2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書 「戦死とアメリカ」

私がアメリカの短い歴史の中で最も興味があるのは、南北戦争です。
南北戦争は日本でも学校でさらっと習うのでその出来事は誰でも知ってますよね。
1861年~1865年に起きた、アメリカ合衆国(北部23州)と、アメリカ合衆国から脱退したアメリカ連合国(南部11州)との間で行われた戦争です。
日本では「南北戦争」という呼び方になっていますが、英語では「American Civil War」直訳すると「内戦」です。

アメリカ合衆国は1775年~1783年の独立戦争によってイギリスの支配から独立し誕生したわけですが、個人的には、本当の意味でアメリカという国家ができたのは、南北戦争を乗り越えてからじゃないかな、と思っています。
とにかく、南北戦争では死傷者数が他の戦争に比べて飛びぬけて多い。
南北戦争での戦死者は62万人と言われており、この数はアメリカが経験してきた数々の戦争、
独立戦争+1812年戦争+メキシコ戦争+米西戦争+第一次世界大戦+第二次世界大戦+朝鮮戦争、これらすべての戦争の戦死者の合計と同じくらいという。
どれだけ凄まじい戦争だったか想像に難くない。

これだけの戦死者が出て、北部、南部ともに戦争が終わってもお互いいい感情は持てないわけですよね。
身内か知り合いの誰かは敵に殺されている、という経験を誰もが持つような状況の中で・・・・
外国との戦いよりも、戦いが終わってもかつての敵が同じ国内にいる、憎い相手と嫌でも交流していかなくちゃならない、というほうが戦後を乗り越えるのが困難なのでは、という気がします。
それをアメリカがどうやって乗り越えたのかな、何が戦後の北部と南部を結びつけたのかな、ということに興味があります。

日本に帰国したときに、この本を買いました。

978-4-7791-1566-0.jpg

「戦死とアメリカ ~南北戦争62万人の死の意味~」 
ドルー・ギルピン・ファウスト著 

ショッキングな表紙の写真のように、南北戦争の遺体写真も含めた、数々の当時の写真、イラストの紹介とともにアメリカが経験した南北戦争の意味について深く考察された本。

第一章 死ぬこと
第二章 殺すこと
第三章 埋葬すること
第四章 名前をつけること
第五章 実感すること
第六章 信じることと疑うこと
第七章 説明すること
第八章 数を数えること
エピローグ 生き残ること

上記のようなタイトルで、いろんな側面から南北戦争の真実や意味について問うていきます。
第一章~第八章までの、一つ一つの事柄が、戦争当事者にとってものすごく辛く、困難なことだったと想像できます。

日本の歴史の教科書で教えられたのは、戦争の結果として「奴隷が解放され、アメリカは工業国の道へ」というさらりとした説明だけだったように思うのですが、この本を読んでそんな単純なものではないと、よくわかりました。
「死」に対してのアプローチが多角的な視点で書かれており学ぶことが多く、ぜひ皆様にもおすすめしたい本です。
この南北戦争がアメリカの学校ではどのように教えられているのかな?というのが今ちょっと知りたいところですね。
スポンサーサイト
[ 2015/01/12 ] ◆シャーロット生活◆ 読書 | TB(-) | CM(0)

読書 「日本人と日本文化」

写真

今日のランチはトマトとアスパラのペペロンチーノにしました。私がペペロン作るとにんにくひとかけどころか半分くらい投入する。(1人分で) 翌日仕事でも全然気にせん。臭くてなんぼ。しかし、アスパラの先っちょってなんであんなにうまいんだろう。そしてオレジューとキウイでビタミンCとって元気を出す!
夜は、カレー3日目(笑) 旦那いないと、たいがいカレーで手抜きになりますな!カレーもにんにく入れる!しょうがも入れる!にんにくしょうが入れるとめっちゃ美味しい。

おととい、よーやくあのぶあつい英語本、「King & Maxwell」を読み終えて、妙な達成感。できれば、こんどは意味調べしながら表現方法を勉強していきたいんだけど、挫折するだろーなー。

並行して読んでいた、「日本人と日本文化」 司馬遼太郎&ドナルド・キーン

photo_2.jpg

私はどうも飽きっぽくて、1つの本だけを一気に読めなくて、3~5冊くらい並行して読んじゃうことが多い。今の気分はこれ、今日の気分はこれ、ってかんじで。本を買うのもそうで、気になったらまずは買い、買いためておいて、読むのは気が乗ったときで、それが1年後になったりとか。

この司馬さんとドナルドさんの対談本も、買ったのはだいぶ前だったような気がするが、ぜひアメリカで読みたいと思い、持ってきた。ふたりとも、日本文化に関する教養はものすごいですからね、特にドナルドさん!
ドナルドさんは16歳でコロンビア大に飛び級で入学したような天才肌の人ですが、こういう人が日本の研究をしてくれているのはありがたいことですね。
今、ドナルドさんの著書「能・文楽・歌舞伎」を読み始めましたが、これほど日本文化に詳しい外国人(といっても3.11以降に日本国籍を取得されているが)は絶対にいない。驚くばかり。
この対談の条件として、司馬さんが「(ドナルドさんが詳しすぎて自分の無知をさらすのが嫌なため)日本文学の話を出さないなら対談してもいい」と言ったくらい、圧倒的な日本の知識を持っている。

二人が大阪で対談をした際、「このあたりはたしか松尾芭蕉の終焉の地でしたね」と言われてしまい、大阪出身の司馬さんが慌てて芭蕉に関する痕跡をあちこち探して駆け回ったというエピソード。歩道の脇の小さな記念碑をようやく見つけ出し案内できてほっとした、とか。意外に地元民のほうが、そういうことを知らなかったりするんですよね。
はたまた、司馬さんが薩摩人は儒教の影響から遠かった、という話を出したときに、「そんなことない、藤原惺窩(儒教学者)が初めて儒教を勉強する際、薩摩にいったはずです」と返され、「なんでそんなことまで知ってるの~!」と司馬さんが驚く場面、とか。すごい印象に残ってます。

アメリカに来てみて、日本のことがより見えるようになる、というのは本当だと思う。
食べ物をはじめ、習慣、景色、交通ルール、なにからなにまで・・・「日本だったらこういうところはスムーズにいくのに」「この景色もいいんだけどなんか違うなあ」とか、ね。今まで当たり前だと思ってたことが全然当たり前じゃないんで、自分が反応するところが日米の文化の差、嫌でも日本と比較せざるをえないし、日本を感じざるをえない。
日米の差をひしひしと感じてはいるんだけど、「日本ってどういう国?」て聞かれてもひとことで言えないし、「アメリカってどういう国?」って言われても答えられないなあ。まだどっちのこともわかってない。
これって、「あなたってどういう人間?」て聞かれて答えられないのと同じような気がする。

就職試験とかで、長所は?って言われても困るんだよね。ないんだよね(笑) しいていえばくだらないことを他人よりはちょっと楽しめるかなってくらいで。
じゃあ短所を言え、と言われたら「人見知りでめんどくさがりやでズボラでひねくれてて暗くて小心者で愛想も悪いゴキブリ以下の人間です、せめてゴキブリになれるようがんばります」と言ってしまいそうだが・・・。
自分のこともわからないし、日本のこともわからないし、ましてや他人様のことなど・・・っていうかんじで、それくらい日本文化を把握するのは難しいって思ってる。漠然ともやもやした「こんなかんじ」っていうのがあるだけでね。

この本の最後のほうで、日本文化は仏教がベースか、神道がベースか、という議論を二人が戦わせている。
司馬さんは神道だといい、ドナルドさんは仏教だと主張している。
神道はこの世が一番、あの世は穢れ、という考え方で、仏教はこの世は穢れ、あの世が極楽、になる。
言われてみるとたしかにそうで、日本では生まれたときは神社にお参りし、結婚式も仏式でやる人なんてほとんどいなくて日本風にやるなら神前式で、それはやっぱり「この世がいちばん」の考えがベースにあるからなんだよね。で、死ぬときは極楽浄土に行きたくて皆仏教徒になるから(笑)
ドナルドさんはこの矛盾した2つの宗教が同時に受け入れられる日本人がすごいと言っている。

日本人のベースが神道か仏教か、私はどちらの知識もなくてよくわからないけど、日本を知るためのすごく重要なヒントになる問いかけであることは確かで、そういう視点を学んだだけでもこの本を読んだ価値はあった。一回で理解するには難しい内容なので、この先何度か読み返したいです。
[ 2014/08/29 ] ◆シャーロット生活◆ 読書 | TB(-) | CM(2)

ジム・ロジャーズ

仕事をやめアメリカに来て、人生で初めて専業主婦、という立場になった。専業主婦になりたいと思ったこともなかったし、どちらかというと仕事をしているほうが好きだ。社会的に貢献もできるし、お金をもらえるし、自分の視野が広がり、成長につながる。働きたいのは山々だが、アメリカにいる間は専業主婦でいるしかないので、この余った時間をいかに有効活用するかに専念しなければならない。
まだ車を一人で運転もできない籠の中の鳥状態の私が今できることは、もっぱら読書である。

今日は、日本からもってきた本のうちの1つ、ジム・ロジャーズの本を読み終えた。

51AXJ8TEN6L__SL500_AA300_.jpg

「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見」 Jim Rogers

この本は何度も読み返していて、読んだのはもう5回目くらいになるだろうか。
何度読み返しても新鮮な感動と感銘を受ける、貴重な本。だからアメリカにも持ってきた。
ジム・ロジャーズは言うまでもなく世界的な天才投資家の大金持ちであるが、実はものすごい努力家かつ非常に謙虚で常に本質を突いた鋭い洞察のできる、稀有な人である。
「冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行」ではバイクで世界一周を、「冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見」では車で世界一周の旅についてレポートしている。
これを読んで、だいぶ世界を見る目が豊かになった。目の前のなにかに躍らされることなく、歴史から学び、常に徹底した現場主義で本質を見抜いていくこと。

彼はアメリカ人であり、世界を旅したあとに見えてきた自分の祖国、アメリカについていろんな角度から分析をしているので、アメリカについても勉強になる。
9・11のテロが起きたとき、彼は旅の最中であった。彼はニューヨークに住んでいたにもかかわらず、多くの人が陥った妙なナショナリズムに躍らされることなく、「なぜアメリカが攻撃されたのか」を冷静に分析し、歴史を分析した結果「アメリカは敵を作りすぎた」ということをよく理解していた。
今でも、アメリカの空港で異常なまでの身体検査と荷物チェックを受けるが、アメリカが次から次へと仮想敵国を見つけては戦争をふっかけ、復興マネーで儲けるというバカな真似をやめない限り、ばかばかしいボディチェックはいつまでも続くだろう。本質的なことが何も解決できていないのだから。
彼も、歴史を学ぶ、歴史から学ぶことの大切さを彼は繰り返し訴えている。

ちなみに、前に読んだときは気に留めることがなかったのだが、ジム・ロジャーズの今の奥さんは、ここノースカロライナ州シャーロットの出身だということで少しだけ親近感がわいた。

a long way gone

ショッピングセンターの中にあった本屋で、1冊本を買った。
英語の勉強にもなるので、定期的に英語の本を買って読もうと思っている。
本は大好きで、本がないと生きていけない。日本にいたときは、月に5~10冊は読んでいた。荷物になるにもかかわらず、アメリカにも30冊くらい本を持ってきた。とにかく本なしではいられない。

今回選んだのは、「a long way gone」

A_Long_Way_Gone.jpg


日本語訳の本も出ていて、邦題は「戦場から生きのびて」
アフリカ・シエラレオネ共和国を舞台にした少年兵のノンフィクション。
シエラレオネ共和国は長い間内戦が続いていて、世界一寿命が短い国、と評された悲しい国だ。
我ながら、のっけから重たいテーマをもってきてしまった。

何年か前に、P・Wシンガーという作者の「子ども兵の戦争」という本を読んで、少年兵の実態に大変な衝撃を受けた。
最近、たまたまBSかなんかでやっていた「Blood Diamond」という映画も見ていて、少年兵についての本をもっと読みたいな、と思っていたところだった。
「Blood Diamond」はアカデミー賞5部門にノミネートされた映画。映画の舞台になっているシエラレオネ共和国はダイヤモンド産出地である。内戦の資金源のために不法に取引される"血のダイヤを"中心に、ダイヤモンドの闇や少年兵の実態について描かれた作品。

日本語版だったら1日で読み終わってしまうだろうが、今回は英語版で本を読むので、そうとう時間かかるだろうなあ~。少年兵っていうテーマでなじみのない単語いっぱいということもあるが、1ページ読むにも15~20個くらい単語を調べているありさま・・・
大変だが、こつこつ読んでいきたい。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。