩も起きやすいだろうし、ホントに生死をかけて行くわけだから、大変です。標高3100メートル地点にテントを張れるキャンプがありますが、ウンコはすべてビニール袋に入れて持ち帰りです。まあ、当然ですね。

IMGP1995.jpg

のっけからけっこう急登でしたが、近づくほど急な斜面を回り込むように歩いていきます。
旦那は山スキーが得意で雪山を歩くのに慣れているのですが、私はスキー経験ほぼなし、普段の登山と使う筋肉や気を使うポイントが異なるので、思うように進みません。
スキー大好きな旦那は「スキー板持ってくりゃよかった!」「あの斜面いいな!」「ここも滑れそうだ」などとルンルン。一方私は歩来にくいうえに高所恐怖症で超ブルー。
ひと一人通るのがやっとな斜面の細いトレイルを歩いているうちにものすごい恐怖がこみあげ、途中でもう無理!!と泣き出してしまいました(汗) 歩道橋から下をのぞいても足がブルっちゃうレベルなんで。
マウントレーニアがどんどん近づいてきて、氷河が見えて景色がより迫力のあるものになり、感動もあったかもしれません。恐怖と感動とが混ざり合って、わんわん泣いてしまいました。
身内のお葬式でも悲しい映画でも泣かない私が、こんなふうに人前で泣いたのは初めてかもしれません。

IMGP2064.jpg

厚い氷河に覆われている頂上ですが、実は活火山で最後の噴火は19世紀前半です。富士山同様、また噴火して大規模な被害をもたらす可能性もあります。

IMGP246867.jpg


それにしても、氷河は本当にすごい迫力でした。あんなとこ歩いて頂上に行くなんてムリムリ!エベレストとかよう登るなあ~。8000メートル峰なんてこの2倍の高さやろ?ありえんわ。
100~150メートルくらい登ったところで、引き返しました。あーこわかった。くわばらくわばら。

この雪山トレッキングだけでも、相当疲れたのですがこのあと、下のほうの雪が解けているゾーンのトレッキングに向かうことにしました。まだまだ若い証拠やわ~
スポンサーサイト

シアトル観光① シアトル到着

初日は移動日です。朝一番の飛行機に乗り、約6時間でシアトルへ。
飛行機、やっぱり緊張するなあー。直前に風邪をひいたのもあり、早速飛行機で下痢やらかしました。
どうしても、飛行機=下痢になってしまう。
国内線、ヒマなんだよなあ・・。緊張して寝れないし、落ち着いて本なんて読めないし、かといって他に何もすることがないし・・・、で苦痛の6時間。
しかも、超頻尿だからより苦痛。やっぱり飛行機内だと皆そーんなに、頻繁にトイレ行かないじゃん?
だいたい、6時間乗って一回も行かない人も多いし・・・
私なんて最高に我慢して3回ですよ。普段は1時間に1回ですよ。立ち上がるたび、隣の人に「あいつまた便所かよ」と思われているのではないか、など気にしてしまってあーしんどい。
飲むとよりいっそうトイレが近くなるので、ドリンクサービスも断る始末。

で、今回は風邪だったからか、着陸時にモロに気圧を感じてしまい、耳が超痛くなった。
ツバ飲み込んでも何やってもダメ。脳溢血で頭がカチ割れて死ぬんじゃねーか、というくらい痛くなってびっくりした。こんなことは初めてだ。後で調べたら、風邪の時、かつ着陸時にはそうなりやすいみたいですね。痛くなってからじゃもう遅くて、ならないように予防することが大事らしい。

シアトル・タコマ国際空港に到着。シャーロットからだと、3時間の時差があるので、着いたのが昼12時のつもりでも、シアトル時間では朝の9時になっている。1日が長い。
早速、レンタカー会社のオフィスに行くシャトルバスに乗る。
私たち夫婦は、いつもエンタープライズというレンタカー会社を利用。値段も手ごろで店舗も多く、いい車がいろいろ揃っているので。
停まっている車を見回りながら、「これはどう?あれは?」と提案され、気に入ればサインする。もちろん燃費のいい日本車を指名。他の外国人も日本車の良さをよく知っていて、日本車がどんどん売れていく。うちらにはちょうど、日産のムラーノが割り当てられた。

IMG_4037.jpg

思いきりひん曲がったナンバープレート。わざとねじ曲げないとこんな風にはならないと思うんだけど・・・
そして直しとけよ・・・
スタッフは明るくさわやかに、「ノープロブレム~!」と言い放った。さすがアメリカ。
ひん曲がったナンバープレートのムラーノで、出発。

シアトル空港から南東方向へ、マウントレーニアのふもとまで車を走らせます。
このマウントレーニア、あまりなじみがないように思えますが、普段けっこう目にしているマークがあるんですよ。
174877.jpg
コンビニで一度くらいは、買ったことあるでしょう?私も今まで全然気づきませんでした。
森永乳業が、シアトルのコーヒー文化(スターバックスコーヒーも、タリーズコーヒーも、シアトルが発祥地!)に刺激を受け、持ち歩いて飲めるタイプの商品を開発。シアトルの代表的な特徴である、マウントレーニアをマークにしたってことですね。

マウントレーニアは4392メートル、とそれなりに高さもある独立峰の火山で、見た目は富士山によく似ています。

IMGP1933.jpg

標高1800メートル以上は氷河におおわれていて、当然クレバスもたくさんあります。海に近いため天候も変わりやすく、独立峰なので風の影響をもろに受けます。
標高は低めですが、難易度はモンブランよりワンランク上。アイゼン・ピッケルを十分使いこなせ、残雪期の北アルプスを20キロの荷物を背負ってテント縦走できるような、それなりの熟練者しか登頂できません。ちょうど今月はじめにも、6人が滑落死したばかりでした。
まあ、私のようなど素人にはとても無理なんで、ふもとのトレッキングを楽しみます。

ということで、移動日である初日はホテルについたらオシマイ。翌日はトレッキングです!

シアトルから帰着!

IMGP2028.jpg

IMGP2032.jpg

IMGP2964.jpg

今朝、5日間のシアトルステイから帰ってきました!
普段は雨がとても多いシアトルなのに、連日晴天に恵まれ、最高のシアトル観光ができた!!(本来は旦那の仕事で出張なだけなんですが、私は大いに観光を楽しませてもらいました・・・、旦那に感謝です)

アメリカに来る前は、シアトルがどこにあるかすら知らなかった私。
あんなにアメリカの隅っこにあるとは知らなんだ。
シャーロットからだと、端から端の移動なんですよね。飛行機で5~6時間の移動でした。

マウントレーニア山に登り、氷河を初めて見て・・・、メジャーリーグの観戦をして、シアトルのダウンタウンを一人で歩き回って、もうほんとに色々な濃い経験ができました。
海、山、川があり、美味しいご飯、治安の良さ、どれをとっても素晴らしいシアトルを本当に気に入ってしまい、今すぐ移住したいくらいです。ほんとにいい街でした。

なんだかんだで撮った写真が4000枚近くになってしまい、訪れた場所のことなど色々整理して、少しづつブログにあげていきたいと思います。

usa_map.gif

見れてないワールドカップ(愚痴)

せっかく始まった4年に1度のワールドカップですが・・・・

残念ながら、見れてないんですよー!!

アメリカのテレビって、日本のNHK+民放+ケーブルテレビみたいなシステムじゃなくて、ほぼケーブルテレビしかないんですよ。なので、すべてにおいて金かかるんです。
ワールドカップを無料では見れない。

たとえばうちが契約しているタイムワーナーTVだと、20ドル・30ドル・40ドル・50ドル・65ドル・80ドル、といろんな価格のプランがあり、どれくらい番組数を充実させたいかによってプランを選ぶ。たとえば、20ドルでは20チャンネルだけ(といっても、しょぼいニュースとしょうもないドラマやクズのようなクイズ番組だけ)、50ドル以上のプランでは200チャンネルも見れる。

私たち夫婦は普段ほとんどテレビを見ないので、最低限の20ドルのプランにしていて、ワールドカップ前にプランをグレードアップして、ワールドカップが見れるプランに変更しようとしていたんです。

① で、タイムワーナーのホームページからグレードアップの申し込みをしました。

② そしたら、なぜか「確認の電話入れろや」的なEメールが届きました。

③ 電話だと聞き取りが難しいし、やり取りに自信がないので、HP内に設置してある「チャット(文字入力)」であのEメールはどういう意味なのか、なぜすぐにグレードアップさせてもらえないのか、問い合わせました。

④ そしたら、チャットで「チャットなんかで問い合わせず電話入れりゃあいいだろ」と門前払いされました。

⑤ 仕方なく電話したら、「あなたのグレードアップ後のプランは140ドルになりますが、いいですね?」と言われましたが、どう考えても50ドルのプランで済むはずなので、それはおかしい、と主張しました。何度か保留になったり意味不明な説明のあと、「ではスタッフをそちらに派遣します」と言われました。

⑥ スタッフは来ませんでしたし、その後なんの音沙汰もなく結局ワールドカップが始まってしまいました。


・・・・・もう知らんわ!!


ってことで、ニコニコ動画のニコ生放送(試合画面は見れない、解説だけ)とヤフー速報でチェックするだけの残念なワールドカップとなってしまったワケ。
せっかく顧客が儲かるプランにグレード上げようとしてんのにさあー。まったくもう。

それにしてもザックジャパン、イマイチだなあーー!!
[ 2014/06/20 ] これがアメリカ | TB(0) | CM(4)

テーブル・ロック州立公園

毎週恒例の山歩き。先週末行ったのは、サウスカロライナ州のテーブル・ロック州立公園

ここまでは車で2時間半くらい。サウスカロライナに入ったとたん、大々的にアダルトグッズ店のどでかい看板。
ここはアダルト産業が盛んなのか?その他、「Fireworks」(花火)の看板もよく見た。
サウスカロライナはノースカロライナより貧困層が多く、治安ももっと悪い。
ハンバーガー店で、横に停まっていた黒人から超ガン見されたので、主要な荷物は店内に持っていき、店内から自分の車が見える位置で食べるようにした。
あやしい人が周りにいないか、かばんのチャックは開いていないか、車に盗まれそうなものを置いてきていないか、いかなるときもアメリカでは気を抜けません。


さて、公園ですが、まあこの周辺はどこもだいたい、石の山ですね。
今までブログにあげた公園は全部違うところに行っていますが、風景は似たような感じ。

ノースカロライナの州立公園でお金をとられたことはなかったのですが、ここでは10ドルも取られました。
公園の地図も普通無料で置いてあるのに、ここは有料。貧しいからなのか、がめついです。
その割に、トイレは全く掃除してなくて荒れ放題だし・・・ どうなってんだよー。

IMGP1757.jpg

入園者は受付で名前を書いてから入ります。出るときは記入不要。

IMGP1770.jpg

高額な入園料にもかかわらず、けっこう人がきてました。

IMGP1809.jpg

やっぱり川沿いを歩くのが一番楽しいです!

IMGP1778.jpg

IMGP1853.jpg

今回は足取りが重くて楽なトレイル歩きにしました。
それにしても、暑くなってきたな・・・・ 
今週末は旦那のシアトル出張に私もついていき、天候に恵まれればマウントレーニア国立公園で氷河の近くをトレッキング予定。なんとか天気に恵まれますように~!












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。