2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルイジアナ州 ニューオーリンズ観光⑤ ホームレスにどう向き合うか

3日目。
今日もまた、ひとりでフレンチクオーターをフラフラ。
昨日3周したが、もう一度同じルートで徘徊してみる。今度はもっとじっくりと、昨日通り過ぎたところで立ち止まってみたり、より一層街を観察することに。
同じルートでも日にちや時間によって景色は変わるし、見えなかったものが見えてくることがある。

ニューオーリンズで一番気になったこと、それは路上生活者の多さ。
そもそもアメリカにはホームレスがとても多い。シャーロットでさえ、ダウンタウンや自宅周辺のスーパー前などで、ホームレスがお恵みを待っている光景はよく見かける。
ただ、今まで訪れた観光地の中で、目にするホームレスの多さはニューオーリンズがダントツだった。実際の統計的にはニューヨークとかワシントンとか、サンフランシスコとかのほうが多いはずだけどね。
ニューオーリンズはもともと裕福な町ではなかったが、貧困に拍車をかけたのは2005年のハリケーン・カトリーナによる被害。
家を失い、建物は倒壊し水没してしまっているので当然仕事もなく、車もなく、他の町に移動しようにも移動できず、多くの人がホームレスにならざるをえなかった。

IMG_2280.jpg

フレンチクオーターの路上でタップダンスをして小金を稼ぐ男。
手拍子でリズムをとり、靴の底に貼り付けた空き缶をぺしゃんこにしたようなものでタップダンスのステップを踏む。

段ボールは空だった。

写真を撮らせてもらったためやむなく1ドルを寄付した。
彼が笑顔になることは一度もなかった。
うつろな彼の目を見て、ドラッグをやっているかもしれないと思った。
物乞いにしては靴が綺麗で新品のように見えるから、ほんとうにお金がないかどうかは疑わしい。

この男の50メートル隣でも、10歳くらいの少年が同じようにタップダンスをしていて、とても心が痛んだ。
平日の昼間、本来なら学校に行っていなければいけない時間なのに。



IMG_2311.jpg

ダンスや楽器など、一芸がある人は芸を披露し、何も芸がない人はメッセージを段ボールに書いてひたすら寄付を待つ。
段ボールには「HELP」の文字が見える。

よく見ると彼はちゃんと散髪していて髪の毛を整える余裕があるし、靴も綺麗なのでこれまた寄付すべき人間かどうか疑わしい。
こういった物乞いに対して寄付をするかどうかは、判断が難しいところだ。
こちらも冷静にならなければいけない。偽ホームレスかもしれないし、善意の寄付がクスリ代に消えるだけかもしれない。

上記2枚の写真は綺麗な身なりの人であったが、まさに全身ボロボロの、正真正銘のホームレスもたくさんいた。
とても写真に撮れるような雰囲気ではなかったが。
男性もいたし、女性もいた。彼らの横を通過するたび、胸が痛くなった。

日本は比較的ホームレスが少ないほうだと思うが、外国に行けば必ずこういう光景と向き合うことになる。
無視するべきか?
寄付すべきか?

個人的には、こういった貧困の真っ只中にいる人が何を思っているのか、何を望んでいるのか、どうしてこういうことになったのか、いつも聞きたい衝動に駆られる。怖くてできないけど。

アメリカのホームレスに30年間、片っ端から密着取材した傑作のルポ本がある。
ピューリツァー賞作家の著者マハリッジ・デールと、同じくピューリッツァー賞カメラマンのウィリアムソン・マイケルがタッグを組んで、時にはホームレスと一緒に生活をし、命がけでアメリカの貧困現場を追いかけたノンフィクション。
ベテランホームレス、新人ホームレスがそれぞれどういう想いで生きているのか、ホームレスが警察からどんな仕打ちを受けているか、彼らの生活スタイル、すべてがわかる。とてもオススメ。

繁栄からこぼれおちたもう一つのアメリカ

繁栄からこぼれ落ちたもうひとつのアメリカ  -果てしない貧困と闘う「ふつう」の人たちの30年の記録-

貧困問題に関する本は今までかなりたくさん読んできた。
堤 未果さんの「貧困大国アメリカ」シリーズにも感銘を受けたが、石井光太氏やこの本のように、貧困の現場に命をかけて飛び込んで取材をした本は一読の価値がある。ぜひ!



この日の夜は日本料理屋でごはん食べて、また、おととい行ったのと同じジャズバーへ。

バーボンストリート。

IMG_2207.jpg

バーボンストリート上ではしょっちゅうJAZZの演奏が行われている。

IMG_2314.jpg


この日はバーの主、若手トランぺッターでありグラミー賞受賞者であるIrvin mayfield(写真下、真ん中の人)が本当に現れて演奏をした。

IMG_2335.jpg


この日だけは特別で15ドル席代が必要。
20時スタートとなっていたが、全員が集まって演奏が始まったのは20時半すぎ。日本だったら遅刻して申し訳ありません、って平謝りするレベルだが、20時半にのんびり来て皆の前でのんびり楽器の調整などして、おもむろにスタート。ゆるい・・・アメリカらしい風景。
今回も全員が楽器も歌もめっちゃくちゃうまくて、すごく感動した。トランペット、すごかった!

もっとJAZZも聞いてみたいし、この町は、いつかまた来たいなあ・・・・




スポンサーサイト

ルイジアナ州 ニューオーリンズ観光④ 駐在員らとスポーツバーに繰り出す

観光をひととおりしたら、疲れたのでホテルに帰宅。
この日だけでフレンチクオーターを3周くらいしたので、もうどこに何の店があるか、公衆トイレの場所の把握、浮浪者のポジショニングまでほぼすべて網羅してしまった。


夜はまた旦那たちとスポーツバーに行こうぜ!という話になっていた。ちょうどNBAバスケの決勝戦が行われる予定だったから、皆で観よう!と。
皆と合流すると、同じ会議に参加していた超ハイテンションな60代くらいのアメリカ人1名(仮名:スティーブ)が「俺もスポーツバー行くぜえ!イエーベイビー!」みたいなすごいテンションMAXIで(笑)飛び入り参加することになった。
合計5人でスポーツバーに繰り出した。


R0030099.jpg

1971年創業の老舗スポーツバー「Jimani」へ。


スポーツバーは、音楽ががんがんかかっていて騒々しかった。
実は話し声がかき消されるような騒々しい場所にいるのがとても苦手(;^ω^) 私は声が張らないので私の声を相手が聞き取れないのと、自分自身も若干耳が遠いので相手の声が聞こえないからである。
あまりこういう場に来たことがない日本人の面々、いつまでたっても店員が来ないし「どうやって注文すればいいの」とスティーブに聞くと、「欲しい酒をここから叫びゃあいいんだ!」との回答(笑) 
店員におしぼりを出されながら「お飲み物は何になさいますか?」と静かに質問される環境に慣れている私には、レベルが高い・・・

今日の主役は完全にスティーブ。
口は悪くなんでもズバズバ言うが、裏表がなく率直で面白い人。
推定60代のスティーブ、こないだ心臓発作だかを起こしたばかりらしいが、のっけからウォッカのストレートを飲みまくり、たばこを吸いまくりで「命短し恋せよ乙女」的なかんじで、ずいぶん生き急いでいるようなかんじだった。
子供は5人、孫もいるとのことだった。
スティーブの英語はとてもなまっていて、初見の私にはすごく聴き取りづらかった・・・
てか、むしろアメリカで日本のリスニング教材のような綺麗な発音する人に出会ったことがほとんどない!
あまり聴き取れないゆえ、ほとんど会話に参加できず・・(悲) 私以外の駐在員3名は、さすが仕事で英語を使っているだけあってリスニング力も高いしレスポンスが早い。旦那も成長したもんだ。

スティーブはいろんな話をしてくれたが、私が理解できた中で印象に残った話は・・・・
一部の観光地だけ旅しててもアメリカは見えてこない、一度にアメリカを横断する旅に出ろ、とか。(無理っす・・・)
「ビルゲイツはクソだがスティーブジョブズは神だ」とか(笑)
アメリカのドラッグ問題がすごく深刻だということとか。
アメリカは世界一のドラッグ消費国である。
この魅力的な市場にドラッグを売ろうと、南米の麻薬組織がしのぎを削って悲惨な麻薬戦争をし続けている。
彼の兄弟もドラッグで亡くなった人がいるらしい。自分の子供たちはドラッグに手を出すことなく健全に育って本当によかった、と。
彼も言っていたが、アメリカにおいて大麻(=マリファナ)はヤクというよりはタバコみたいなもので、マリファナをやることはさほど深刻な問題と捉えられていないようだ。
アメリカではコロラド州、ワシントン州、アラスカ州など嗜好用マリファナが合法の州もあるし(といっても、日本人旅行者がコロラド州など行って購入・使用したら日本の大麻取締法違反が適用されるので吸っちゃダメよ)、オバマ大統領でさえ「マリファナはアルコールほど危険ではない、私も吸っていた」と公然と言ったくらいである。
マリファナと覚せい剤を一緒のくくりにしている日本とは、ずいぶん意識が違うものだなあと改めて感じた。

あとは、日本人が残業が多すぎる、アメリカ人はプライベート優先でうらやましい、という話をしたら、「アメリカ人はソッコー帰宅しているように思われるけど、してる人はすごい残業してるんだぜ、自分もすごい残業してきたよ。日本もアメリカも変わらないよ」と。
でもそれは俺の意思でやっていることなんだ、と言っていたのが印象的だった。
残業する、っていうと日本だとどうしても「やらされてる」「会社に殺される」っていう、ネガティブなイメージで、被害者意識になるよね。私もアメリカに来る前までは、仕事で毎日22時過ぎ帰りが普通だったし、結婚したのに旦那が夕飯作って待っているような状態で、とても残業に対してポジティブな気持ちになれなかった。
でも、彼は「残業は自分が必要だからやってる、自分の意思でやってることだ」と言っていた。
必要のない無駄な残業はすべきではないけど、やることで良い方向に向く残業であるなら被害者意識を持つ必要はないし、「残業を価値あるものにしよう、いい仕事してやろう」って、もっとプラスの意識を持って残業に取り組んでもいいのかもしれない。
ものごとはどんなことも、受け身になった瞬間から愚痴のオンパレードになってしまう。
その仕事を選んだのは自分、その会社を選んだのも自分、嫌ならやめればいいだけの話。やめられないなら、いかに楽しく取り組めるかを工夫するしかない。
仕事でも、アメリカ生活を送ることにしても、人付き合いにしてもなんにせよ、楽しくなるよう工夫するかイヤイヤ愚痴を言いながら続けるかの2択しかないような気がする。現実、割り切るのは難しいことだけれど。



そんなこんなで3時間ほどバーにいたが、結局バスケの試合は全然見れず(笑)
引きこもり専業主婦にすぎない私が、こういうビジネスマンの集まる場にいられるのは場違いで「正直しんどい」状態であったが、人生なにごとも勉強! 聞いてただけなのにエネルギーを使い果たし、どっと疲れたが、行ってよかった。

ルイジアナ州 ニューオーリンズ観光③ フレンチクオーターをぶらぶら一人歩き

翌日。
旦那は早朝から仕事なので、私は一人で観光に出かけた。

ニューオーリンズの歴史的地区、それがフレンチクオーター(The French Quarter)という区画。
スペインやフランス統治時代に建てられた建物が多く残っており、ホテル、お洒落カフェや飲食店、お土産もの屋、バー、いろんな店がところ狭しと並んでいる地区。
ほとんどのニューオーリンズ観光客はこの地区に集結する。
ストリートはマス目状に並んでおり、迷うことはない。
それほど広くはなく、フレンチクオーターの端から端まで約20~30分で歩けてしまう。

IMG_2178.jpg


IMG_2298.jpg

お洒落なバルコニーが印象的な、建物が多い。
ニューオーリンズは治安が悪いが、フレンチクオーター内なら安心して一人歩きができる。


フレンチクオーターのちょうど真ん中あたりに、ジャクソン・スクエア(Jackson Square)およびセントルイス大聖堂という観光名所がある。

IMG_2282.jpg

手前がジャクソン・スクエア。こじんまりした公園。
奥の教会が、アメリカ最古の大聖堂、セントルイス大聖堂。

IMG_2140.jpg

これはアンドリュー・ジャクソンの銅像。
アンドリュー・ジャクソンは第7代アメリカ合衆国大統領(1829~1837年)で、インディアンに対する徹底した大虐殺を率先して行った。
弱者である女・子供をむしろ優先的に殺しまくった最悪な男です。。。
インディアンを辺鄙な場所に強制移住させる、「インディアン移住法」を制定した張本人もコイツ。大統領演説で「インディアンは消滅すべき存在」とまで言い放った徹底した差別主義者だった。
個人的にはクズ男、って想いですが、ニューオーリンズでは英雄として、銅像が建てられている。米英戦争中の「ニューオーリンズの戦い」でイギリスに大勝したためである。米英戦争の功績により大統領になった。


銅像の向こうには3本の尖塔が印象的なセントルイス大聖堂
ハリケーンで倒壊したり、火事で焼けたりして再建されたものですが、アメリカ最古の大聖堂として有名。

IMG_2286.jpg

無料で内部を見学できる。

IMG_2157.jpg

豪華絢爛な天井、装飾、ステンドグラスが見もの。
内部はクーラーが効いてて涼し~ 外がほんと暑くて湿度もすごくて、耐えられなくて何度この教会に逃げ込んだことか!

IMG_2296.jpg

別角度から。
セントルイス大聖堂の目の前は広い広場になっていて、各種大道芸人やストリートミュージシャンが芸を披露している。

IMG_2172.jpg

チップ用に1ドル札は用意しておこう!


ジャクソン・スクエアの近くにはニューオーリンズで一番有名なカフェ、Cafe Du Monde が。

IMG_2371.jpg

平日だというのに、ものっすごい人、人。
オープンテラス席で暑そうだし、空いたテーブルも片付けが間に合わずグラスが残ったまんま。
一人でいっても落ち着いてコーヒー飲めそうもないので、行くのをやめました~
なにげに、日本にも店舗がいっぱいあるみたい → 日本のカフェ・デュモンド店舗



今日のぼっちメシ(ランチ)は適当に入りやすそうなカフェに入った。
一人でも行きやすいかと思いきや、意外に高級感のあるレストランで、バーガーだけで1500円以上とられた・・・(-_-;)
レストランのチップ制度、ほんとやめてほしい!計算めんどくさいし!
アジア人の少ないニューオーリンズで、アジア人女のぼっち飯はけっこう珍しいと思う。
入店時、気づいてもらえなかったり「あんた客なの?なんなの?」って顔で一瞬見られる。
アメリカって、あんまりぼっち飯してる人っていないんだよね。日本は多いけどさ。
スタバとかで一人の人は多いけど、普通のレストランで、女一人で食べてる風景ってあんま見ないなあ。
一人ご飯は日本でもアメリカでも慣れてるから平気だけど、やっぱり観光地で、周りが大人数で盛り上がってる中ぽつん、と一人だと寂しいわなあ。


2日め、夜編につづく。

ルイジアナ州 ニューオーリンズ観光② カキとJAZZ Bar

ニューオーリンズ記、どんなふうに書こうか迷ったけど、つらつら日記風に書いていくことにします。


シャーロットからニューオーリンズまでは飛行機で2時間弱。時差が1時間ある。
シャーロット空港では、以前より荷物検査が厳しくなっていた。
というのも、アメリカ中の主要な空港で行われた、TSA調査官による武器や爆発物などの禁止品目持ち込みの抜き打ち検査で、95%が見逃されていた、という悲惨なデータがつい先日公開されたためである。テロリストにとってはグッドニュース。
アメリカはめっちゃくちゃ空港職員の数が多くてセキュリティが厳しいが、それでも5%しか発見できていない、っていう事実はちょっとショック。
その反省もあってか、荷物検査を前よりかは入念にやるようにしたらしい。テロリストがわかりやすく発見されやすいところに荷物を仕込むわけがないのだから、巧みに隠された爆発物、武器をすべて発見するのは至難の業なんだろうなあ。。。



夕方、ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港に到着。
国際空港と名がついてるので、もっと大きくて観光地化された空港かと思いきや、全ゲートへのアクセスはシンプルに1本道を歩くだけ。日本の地方空港並みの小さくて地味な空港だった。
JAZZの町、のイメージがとても強いのだが、空港内においてJAZZを前面に押し出している雰囲気は全然なし。
せっかくJAZZ文化のある町なんだから、もうちょっと音楽流すなり雰囲気出してもよさそうなのに、と思った。

空港からホテルまでタクシーで移動。
タクシーの運ちゃんは珍しく黒人女性だった。
アメリカで女性のタクシー運転手を見るのは初めてだった。この危険の多い仕事に女性が率先して就くことはほとんどないはず。
シングルマザーとか事情があってこうでもしなくては食べていかれない状況、ということだろうか。最初から最後まで無愛想に、めんどくさそうに仕事していた。
精算の際、その女はクレジットカードを嫌がって、とにかく「現金だ」「現金ないのか」「現金で払ってくれ」と頑固一徹。
カードより現金のほうが自分の稼ぎが多くなるらしい。地方ではこういうこともあるので、カード頼みにせず現金の持ち合わせも多少あったほうがいい。

ホテルに着いて、夕飯までの間少し近くをぶらつく。

ニューオーリンズはしょっちゅう雨が降るので、たいへん蒸し暑い。
日本の梅雨の蒸し暑さ、肌がべとっとして服がまとわりつく、あの嫌な感じを久々に体感した。
ただ、雨はしとしと長く降り続くわけではなく、雷雲がきてわーっと降って、止んで、の繰り返し。ここは傘の持ち歩きが必須。

IMG_2236.jpg

街中には路面電車が走っている。

ニューオーリンズの人は信号をあまり守らない。(他の都市でもそうだけど)
信号の指示もいまいちわかりにくいので、渡れそうならどんどん渡る、というかんじ。
路面電車がけっこう頻繁に走っているので、車と電車両方に気を付けなくてはいけない。


IMG_2258.jpg


IMG_2262.jpg

ミシシッピ川とリバーウォーク。


ミシシッピ川は、ナイル川、アマゾン川、長江に次いで世界で4番目に長い川。
ミシシッピ、というのはもともとインディアンの言葉で「偉大な川」という意味。大河のあるところに人あり、文化あり。
ミシシッピ川周辺も昔はインディアンが多数住み、栄えていた。
フランス領であった頃も、アメリカ領となった後も、北と南、西と東をつなぐ非常に重要な水路である。


夜は、旦那と、旦那の同僚の日本人駐在員1名、中国人駐在員1名と合流してバーボン・ストリートに繰り出した。
バーボンストリートは、いわゆる繁華街。ニューオーリンズにおける新宿歌舞伎町のようなところである。
一般的なバー、ジャズバー、飲食店がたくさんあり、アメリカにしては珍しい、風俗系(といってもストリップショーみたいなもの)のお店も堂々と並んでいる。
我々の目的はオイスター!
海の近くに来たら、海産物を食べないわけにはいかない。

美味しい牡蠣が食べられることでとても有名な、Acme Oyster House へ。
ここは毎日行列ができる超有名店。
平日だったが30分くらい並んで、ようやく入れた。

IMG_2092.jpg

生牡蠣12個入り、オーブンでグリルした牡蠣12個入り×2皿、合計36個の牡蠣を4人で食べまくる。
めっちゃおいしかった!
4人中3人が日本人であるが、会話は英語。私もつたない英語で頑張った。旦那と英語で話すのは昔は恥ずかしかったが、今はもう慣れた。
それにしても、中国人駐在員の英語力の高さにはホント驚く。とても流暢で、英語で困っているようには全くみえない。
勉強法は時々シャドーイングをやっている、とのこと。
英語ができる人ほど、シャドーイングの勉強法を実践しているように思う。
中国人駐在員の話で驚いたのは、彼がラスベガスでバンジージャンプにチャレンジした時の話。
高さ280メートルのタワーからのジャンプらしいが、「全く怖くなくて、気持ち良かったよ~」ということだった。
超高所恐怖症の私にはとても信じられない!
私はアメリカに来てからだけでももう、24回飛行機に乗っているが、乗る度にいまだに手に変な汗をかき、500人の聴衆の前でプレゼンするくらいの緊張をしているのである(汗)
これはもうどうしようもない。花粉症みたいなもので、治しようがないのだ・・・。
280メートルからジャンプなんて、500万積まれてもやりたくない!


その後、2軒目として、Irvin mayfieldという若手トランぺッターの経営するJAZZバー、Irvin Mayfield's Jazz Playhouseへ。
落ち着いたアダルトな雰囲気のラウンジで、満席だった。席代はとらず、ドリンク代のみで名演奏が聴ける。良心的!

IMG_2122.jpg


IMG_2120.jpg

とても暗かったので夜間モードで撮っても写真がブレブレです・・・
このバーでは毎日日替わりで奏者が来て、いろんな演奏が聞ける。今夜は女性ボーカルと黒人奏者。
迫力のあるボーカルおよび演奏と、黒人奏者の巧みな面白トークがテンポよく続く。
これまでちゃんとJAZZを聴いたこともなければ、JAZZバーに行ったこともないが、素人の私でも演奏は間違いなく超一流だとわかった。
初めてちゃんと聴いたジャズが、ニューオーリンズの有名ジャズバーでの生演奏だなんて、すごい贅沢!
ニューオーリンズはそのへんのストリートでもジャズ演奏をしているが、やはりちゃんとしたバーに行くのも大事!
ジャズはアドリブ、遊びの要素が主で、聴いていて「川の流れのようなかんじ」だと思った。
川のように、流れが早いところもあればスローな部分もあり、渦巻いているところもあり、大きく力強い川もあれば静かな清流もあり、時折支流から水が流れ込み、流れを変え、どこに行きつくかわからぬまま、ひたすらメロディがとめどなく流れていく・・・・という。
聴いている自分自身を例えると、川の流れに身を任せる木の葉のような、翻弄されながらも心地いい感じ。
でも、そういう気分になれたのは演奏者が一流だからに他ならない。
へたっぴいな人のを聴いたらとてもそんな穏やかな気分にはなれないはずだ。
ジャズはほとんどアドリブ演奏だが、アドリブで人を惹きつけるというのはどの分野でも最も難しいパフォーマンスだと思う。
下手な人だと途中で何をやってるのかわけがわからなくなり、それが観客にも伝わり、客は演奏に酔いしれるどころか「この人大丈夫かしら、最後までやれるかしら」とハラハラ心配させてしまう。下手なお笑い芸人の芸とか見てるとそういう気分になることない?
確固たる1本の芯を持ちつつ、周りの演奏と調和しつつも自由に自分らしい演奏ができる、というのはものすごく難しいことだと思う。
いい演奏が聴けて、とても楽しい夜だった。


2日目につづく。

ルイジアナ州 ニューオーリンズ観光① モノクロ写真

ニューオーリンズから帰りました!
今回は旦那の出張同行しただけなので、ほぼ独りきりでの観光でしたが、非常に面白く想い出深い場所となりました。


ニューオーリンズはメキシコ湾に面した都市で、南北に一直線、ミシシッピ川が流れています。
サンアントニオは南米系の人ばかりだったのと対照に、ニューオーリンズは完全に、「黒人の町」であった。アメリカも土地によってずいぶん顔ぶれが違うのだなと改めて感じました。
ニューオーリンズといえば、「JAZZ」。
ここはルイ・アームストロングを排出したJAZZミュージックの発祥の地で、アメリカの中では珍しく独自のカルチャーを持っている都市。

ニューオーリンズを表すもうひとつのキーワードは、「貧困」
メキシコ湾に面しているゆえに気候は温暖で、よく雨が降ります。
特に2005年にハリケーン・カトリーナはニューオーリンズに大打撃を与え、市内のなんと8割が水没するという大参事となりました。
ハリケーン・カトリーナから10年経った今でも、ハリケーンの打撃からまだ復興しきれていない、貧困の中のニューオーリンズをそこかしこで見かけることになりました。そのへんもまた改めて、記事にしたいと思います。


今回の旅で得たこと、感じたことはすごく多く、まだ頭の中でまったく整理できていません・・
いつも、旅に出るととりあえずわーっと頭ン中に詰め込んで、家に帰ってから「あれは何だったんだろう、あの場所はどういう場所なんだろう、歴史はどうなってるんだろう」などと振り返りひとつひとつ調べ直すのです。毎回、この作業がけっこう時間かかってしんどいんですよね。
でも、忘れっぽい私は半年も経つと「ああ、そういえばニューオーリンズ行ったな」くらいしか思い出せなくなるので、ブログに書いていくことはすごく大事な作業なんです。
ゆっくり紐解きながら、少しづつアップしていこうかと思います!
 
今回は久々にハイコントラストのモノクロ写真撮ったので、とりあえずそれでも貼り付けておこう(笑)
ニューオーリンズの雰囲気を多少感じられるかな・・


R0030095.jpg


R0030054.jpg


R0030058.jpg


R0030091.jpg


R0030084.jpg











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。