2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画 「アメリカン・スナイパー」

今週は、旦那が出張で不在です。
毎月3分の1くらいは一人暮らし状態になるので、いかにヒマつぶしをするか(笑)もとい、一人の時間をいかに有意義に使うか・・・というのがとても大事なわけです!
今まではアパートに引きこもってましたが、今回の出張は他の駐在員仲間と一緒にタクシーで空港に行ってくれたので、車がつかえる!

ってことで、おひとり様映画鑑賞です。

おひとり様ってことに対しては、日本でもしょっちゅう一人であれこれ観に行っていたので別に気になりません。
能楽も人形浄瑠璃もジーサンバーサンに交じって何度も一人で観に行きましたし、極めつけは「美輪明宏音楽会」にも一人で行きましたからね(笑) あれは勇気がいりましたが・・・


さて、Concord millsというショッピングモールに映画館があるので、今日はそこに行きました。
平日の昼間はものすごく閑散としています。
映画館はガラガラで、「アメリカン・スナイパー」の会場には私含めて5,6人くらい?なんじゃこりゃー!っていうほど人が少なかった。さびしー!!

132727de.jpg


この「アメリカン・スナイパー」は日本でもぼちぼち公開される映画ですが、アメリカでは爆発的ヒットになっており、アカデミー賞の有力候補にもなっています。
「クリス・カイル」という実在した人物(2013年没)の、イラク戦争での経験とその後の実話をもとに作られた映画なので、ものすごーーーくリアルです。プライベートライアンとか、そういう戦争映画を観たのと同じような。 
これは過去の話ではなく、同じようなことが今中東で起きてるんだよなあと思うと、もちろん観ていて楽しいわけがなく、とても重苦しい、悲しい、辛い、気分になります。
ちょうど今、日本人の人質事件も起きている中で、いったい今起こっていることはなんなんだろう、どこに向かっているんだろう、なんの意味があるんだろう、本質はどこにあるんだろう、と答えのない問いがぐるぐる頭を駆け巡っています。

この映画についての受け取り方は色々あるようですが、この映画を制作したクリント・イーストウッド監督はイラク戦争に反対の立ち場ですし、主人公がいかに優れたスナイパーだったか、イラク戦争に貢献したか、ということよりも、戦争は人間の人生を(悪い方向に)狂わす、ただそれだけだ、ということを訴えたかったのではないかと思います。
現在進行中のイスラム国とアメリカの戦いも、どちらも手を引くことができない状況になってしまって、死者が増えれば増えるほど互いに意地になってきている。過去の戦争はどちらか一方が「戦勝国」、一方が「敗戦国」となり、一定のところで終息を迎えてきたわけですが、今アメリカが戦っている相手には、そういう終わり方はできないでしょう。
もともと何のためにやっているのかもわからないし、何をもって戦いが終わるのか、も全く見えない状態。今後も長い間、モグラたたきのように平行線を辿ることになると思います。
だから、この映画を見たときに、これと同じことがいつまで続くのか、と思うととてもやりきれない気持ちになりました。
いやー、ほんと重い映画だった~。

スポンサーサイト

映画 「アメリカ」

今月立て続けにチリ、アメリカのカリフォルニア、ペルー、と大規模な地震が続いてますね。
地震は互いに関連しあってますし・・・日本にも影響が出るかもしれません。 
連日の雨でより一層地盤がゆるんでいるときなので、皆さまどうかくれぐれも気を付けて・・・

ここんとこ異常気象やら、エボラウイルスの流行やら、地震やら、世界各地の紛争の動きやら、いろいろと不穏すぎて不安ですね~。今日のシャーロットニュースでも、シャーロットのショッピングモールがテロ標的の可能性があるとかFBIから情報があったらしく、気をつけよ的なことが書いてあってちょっとビビってます。イラクの空爆でアメリカは今まで以上にテロの脅威にさらされていくだろうなあ。金や利益のためにイラクだのアフガニスタンだの無理くり中東に攻め入ってパワーバランスを崩しテロの脅威を増幅させたり、イスラエルとパレスチナの停戦を呼びかけながらも大量の武器をイスラエルに送り込み続けるなど、世界の紛争の混乱原因を作っているのがアメリカ自身でもあるので、大きな代償を蒙ることだろう。
はてさて、日本が集団的自衛権でどう巻き込まれていくものか・・・・

171837H1.jpg

先月、「America」という映画を見た。
見た感じ、インド系のDinesh D'Souza (政治評論家、作家、映画監督)が監督した政治的な内容のドキュメンタリー映画。

dinesh_dsouza3.jpg

Dinesh D'Souza監督ですね。↑

はっきり言って内容はつまらないというか、うーん??ってかんじ。だけど、見終わったときには会場から拍手が・・・・
映像も使いまわしが多いし、インタビューも中途半端でいいとこなしのような・・・ちょっと拍手の意味がわからなかった。
この監督は完全に共和党支持者のようで、映画もそうゆうふうに傾いてました。拍手が出たってことは観覧者はやっぱり共和党支持者が多かったのだろう。
戦後のアメリカ大統領の中でオバマ氏は評価が最低とも言われてますので、次の選挙に向けて共和党の支持者作りといった意図もあるのかな。

ともあれ、これからのアメリカがどうなっていくのか?アメリカがどうあるべきか?というのは非常に大きな、答えの出ない問いです。アメリカは「強いアメリカ」を維持し続けられるのか。アメリカが没落し、世界のパワーバランスが変わったときどうなってしまうのか。そして日本はどうあるべきか?自分の意見をちゃんと持てるようになるためにも、歴史の勉強は続けていきたいと思います。

映画「Bears」をみた

アメリカに来たら映画を見に行きたい、と思ってたので今日は映画を見に行った。
こないだ行ったConcord Millsというショッピングセンターの中にある。

IMG_2601.jpg

映画館の受付。

やっている映画の種類もハンパないし、日本だと普通に入ると1800円だが、こちらは700円くらいと安い。
そして映画館はとにかくでかい。雰囲気や座席の作りなどはTOHOシネマズと同じかんじだが、シアタールームが24個もある。そして、やはりポップコーンくっとるww

見たのは「Bears」というアラスカに住むクマの親子のドキュメンタリー。
日本語字幕なんてもちろんないから、サスペンスだのラブストーリーだの見ても、英語ききとれんもんなあ、ということでどちらかというと子供向けの優しいやつを選んだ。
アラスカ大好きだし、いつか行きたい国。映画にクマもオオカミもカラスもいっぱい出てきたので個人的には大満足。
この映画なら英語はたいがい聞き取れたのでよかった・・。こちらにきてまだ短いとはいえ、テレビも全部英語だし、見るもの読むものすべて英語なのでだいぶ英語に慣れたのもあり、映画の中でアメリカ人が笑うところで同じように笑うことができたのは、かなり嬉しかった。やっぱり上達するには英語しかない環境に飛び込むことが大事だねえ。

映画を見たあと、スタバでお茶していると、韓国に軍人として行っていたことがある、というおじいちゃんが「Are you korean?」話しかけてきた。
日本人だと伝えたがいまいち日本のことはよくわかってないみたいで、台湾人でしょ、とか言ってたので日本と台湾がごっちゃになっているようだ。
このショッピングセンターではアジア系の人はほとんど見ないので、珍しかったらしい。
韓国はいい国だった、美しい国だ、と絶賛していた。


その後、運転練習。
「国際運転免許証」は日本で取得してきたが(運転免許センターで金払えばすぐもらえる)、これはノースカロライナでは正式に運転免許としても、IDカードとしても認められていない。
アメリカに来て2か月以内に自動車教習所に行き、筆記試験と実技試験を受けて免許を取らなくてはいけないのだ。
とうぜん、こっちの標識や交通ルールを覚えなくてはいけない。
アメリカのすごいところは、教習所に「自分の車に乗ってこい」というところ。
自分の車を持ち込んで試験を受けるのだ。
正式には免許がないのに、車運転していいわけ?っと思うが、それでいいらしい。。。

で、ショッピングセンター内や周辺をうろうろ運転してたら、どうもクギを踏んだらしく、1本のタイヤから空気漏れが・・・
旦那が修理に行ったら、1本だけとりかえはダメということで、タイヤ4本全部とりかえだと( ;∀;)
早速、6万円近くの出費だよ↓おい・・。 なんでクギ刺さるわけ~、まったくもう!!














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。