2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローチ・モーテル

アメリカに来てもうすぐ5か月・・・・

もう10匹は殺した。先々週も出た。先週も出た。今日も出た。

あいつら、そうとうここが好きなんだな!!

しょうがない。そんなにうちが気にいったんならしょうがない。

アルゼンチンに行く間、うちをモーテルとして貸し出してあげることにしたんだ。


roach-motel.jpg

ROACH MOTEL (アメリカ版ゴキブリホイホイ)

あいつらのために、16軒のモーテルを作ってやった。

きっと、こんな感じでくつろいでくれるだろう。。。。

Container-Wars-Roach-Motel-Illustration.png

無料Wifiもつけたし、カジノも併設した。このモーテル、あいつらも気にいってくれるはずだ。


・・・・まあ、チェックアウトはさせんけどな!!
スポンサーサイト

必見!最強のゴキブリ対策

思いがけずロケランまで持ち出すステルス戦となってしまった前回のゴキブリ退治。
ここんとこ、ストーカーのようにゴキの生態や対策ばかり調べていて、妙に詳しくなってきてしまった。
ゴキブリに悩む皆のためにも、傾向と対策をまとめてみます。

<おっととっと夏だぜ★ゴキの早期発見・早期対策>

① 侵入しそうな隙間をふさぐ
玄関や窓、シンク下、換気扇、エアコン、などなど外とつながっている隙間が1ミリでもあれば、ゴキは侵入できます。
たいがいのゴキは外から侵入し、居心地がよければ室内で巣を作ったり繁殖していくので、まずは外からの侵入を防ぐのが一番。

② ゴキ糞を見つけて掃除
黒ゴマをもっと小さくしたような粒(ゴキ糞)が台所回り、洗面所・風呂周り、玄関周りなどに落ちていないだろうか?
G本体を見ていなくても、糞があれば、奴は必ずそばにいます。
私はアメリカのアパートで、台所のシンク下の収納扉の中に、大量の黒ゴマを見つけて倒れそうになりました。扉と言う扉を開けて、黒ゴマがないか今すぐチェックしてみてください。
  
ちなみに、糞からは特殊なフェロモンが発されており、他のゴキを呼び集める効果があります。 糞をほっとくとあなたの家、ゴキブリ銀座になりますよ!!

③ コンバット、ホイホイなどを取り換え
ブラックキャップやコンバットの毒エサ系の有効期間は半年。しばらく取り換えていないようなら今すぐ取り換えよう。
あまりに放置していると、中の毒エサが食べられてなくなっていて、残った空のケースがゴキの巣に成り替わっていた、という話もあるようなので注意。

④ ゴキをおびき出す
今すぐいるかどうか確かめられる方法。
ドライヤーの熱風を冷蔵庫下、棚の隙間などに当てる!!
「熱」と「風」どちらにも弱いゴキは、「なんじゃなんじゃー!」と慌てて飛び出てくるはずです。
武器を持って待機し、出てきたところを抹殺しよう。突然のゲリラ攻撃にパニクったゴキの動きがたぶん俊敏なため、複数名での応戦をお勧めします。



Gがいるかどうか・・・・それを確かめるのは怖い。しかし、今やらなければGはどんどん増えるのだ。
次に、各種武器の効果を確認し、揃えましょう。



<置きトラップ系>

■最強武器 ブラックキャップ■ アース製薬
51kj7PIRP3L__SY300_ - コピー

●G退治指数 ★★★★★
●12個入り589円(amazon)
●Gの死に様 
有効成分フィプロニルが神経系にじわじわ作用、Gは苦しみもだえ死ぬ。神経毒といえば、サソリやコブラ、スズメバチなどがそうですね。Gが巣に戻るまでの時間の猶予を与えることで、巣で死んだGの死骸や糞を仲間が食べ、その仲間も死んでいく連鎖系。メスの持つ卵まにで効く。

コストパフォーマンス、毒の強力な効能ともにNo,1はこれでしょう。

■コンバット■ KINCHO 

soukai_4987115350403.jpg

●G退治指数 ★★★★
●12個入り776円(amazon)
●Gの死に様 
有効成分ヒドラメチルノンがGの呼吸器系に作用、だんだん呼吸困難になり窒息死。
ブラックキャップ同様、巣で死んだGの死骸や糞を仲間が食べ、その仲間も死んでいく連鎖系。メスの持つ卵まにで効く。ブラックキャップの毒エサのほうがより強力。


*その他、ホウ酸ダンゴも効くが毒性が強いため、子供やペットがいる家には置かないほうがいい。

■ごきぶりホイホイ■ アース製薬

goki_hoihoi_img_001 - コピー

●G退治指数 ★★
●5個入り507円(amazon)
●デメリットとしては、全滅させられないこと、中でしばらく生きていること、捨てるときに怖いもの見たさで中を見てしまい、予想外のムカデやクモまでトラップにかかっていて「プギャー!」となること、などが挙げられます。場所もとるし、これを置くくらいならブラックキャップを置いたほうがいいと思います。

<煙・スプレー系>

■バルサン■ ライオン

smoke_taisho_reference_mizu_item.jpg

●G退治指数 ★★★
●値段は種類による
●メリット:Gだけでなくダニ、ノミなど部屋にいるすべての害虫に効く。とりあえず手っ取り早くバルサン焚いて逃げろ!的なやり逃げができる。
デメリット:火災報知器、ガス警報器に配慮が必要、植物などを外に出したり食器や楽器等煙に触れてはまずいものにカバーをかけたり片づけたり、終わったあとの十分な換気、死骸の掃除、掃除機がけなど、準備や片づけがけっこう大変。
残念ながらメスがもつ卵には効かない。死を予感したメスは死ぬ間際、卵を入れた袋を切り離す。バルサン焚いても卵が放置されたままだと、そのうち卵から数十匹のゴキが生まれてしまう。
2週間~1か月後、もう一度バルサンをするほうがいい。
ちなみに、バルサンを焚くとき水を入れた容器を置いておくと、もだえ苦しんでいるゴキが水を求めてその容器の周りで死んでくれるらしいので、どこで死んだかわからず困る、と言う場合はトライしてみよう。

★ゴキジェットプロ★ アース製薬

img62339812.jpg

●G退治指数 ★★★
●450ml 700~1000円くらい
●言わずとしれたゴキジェット、一家に一台が基本。ただし出没する場所によっては注意。Gは台所に出ることが多いが、火気、食器や食べ物がある場所で大々的にまき散らすのは危険。人が吸い込んだり皮膚につくのもよくない。
出てきたGは殺せるが、巣に潜んでいる他のGには効いていないので繁殖はしてしまう。
毒エサ置き系のと両方使いが必要。

■ゴキブリがいなくなるスプレー■ KINCHO

8226363_LL1.jpg

●G退治指数 ★★★
●200ml 908円(amazon)
●こちらは予防するためのもの。玄関周りや窓際などGの侵入経路にあらかじめスプレーしておく。2週間ごとにスプレーする必要あり。夏だと蚊の侵入も防げそうだ。


<身近な武器系>

■重曹■

●G退治指数 ★★★
●Gの死に様 
炭酸の原料でもある重曹をGが食べると、ゲップができないGはガスを抜くことができず内臓破裂で死ぬらしい。まさにひでぶ!あべし!
●重曹と砂糖を1:1の割合で配合し、通り道に置いておく。重曹は人間や動物に無害なので、赤ちゃんがいる家庭にも安心。ただし、重曹のみを撒いただけでは、Gは食べないので、砂糖などの誘因物質を混ぜること。

■各種洗剤■

220.jpg

●G退治指数 ★★★
●Gの死に様 
洗剤がゴキの気門をふさぐことにより、窒息死する。
●台所洗剤はすごく効くが、命中させるのが困難なのと、後の掃除が大変。おすすめは、窓や車のガラスクリーナー、床クリーナーなど。まき散らした後も拭き掃除で一石二鳥。

■リステリン■

soukai_4901730081030.jpg

●G退治指数 ★★
●リステリンの強烈なミント臭はゴキがとても嫌うので、部屋の隅々にリステリンをスプレーしておくと予防になる。
大量にぶっかければ死ぬ。

■レモン水■

●G退治指数 ★★
●柑橘果物の中に含まれている、「d-リモネン」が神経に作用。水で薄めてぶっかけると、ゴキは動けなくなるそうだ。
特にレモンの皮に「d-リモネン」が多く含まれているので、皮を絞るとよい。

■50度以上のアルコール■

●G退治指数 ★★★
●酒浸りのあなたに朗報。50度以上のアルコールをぶっかけると、ゴキは急激に気化熱で体温を奪われ窒息死する。ほとんどの泡盛は30~45度くらいでちょっと物足りないかな。強力なウォッカなどを常備しておこう。

■熱湯■

●G退治指数 ★★★
●熱湯をかければ、必ず即死する。

■軍曹を放つ■

●G退治指数 ★★★
●ネコ軍曹とアシタカグモ軍曹を放つ。ランダムではあるが、見つかったゴキは必ず仕留めてくれるだろう。



個人的には、
① ブラックキャップを置く
② ゴキジェットを常備
③ 予防に要所要所にリステリンをスプレーしとく
が一番効果的かと思います。

ゴキ退治、がんばりましょう!

続 ゴキブリ戦線

ダンナがトロントに行ったその晩、出やがったよ!Gがよ! 


たちまち怒れる鬼軍曹と化した私は、米軍より第56化学兵器偵察分遣隊と第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊(通称デルタフォース)を緊急配備し、Gの通り道と考えられる場所に地雷を配備、毒ガスを散布した。
しぶとい敵の応戦に怒れる軍曹は逆上、「二度とお天道様を拝めないようにしてやる!!」ランボーよろしくM2重機関銃を自ら撃ちまくり、敵のアジトと思わしきコンロ下に向かって容赦なくロケットランチャーを打ち込みトドメを刺したのだった。


「地上の楽園なんてどこにもありゃしねえのさ・・・」鬼軍曹はそう言い残し、次の戦場へと向かった。


*すべてフィクションです

ゴキブリ考

今週、でかいゴキが2匹もでた。日本と同じ、クロゴキブリだ。
アメリカでも、ゴキからは逃れられないのか・・・
こっちにきて1か月半、一緒に同居していたということか!
旦那がこのアパートに来てすぐの頃、ゴッドマザーのようなドでかいゴキを退治した、と言っていたが。

もしかしたら冷蔵庫の裏などで第3回GOKI婚活パーティーなどが開催されていて、「アタシもう35だし、このゴキで手を打つワ」「えーあんたが結婚すんならワタシも」とかいって、どんどんカップルが成立しちゃってて、がんがん子作りに励んでて、GOKI妻たちが「あたし、来月初産なのー」「あら、うちもう3人目よ」などとベビーラッシュになってたら・・・・・!?
んで、生まれた子供たちの初夏の大運動会などが開催されてて、GOKIママ、GOKIパパたちが持ち寄ったゴミ弁当など食べながら「うちの子、超足速いんですよー」「お宅の子は運動神経が良くて羨ましいわ~」みたいな。
「ところで最近、うちのダニエル、姿が見えないんだけど知りません?夜遊びに行ったきり戻ってこないのよお」

・・・・昨日殺したGOKIがそのダニエルだった、ということになっているかもしれない恐怖。
*すべてフィクションです

無類の生物好きの私といえど、ゴキを手のひらに乗せてスリスリしたいかというと、もちろん否である。
あの艶やかで生命力にあふれたボディを見ていると、「無駄に黒光りしやがって!黒光っていいのは加藤鷹だけだボケ!!」「たいして飛翔能力がないくせに急に飛ぶんじゃねえカス!」などと罵ってみたくなる。

しかし・・・・実は、最も尊敬に値する生物のうちの1つがゴキでもあったりする。
見よ、このハイスペック。

・3億年以上前から地球に存在している大先輩である
・時速300キロ近い俊足である
・水なしでも1か月は生きれる
・なんでも食う(GOKIの糞や脱皮した殻も食う)
・糞はするが、排尿はしない(ブラッタバクテリウムという細菌が、体内で老廃物をリサイクルしている)
・放射能への耐久力が高い
・全身が高感度センサー
・メスは一回の交尾で何回も産卵できる
・実はとても綺麗好き
・頭と胴体が分断されても、しばらく生きてる(1か月生きるという話も・・)
・触覚や手足を切断されても、再生する

ちなみに、GOKIの好物は
第一位 油
第二位 砂糖
第三位 じゃがいも、パンくず

だそうだ。
柑橘系の臭い(特にレモン)メンソール系の臭いは嫌いらしいので、台所洗剤は柑橘系にして、ミント系の芳香剤を置いておくのがいいのかも。

GOKIはマジで、生命としては最強だ。最強のボディを手に入れたいと願うなら、GOKIのようになるしかないのだろう。
そんなGOKI先輩のことを、尊敬はできるがやはり愛せない。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。